このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

トークセッション:「パラスポーツ×ビジュアルコミュニケーション」

2018/07/05(木) 14:30 ~ 17:00

AP秋葉原 ルームO+P(1階) (東京都 台東区秋葉原 1番1号 秋葉原ビジネスセンター 1階)

[主催] 株式会社セレスポ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • トークセッション参加

      受付期間が終了しました

    • ¥1,000
    • -

イベント概要

【上原大祐氏(パラアイスホッケー選手)x越智貴雄氏(写真家)】
~パラスポーツの魅力・ビジュアル表現手法を紹介~

2020年に向けて、各地でパラスポーツの体験会等が開催され、注目も集まるようになっていますが、まだ十分な状況とは言えません。より多くの方の関心を集めるために、ビジュアルを切り口としてパラスポーツの魅力を再発見するとともに、魅力が伝わるためのポイントなどを学んでいきます。

本トークセッションでは、参加者の知的好奇心を満たし、業務のヒントや視野拡大とサステナビリティに取り組むためのネットワーク形成が期待されます。ぜひご参加ください。

多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。



◎開催日2018年7月5日(木)14:30~17:00(受付開始14:00)

◎会場AP秋葉原 ルームO+P(1階)
   (110‐0006 東京都台東区秋葉原11号)

◎アクセス

 ・JR各線・つくばエクスプレスをご利用の場合
  「秋葉原駅」中央改札口より徒歩約5分
 ・東京メトロ日比谷線をご利用の場合
  「秋葉原駅」2番出口より徒歩約5分
 ・東京メトロ銀座線をご利用の場合
  「末広町駅」1番出口より徒歩約5分
 ・都営新宿線をご利用の場合
  「岩本町駅」A3出口より徒歩約8分

◎プログラム(予定)

 ・14:30  開会・オープニングトーク
 ・
14:40  講演1:上原 大祐氏(今こそ伝えたいパラスポーツの魅力と現状) 
 ・15:10  講演2:越智 貴雄氏(パラスポーツ表現のこれから)
 ・15:40  トークセッション(上原氏、越智氏)
 ・16:25  
ネットワーキング

◎定員:40(先着順)

◎参加費:1,000円


◎対象パラスポーツに興味のある方


◎講師

上原 大祐氏
パラアイスホッケー選手

D-SHiPS32 代表。生まれつき二分脊椎という障害を抱えながらも、小・中・高と普通学級で過ごす。

・2002年、パラアイスホッケーを始める2010年、バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得。

・現在、障害を持つ子ども達やその親のサポートを中心に活動するNPO法人D-SHiPS32設立。 2017年、現役復帰。平昌パラリンピック出場。

越智 貴雄氏
写真家

・1979年大阪生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。2000年からパラリンピック撮影に携わり「カンパラプレス」を立ち上げる。

・2012年パラリンピックアスリートの競技資金集めの為の「写真カレンダー」を発売。

・2013年東京オリンピックパラリンピック招致の最終プレゼンテーションで使用された「跳躍写真」が話題となる。

・2014年、写真集「切断ヴィーナス」を出版。2017年、寝たきりお笑い芸人の写真集「寝た集」を出版。義足のファッションショーや写真展等のイベントも多数開催している。

主催株式会社セレスポ

◎協力Positive Impact日本事務局

◎お問い合わせ
 株式会社セレスポ
 住所:170-0004 東京都豊島区北大塚1-21-5
 電話:03-5974-1111  
 メールアドレスcd@cerespo.co.jp


開催日時

開始日時:2018/07/05(木) 14:30

終了日時:2018/07/05(木) 17:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

AP秋葉原 ルームO+P(1階)

東京都 台東区秋葉原 1番1号 秋葉原ビジネスセンター 1階

03-5289-9109

主催者情報

株式会社セレスポ