このイベントをシェア

  • メールで送る
  • mixiチェック

このイベントは終了しました。

JAIPA Cloud Conference 2017

2017/07/19(水) 09:55 ~ 18:30

コクヨホール (東京都 東京都港区港南1丁目 8−35 コクヨホール)

[主催] JAIPA CloudConference2017実行委員会

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 【カンファレンス】チケット

      受付期間が終了しました

      カンファレンス参加のみ専用チケットです。
      個人情報保護ポリシー に同意の上お申し込みください。
    • 無料
    • -
    • 【カンファレンス+懇親会(¥5,000-)】チケット

      受付期間が終了しました

      カンファレンス及び、終了後の懇親会(有料:¥5,000-)へ参加専用チケットです。

      個人情報保護ポリシー に同意の上お申し込みください。
      ※懇親会費用は、当日カンファレンス受付にてお支払いください。領収書は当日発行いたします。

    • 無料
    • -

新着情報

    • 2017/07/20(木) 18:47 更新
昨日はクラウドカンファレンス2017へのご来場有り難うございました!
多数の来場をいただき、過去最大の来場者数でクラウドカンファレンス2017を開催することが出来ました!

会場へ来場いただいた方は暫定ですが400名をおおきく超える事が出来ました。
また、ご来場いただいた方には、講演が非常にためになったとの声を数多くいただく事ができました。

講演資料につきましては、登壇者の方のご了解を頂けたモノから掲載をさせていただきます。掲載しましたら改めてご連絡をさせていただきます。

カンファレンスはもちろん、懇親会開場も超満員となり実行委員一同光栄に感じながら充実した一日を過ごさせていただきました。

また、主催は日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)ですが、JAIPAのことを広く知って貰う事も開催の目的としております。こういったイベントを通してJAIPAの活動にご興味をお持ちいただいた方は、ご入会前でもゲスト参加をする事が可能ですので、以下までご連絡を頂ければと存じます。

日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)公式サイト: https://www.jaipa.or.jp/
ご連絡先:info@jaipa.or.jp

どうぞよろしくお願いします。

このたびはご参加をいただき、誠にありがとうございました!

JAIPA Cloud Conference 2017 実行委員長 寺尾 英作
    • 2017/07/18(火) 10:38 更新
いよいよ明日開催! プログラムは最高のコンテンツを揃えました!
後は皆さんの来場を待つだけです!
朝一から素敵なプログラムがあります。
また、先着順で無料ランチ引換券もお渡しをしております。
無くなり次第、終了となりますので早めのご来場をお待ちしております。

公式サイト: https://cloudconference.jaipa.or.jp/
日時: 2017年7月19日(水)
    開場:9:20 開演:9:55 終了:18:30 懇親会:18:50〜
会場: コクヨホール JR品川駅港南口(東口)徒歩5分
    http://www.kokuyo.co.jp/com/hall/access/
    東京都港区港南1丁目8番35号

ご来場の際は、お申込時に添付されたPDFを印刷してお持ちください。
また、アプリでの受付も可能です。
詳しくは以下をご覧ください。

■当日の受付方法
当日は以下のいずれかの方法でQRコードをご提示ください。 懇親会に参加される方は、受付にて懇親会参加費 5,000 円をお支払いください。領収書はその場でお渡しいたします。
お釣りの無いようにご用意を頂けますと助かります。
PDFなどが見つからない方は、当日受付にてご相談ください。 

□ PDFを印刷できる場合

お申込時に送信されたメールに添付されているQRコードが掲載されたPDFを印刷してお持ちください。
ウェブサイトにログインするとPDFを再送することも可能です。

□ アプリをインストールできる場合
以下のアプリをインストールしていただきますと、参加用のQRコードを表示できます。
受付にてQRコードをご提示ください。

・参加者アプリ iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/eventregist-for-can-jia-zhe/id569515501
・参加者アプリ Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=er.sp.attendee.android

    • 2017/07/14(金) 15:57 更新

いよいよ、来週に迫って参りました。

クラウドカンファレンス2017について、いくつかお知らせがあります。

1.オリパラのセキュリティのセッションと、中国のクラウド事情のセッションの時間が入れ替わりましたのでご注意ください!

11:20〜
アジアのインターネットビジネス最前線 中国のクラウドと最新ビジネス現地レポート
株式会社クララオンライン代表取締役社長 家本 賢太郎氏
13:20〜
人工知能の現状・限界と社会への影響
国立情報学研究所総合研究大学院大学教授 山田 誠二氏

2.経済産業省の登壇内容が変更となりました。

元防衛省のシステム防護隊 初代隊長を努められた伊藤 寛氏による、サイバーセキュリティの後援になっております。こちらも非常に興味深いセッションですので、是非聞きにいらしてください。

10:40〜
日本を取巻くサイバー攻撃の状況と経産省の取り組み
経済産業省 大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官 伊東 寛氏

最新のプログラムについては、公式サイトをご参照ください。

https://cloudconference.jaipa.or.jp/

    • 2017/07/10(月) 12:39 更新
いよいよ来週7月19日(水)に迫ってきました!
ご予定を調整して皆様是非ご来場ください。

日時: 2017年7月19日(水)
    開場:9:20 開演:9:55 終了:18:30 懇親会:18:50〜
会場: コクヨホール JR品川駅港南口(東口)徒歩5分
    http://www.kokuyo.co.jp/com/hall/access/
    東京都港区港南1丁目8番35号

■当日の受付方法
当日は以下のいずれかの方法でQRコードをご提示ください。
懇親会に参加される方は、受付にて懇親会参加費 5,000 円をお支払いください。
お釣りの無いようにご用意を頂けますと助かります。

□ 印刷できる場合
お申込時に送信されたメールに添付されているQRコードが掲載されたPDFを印刷してお持ちください。
ウェブサイトにログインするとPDFを再送することも可能です。

□ アプリをインストールできる場合
以下のアプリをインストールしていただきますと、参加用のQRコードを表示できます。
受付にてQRコードをご提示ください。

・参加者アプリ iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/eventregist-for-can-jia-zhe/id569515501
・参加者アプリ Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=er.sp.attendee.android




イベント概要

JAIPA Cloud Conference 2017(略称:クラコン2017)は、クラウドサービスプロバイダ(IaaS/PaaS/SaaS) 、システムインテグレータ、ソリューションベンダーの多くが参加し、クラウド業界の “未来” の可能性が感じられるイベントです。

クラウドを活用したサービスの提供企業様やクラウドの基盤の提供企業の経営層の方だけでなく、事業の企画・開発を担当される方や技術部門、マーケティング部門の方まで、クラウドサービス事業に携わる多くの方々にご参加頂いております。

2016年はIoTをテーマにクラウド業界の最新動向中心に開催いたしましたが、2017年は業界の裏話などのセッションで、より経営に近いコンテンツをご用意いたします。 また、今回は展示スペースの場所も変更し、企業や団体間でのビジネス交流を促進する取り組みにより一層注力して参ります。ご来場を心よりお待ちしております。

詳細は公式サイトを参照してください

※チケットをお申込の方は、個人情報保護ポリシーに同意したと見なします。

 Facebookコメント

開催日時

開始日時:2017/07/19(水) 09:55

終了日時:2017/07/19(水) 18:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

コクヨホール

東京都 東京都港区港南1丁目 8−35 コクヨホール

イベント主催者

JAIPA CloudConference2017実行委員会

 インターネットの日常社会への浸透が進み、その利用形態も情報収集だけでなく、コミュニティへの参加、情報の発信など、幅を広げています。ホスティング事業も急速な発展を続けており、クラウド事業に参入する事業者も多くなってきております。利用者からのサービスに対する要求も大きく、その課題に対して取り組み、利用者へもわかりやすく活用できるよう検討。そして、セキュリティのように日々進化している事への対応を他団体と連携し「クラウド」を中心に運用面、技術面等を含めた検討をして参ります。