このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

第1回「建築と都市史」から考える東京のアイデンティティ

2018/07/03(火) 19:00 ~ 21:00

六本木アカデミーヒルズ カンファレンスルーム7(六本木ヒルズ 森タワー49階)| Roppongi AcademyHills conference7 (Roppongi Hills Mori Tower 49F) (東京都 港区六本木六本木ヒルズ森タワー)

[主催] 一般財団法人森記念財団 都市戦略研究所

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加費

      受付期間が終了しました

    • ¥3,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

東京は、江戸開府以来、400年以上にもわたる長い時間の連続性の中で、今日のような巨大な世界都市へと発展を遂げてきた。それは、江戸のまちづくりにはじまり、明治維新後の西洋化と近代化、関東大震災や東京大空襲からの復興、東京オリンピックと高度経済成長など、長い歴史を通じて創出・喪失・蓄積されてきた結果としての東京である。

今後の東京の都市としてアイデンティティについて考えるためには、まずは、歴史によって培われてきた“東京らしさ”について知ることが必要である。その上で、地域再生の核としての文化財のあり方や、東京ならではの歴史ドラマの表現の仕方など、まちづくりの新たな可能性について検討していくことが求められる。

1回セミナーでは、建築史や都市史の専門家をお招きし、東京の発展の歴史や今も残る歴史痕跡などを学びながら、未来の“東京らしさ”について議論する。

パネリスト 
伊藤 毅 氏(青山学院大学教授)
黒田 涼 氏(作家、江戸・東京歩き案内人

モデレーター 
市川宏雄(明治大学名誉教授 / 森記念財団 理事)





今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2018/07/03(火) 19:00

終了日時:2018/07/03(火) 21:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

六本木アカデミーヒルズ カンファレンスルーム7(六本木ヒルズ 森タワー49階)| Roppongi AcademyHills conference7 (Roppongi Hills Mori Tower 49F)

東京都 港区六本木六本木ヒルズ森タワー

03-6406-6800

主催者情報

一般財団法人森記念財団 都市戦略研究所