このイベントをシェア

DIGIDAY BRAND LEADERS 2019-07

京都ブライトンホテル (新町通中立売(御所西), 京都市上京区, 京都府, 602-8071, 日本)

[主催] DIGIDAY EVENTS 日本事務局(株式会社メディアジーン内)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • TICKET(税込)
      ※上記は、税込価格です
      ※TownHallおよび1on1ミーティングを除く、すべてのセッション、パーティー、ディスカッションにご参加いただけます
    • ¥291,600
    • STARTER VIP(税込)
      ※招待パブリッシャーとの1on1ミーティング(2社分)を含みます。
    • ¥583,200

請求書発行によるお申込みが可能です

チケットの購入時、お支払い方法で「請求書発行希望」を選択して、必要事項を入力してください。

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

THE FUTURE THAT BRANDS SHOULD AIM FOR

ブランドがめざすべき未来

いまブランドのマーケティングは、大きな転換期を迎えている。巨大プラットフォームの台頭、One to Oneコミュニケーションへのプレッシャー、GDPR問題、さらには欧米で先行する「ダイレクト・トゥ・コンシューマー(DTC)」のムーブメントなど、従来の考え方では解決できない、さまざまな課題が押し寄せているのだ。

こうした状況に対してブランドリーダーたちは、いかに立ち向かうべきか? 今回のDBLでは、未来に向けたブランドのあり方について議論していく。

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

Brand marketing is now at a major turning point. It is facing various issues, such as the rise of giant platforms, pressure of One to One communication, GDPR issue, and “Direct-to-consumer (DTC)” movement, all of which cannot be solved with conventional way of thinking.

What should brand leaders do in response to such a situation? In this year’s DBL, we will discuss what brands should do as they aim for the future.

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

<開催概要>

■日程:2019年7月2日(火)・3日(水)

■場所:京都ブライトンホテル

■参加対象:マーケティング・コミュニケーション領域および関連業務に従事されている企業・個人

<ご参加にあたっての諸注意>

・DIGIDAYの記事およびイベント広報用として、写真および動画撮影が入ります。予めご了承ください。
・宿泊および飲食については参加者特典となりますので、その有無によって上記金額が変わることはありません。
・なお、イベント対象外におけるホテル内施設のご利用、ルームサービスのご利用には各自ご精算をお願いいたします。
・基本的に事務局より個々のアカウントでのSNS発信について制限はいたしません。ただし、セッション時はスピーカー様のご意向が優先されます。
・ネットワーキングのお時間を多数ご用意しておりますので、名刺のご用意をお忘れないようお願いいたします。
・ご登録いただいたアドレス宛に、その他DIGIDAYのコンテンツやイベントにかかわる情報をお送りすることがあります。

開催場所

京都ブライトンホテル

京都府 京都市上京区 新町通中立売(御所西)

主催者情報

DIGIDAY EVENTS 日本事務局(株式会社メディアジーン内)