このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

第12回 土木と学校教育フォーラム「新型コロナウイルス感染症と防災教育」-コロナ禍の中で改めて防災教育の可能性と課題を問う-

2020/08/23(日) 13:00 ~ 16:30

YOUTUBEライブ

[主催] 公益社団法人土木学会

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 視聴参加

      受付期間が終了しました

      土木学会認定CPDプログラムの受講証明書を希望する方を対象としたチケットです。
      CPD受講証明書を必要としない場合は、本チケットの申込は不要です。

      詳細は以下URLを参照ください。
      http://committees.jsce.or.jp/education04/node/44
      受講証明書
      交付に関する情報の記載もありますので、必ずお目通しください。
    • 無料
    • -

新着情報

    • 2020/08/24(月) 09:11 更新
アンケートフォームにアクセスするユーザー名(申込番号)が分からないというお問い合わせを多数いただいております。
EventRegistより送付されたPDFチケットに記載されている番号(実数部のみ)がユーザー名です。送付されたPDFをご確認ください。

なお、PDF添付メールを破棄してしまったという場合は、EventRegistのスマートフォンアプリから、終了したイベントのチケットを表示して確認可能です。個別のお問い合わせに対し、番号のご連絡はいたしませんので、各位でご確認くださいますようお願いいたします。



    • 2020/08/22(土) 17:11 更新
CPD受講証明書発行に関するご案内です。
配信終了後17時より、終了後アンケートのフォームを公開予定です。(遅延する可能性もございます。あらかじめご承知おきください。)
https://bit.ly/3iyndGo

詳しくはイベントページをご確認ください。
http://committees.jsce.or.jp/education04/node/44

なお、EventRegistのシステムから後日アンケートのメールが送信されますが、そちらに回答されても受講証明書は発行されません。
指定のアンケートへの回答のみが有効となりますのでご注意ください。

イベント概要

主催:公益社団法人土木学会 教育企画・人材育成委員会
(担当:「土木と学校教育会議」検討小委員会
共催:公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
協賛:一般財団法人 計量計画研究所、一般財団法人 建設業振興基金、一般財団法人 国土技術研究センター
    一般財団法人 全国建設研修センター、一般社団法人 北海道開発技術センター(順不同)
後援:国土交通省、文部科学省、東京都教育委員会、新宿区教育委員会
プログラム:

1300-13:10 はじめに 
1310-14:40 第1部 オンラインで学ぶ
         新型コロナウイルス「対策」を題材とした教育について
          藤井 聡 :京都大学教授
         新型コロナウイルスはどんなもの? ~ウイルス学からの基礎情報~
          宮沢 孝幸:京都大学准教授・ウイルス再生医科学研究所
1445-16:20 第2部 パネルディスカッション
         テーマ: コロナ禍の中で改めて防災教育の可能性と課題を問う
         オーガナイザー :唐木 清志(筑波大学教授)
         パネリスト   :寺本 潔  (玉川大学教授)
                  森本 晋也 (文部科学省 総合教育政策局 安全教育調査官)
                  藤井 聡  (京都大学教授)
16:20-16:30
 おわりに

(土木学会認定CPDプログラム申請中)

開催日時

開始日時:2020/08/23(日) 13:00

終了日時:2020/08/23(日) 16:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

YOUTUBEライブ

主催者情報

公益社団法人土木学会

台風が常襲し、地震が多発する、我が国の厳しい自然条件下で、これら自然災害から人の暮らしを守り、社会・経済活動を支える基盤をつくるとともに、良質な生活空間を実現するため、土木技術はその中心的な役割を果たしています。この土木技術を学問として体系的に支えているのが土木工学です。
国内有数の工学系団体である土木学会は、「土木工学の進歩および土木事業の発達ならびに土木技術者の資質向上を図り、もって学術文化の進展と社会の発展に寄与する」ことを目指し、さまざまな活動を展開しています。