このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

朝日メディアアクセラレータープログラム 2019 デモデイ&カンファレンス

2019/01/29(火) 17:00 ~ 19:30

渋谷ストリームホール (渋谷ストリーム ホール, 3-21-3, 渋谷区渋谷, 東京都, 150-0002, Japan)

[主催] 朝日メディアラボベンチャーズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 【事業会社新規事業・アライアンス・投資担当者など】

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 【投資家・ベンチャーキャピタル・金融機関など】

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 【メディア・プレス】(取材される方)

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 【スタートアップ経営者】

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 【その他一般申込】

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 【朝日新聞社・グループ会社】

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

(1月22日更新)
スタートアップのM&Aのリアルをお話頂くパネリスト3名をお知らせします。

<パネリスト>
・花房 弘也氏
株式会社アラン・プロダクツ 代表取締役CEO
2016年9月にユナイテッドグループ入り

・竹林史貴氏
株式会社LOB(エルオービー) 代表取締役CEO 
2018年10月に楽天グループ入り

・池戸聡氏
サムライト株式会社 代表取締役  
2016年4月に朝日新聞グループ入り


======
2019年1月29日17時@渋谷ストリームホールでデモデイ開催!!

今期で5期目になるプログラム採択ベンチャーのプレゼンに加え、大企業へのEXITを経験したスタートアップ経営者が、M&Aのリアルについて話します。また、朝日メディアラボベンチャーズが支援するスタートアップ計10社がブースでサービスの紹介を行います。

【概要】
・日時: 2019年1月29日(火)17時00分~19時30分
・会場:渋谷ストリームホール(渋谷駅直結、4フロア貸切の多目的ホール、http://stream-hall.jp/)
・参加費:無料
・参加予定人数:約200名
・主催:朝日新聞社・朝日メディアラボベンチャーズ

【タイムテーブル】
◇16時半 受付開始/17時 イベント開始
◇17:00 オープニング
◇17:20 朝日メディアアクセラレータプログラム採択企業プレゼンテーション前半(3社)

◇17:35 ~休憩~

◇17:55 朝日メディアアクセラレータプログラム採択企業プレゼンテーション後半(2社)
◇18:05 投資家等からの講評(10分)
柴田泰成氏(サムライト創業者 / ソラシード・スタートアップス代表)
◇18:15  朝日メディアラボベンチャーズ投資先プレゼン(2社)

◇18:25 テーマトークセッション(45分)
(テーマ)スタートアップのM&AとPMIの実際
 大手企業のグループにジョインした3社の代表をお呼びして、M&Aに至った経緯と成立、その後のPMIについて、それぞれの過程で、良かったこと。成功したこと、若い成長企業が大手グループになる悩みや課題を経験からお話いただく。
<パネリスト>
株式会社アラン・プロダクツ 代表取締役CEO 花房 弘也氏
株式会社LOB(エルオービー) 代表取締役CEO 竹林史貴氏
サムライト株式会社 代表取締役 池戸聡氏 

◇19:10 クロージング・写真撮影・名刺交換など(30分)

【対象者】
・事業会社の新規事業・アライアンス・経営企画・投資担当者
・投資家・ベンチャーキャピタル・金融機関
・スタートアップ経営者
・メディア・プレス

【会場】
・渋谷ストリームホール(http://stream-hall.jp/)
渋谷駅[16b]口直結。渋谷ストリーム2階、3階のエスカレーターから昇ってください。

開催日時

開始日時:2019/01/29(火) 17:00

終了日時:2019/01/29(火) 19:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

渋谷ストリームホール

東京都 渋谷区渋谷 3-21-3 渋谷ストリーム ホール

03-6419-9500

主催者情報

朝日メディアラボベンチャーズ

 朝日新聞社のコーポレートベンチャーキャピタルです。朝日新聞社および、グループの系列テレビ局からの出資ベンチャーファンド「朝日メディアグループ1号ファンド」を運用。対象領域はインターネット、メディア、マーケティングといった分野で、ライフスタイルの変革を目指す事業を展開するアーリーステージのスタートアップです。