言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

BtoCマーケティングの必勝法! オンライン時代に効く 『漫画×動画』で叶える 認知拡大&CV施策

2021/08/03(火) 14:00 ~ 15:00

オンライン

[主催] 株式会社NewsTV

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 20210803_フーモア&NewsTVウェビナー
    • 無料

イベント概要

BtoC商材・サービスのマーケティング・販促ご担当者様必見!

様々な情報が溢れる世の中。
みなさまの商材・サービスは、お客様に届いているでしょうか?

たくさんの情報の中から選び取ってもらうためには、ターゲットが負荷なく受け取れるクリエイティブであることが必須です。
今回は、その代表例とも言えるアニメ・漫画クリエイティブを得意とする株式会社フーモアと、動画クリエイティブの知見を持つ株式会社NewsTVが、その極意を大公開します!



■このような方にオススメ!
・商品をたくさんの人に知って欲しいが、発信の仕方に悩んでいる
・ターゲット顧客の心を捉える施策を探している
・アニメ・動画マーケティングに興味がある
・動画マーケティングに興味がある
・最新のマーケティング施策の情報収集をしたい

【日時】
2021年8月3日(火)14:00-15:00

【会場】
オンライン開催(Zoom)
※お申し込み頂いた方にメールでご視聴用URLをお送りします。

【費用】無料

【対象】
・マーケティング責任者・担当者の方
・営業/営業企画責任者・担当者の方
・経営企画/経営層の方
※BtoC企業様向けの内容ですが、BtoB企業様・広告代理店の方もご参加いただけます。
※1社複数名でご参加いただいても問題ございません。

【当日のスケジュール】
14:00-14:05 オープニング
14:05~ メイン講演:BtoCマーケティングの必勝法!  オンライン時代に効く 『漫画×動画』で叶える 認知拡大&CV施策
15:00  終了

【主催】株式会社NewsTV、株式会社フーモア


【 登壇者プロフィール】
株式会社フーモア 営業マネージャー

森園 竜也
2016年 映画、漫画のタイアップ事業を主とするトキオ・ゲッツに入社。エンタメ×コンテンツマーケティングの提案を行う。この際、漫画を使ったプロモーションの提案も含めて担当。
2019年 株式会社フーモアに入社。営業チームのマネージャーとして、漫画プロモーションの提案を行う。ライセンス営業の経験を活かし、コミカライズ、作家タイアップ、企業SNS漫画などの一般クライアント×エンタメを掛け合わせた提案が得意。

株式会社NewsTV
広報・マーケティング部 部長
酒井 葉子
新卒で株式会社マイナビで新卒採用コンサルティングに従事。その後、グリー株式会社にて広告営業・マーケティング・イベント運営全般・広報、株式会社みんなのウェディングで新規事業担当・広報・IR・社長秘書等を経験。2018年7月より、株式会社NewsTVにて広報・マーケティング全般を担当。
LIVE配信コンテンツ「JJの部屋」サポーター、ZIKU WORKSTYLE LABモデレーター。


【ご応募に関する注意事項】

*今回ご提供いただく個人情報は、株式会社NewsTVが取り扱い、個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。
・株式会社NewsTVの個人情報保護方針:https://newstv.co.jp/privacy/
・株式会社フーモアの個人情報保護方針:https://whomor.com/privacy

開催日時

開始日時:2021/08/03(火) 14:00

終了日時:2021/08/03(火) 15:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン

主催者情報

株式会社NewsTV

NewsTVは、プレスリリースを動画化(ビデオリリース化)し、独自の配信プラットフォームでターゲットに直接配信するサービスを運営しています。 

「ビデオリリース」化する際には、企業の記者発表会/PRイベント/展示会/新商品情報などを、無料でビデオリリース化(動画化)いたします。このビデオリリースを独自の配信プラットフォーム「NewsTV Network」やSNSなどを活用し、セグメントされたターゲットに直接配信します。
サービス開始約5年半で3,000件を超える動画制作および動画配信の実績を上げており、これまでにない革新的な手法でマーケティング課題を解決する「ビデオリリース」の市場は、SNSの普及やデジタルデバイスの劇的な進化の時流に乗り拡大しつつあります。