このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

第4回日経ソーシャルビジネスコンテストMeetUP「ウィズコロナとソーシャルビジネス-グローバルにおいての現状と課題-」

2020/08/06(木) 15:00 ~ 16:10

オンライン開催

[主催] 日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 抽選チケット
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • オンラインMeetUP 参加チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

第4回日経ソーシャルビジネスコンテストMeetUP
 ウィズコロナとソーシャルビジネス
-グローバルおいての現状と課題-

この度、日本経済新聞社主催による「SDGsに定められた17の開発目標を意識したソーシャルビジネス」をテーマとしたビジネスプランコンテストの関連イベントとして、「日経ソーシャルビジネスコンテスト MeetUP」をオンラインにて開催いたします。

第2回目は「ウィズコロナとソーシャルビジネス-グローバルにおいての現状と課題-」をテーマに実施いたします。新型コロナウイルスの感染拡大により表出する課題、それ以前から顕在化している私たちの社会にある課題を真剣に学び、ソーシャルビジネスの視点でグローバルビジネスについて考えてみませんか。

日経ソーシャルビジネスコンテストホームページ:https://social.nikkei.co.jp/


 

主 催: 日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

日 時:2020年8月6日(木) 15:00~16:10

参加費:無料

応募締切:2020年8月4日(火)中

定 員:
 500名応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)

特別協賛:サラヤ、T&D保険グループ


プログラム:

  15:00-15:10 ごあいさつ
         日経ソーシャルビジネスコンテスト概要、SDGs説明
  15:10-15:55 パネルディスカッション
         「ウィズコロナとソーシャルビジネス
          -グローバルにおいての現状と課題-」
  15:55-16:10 質疑応答

※プログラム、登壇者などは予告なく変更される場合があります。ご了承ください。


第4回日経ソーシャルビジネスコンテスト MeetUP 登壇者

・黒柳 英哲 氏(リンクルージョン株式会社 代表取締役)【第3回大賞受賞】
・佐藤 弘一 氏(株式会社シュークルキューブジャポン
 代表取締役社長)【第3回優秀賞受賞】
・渡邉 さやか 氏(一般社団法人AWSEN(アジア女性社会起業家ネットワーク) 代表理事、株式会社re:terra 代表取締役
・横田 浩一 氏 ※ファシリテーター 
横田アソシエイツ 代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授)


登壇者プロフィール:


黒柳 英哲 氏(リンクルージョン株式会社 代表取締役)【第3回大賞受賞】

1980年生まれ。2015年ミャンマーで起業、金融×流通クロステック事業を展開する。新しい経済インフラをつくり、排除される人のない世界の実現を目指す。ミャンマーマイクロファイナンス協会アソシエイトメンバー、「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」特別賞、「第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト」大賞

佐藤 弘一 氏(株式会社シュークルキューブジャポン 代表取締役社長)【第3回優秀賞受賞】

 1972年生まれ。1997年フランスへ留学、2000年NTT Franceに就職。2008年パリで独立し、在仏日系企業や官公庁へのICTサービスを提供する中、仏語アフリカでも施工経験を重ねる。2018年フランス対日投資企業として「株式会社シュークルキューブ ジャポン」を設立。2019年1月JICAのSDGs課題事業に採択されアフリカの病院へ訪問し、暗闇の中の出産で命を落とす母子がいる事に衝撃を覚えTUMIQUI(ツミキ) Smart Kitと呼ぶ小型太陽光発電&通信機器で、未電化村落に電気と通信を実現する事業を開始。2019年5月セネガル保健省とMOUを締結。公立診療所10箇所に導入し2020年3月の時点で600例以上の出産、1500以上の診察を照らし、診療所からのインターネットを使った健康保険システムへの接続を実現。2019年12月にはセネガル経済特区とMOUを締結し、その地に日本法人100%子会社として現地法人設立し。現地生産でTUMIQUI Smart Kit「Made in Africa with Japan」の実証を終え、資金調達と企業・官民連携を協議中。2020年第3回 日経ソーシャルビジネスコンテスト優秀賞受賞。

渡邉 さやか 氏(一般社団法人AWSEN(アジア女性社会起業家ネットワーク) 代表理事、株式会社re:terra 代表取締役)

2007年から外資コンサルティング会社勤務。経営コンサルタントとして業務に従事する一方で、社内での環境や社会に関するコミュニティリード、プロボノ事業立ち上げに参画。11年6月退職後は、東日本大震災後の陸前高田を拠点として、気仙椿を活用した化粧品開発と販売を行う他、国内だけでなく、東南アジアや中東などの国外でもSDGsビジネスや社会イノベーション創出プロジェクトに多く携わる。13年、14年の日経ソーシャルイニシアチブアワードではファイナリスト。17年4月から慶應大学SDM博士課程に在学。宮城大学・長野県立大学非営利組織での非常勤講師や社会企業の理事や社外取締役も務める。

★ファシリテーター
横田 浩一 氏 (横田アソシエイツ 代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授)

1988年日本経済新聞社に入社。2011年同社を退職後、株式会社横田アソシエイツを設立。15年~慶應義塾大学大学院特任教授。企業のブランディング、マーケティング、CSRCSVHRM、イノベーション分野に携わると共に、多くの地域で地方創生に関わる。共著に『明日はビジョンで拓かれる』(碩学舎)、『愛される会社のつくり方』(碩学舎)、『ソーシャル・インパクト』(産学社)など多数。

 Facebookコメント

開催日時

開始日時:2020/08/06(木) 15:00

終了日時:2020/08/06(木) 16:10

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン開催

主催者情報

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット