言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

SaaSプライシング研究セミナー:従量課金それとも定額課金?

2021/12/21(火) 17:00 ~ 18:00

オンライン

[主催] プライシングスタジオ株式会社

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

SaaSのプライシングで定額課金と従量課金どちらを選ぶべきか?という課題に対して
プライシング専門企業のプライシングスタジオが徹底解説します!!

▶︎セミナー概要
近年、SaaSを筆頭としたサブスクビジネスの隆盛とともに、プライシングの重要性は増すばかりです。

実際、市場の動向に合わせてプライシングを変更する手法が確立・実践されている企業では、EBITDAベースで8%以上も収益率が高いと言われています。

そんな中、従量課金が注目を集めてきました。従量課金は、顧客にとっての導入ハードルが低く、顧客単価の上限をなくせるというメリットがあるためです。実際、最近の高マルチプル、高成長SaaS(Shopify、Snowflake、Slack、Unityなど)の多くは従量課金を採用しています。

しかし、「自社の事業フェイズとマッチしているのか?」「サービス特性と課金の単位が一致しているのか?」「従量課金を本当に活用するべきなのか?」など、安易に従量課金にできないのが実情ではないでしょうか。
そこで、定額課金などの定額制と比較した従量課金のメリット・デメリットの整理と、従量課金採用の際の判断軸について、プライシングスタジオが徹底解説します。

【本セミナーをおすすめしたい方々】
・従量課金、定額課金など価格体系の変更を検討されている方
・SaaS/サブスクビジネスのプライシングに関わっている方
・プライシングについての考え方を学びたい方

▶︎セミナーアジェンダ
1.SaaSプライシングの現状
- プライシングの成功企業の紹介
- SaaS/サブスクへの変化で変わったこと
2.従量課金vs定額課金
- 採用企業比較
- メリットデメリットの整理
3.従量?定額?自社サービスへの適用判断軸
- 判断のための検討論点
- 適用可能性を確かめる方法


▶︎講師紹介
取締役 COO 相関 集


早稲田大学卒。株式会社サイカにて、広告分析プロダクト「XICA Magellan(現ADVA Magellan」の初期の顧客獲得と顧客伴走、統計アルゴリズムの開発を経て、プロダクト責任者およびプロダクトデザイン室室長。その後、株式会社ABEJAにて、人事に携わり、プライシングスタジオ株式会社に2020年7月より取締役COOとして参画。

参加用のZoomリンクは、メールにてお送りいたします。
※参加者の皆様のお顔が見えたり、お声が聞こえたりすることはございません。
※同業他社のご参加はご遠慮ください。

開催日時

開始日時:2021/12/21(火) 17:00

終了日時:2021/12/21(火) 18:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン

主催者情報

プライシングスタジオ株式会社

プライシングスタジオは、プライシングを通じた企業利益と顧客満足度最大化の実現に向けて、価格変更に必要な全てのプライシングプロセスをSaaS化したサービス「Pricing Sprint」と、価格に困ったすべての人をサポートするプライシング専門メディア「プライスハック」を提供しています。また、「プライシングコンサルティング」等の事業も多角的に展開しています。
Pricing Sprint:https://pricing.co.jp/pricing-sprint
Price Hack:https://price-hack.com

<企業情報>
社名:プライシングスタジオ株式会社
代表取締役社長:高橋 嘉尋
所在地:東京都港区芝3丁目15−13
設立:2019年6月26日
事業内容:SaaS事業、メディア事業
URL:https://pricing.co.jp

<取材・サービスに関するお問い合わせ>
Mail:info@pricing.co.jp