このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

3/12 都市は思考する~“工場萌え”から考える“東京らしい”都市のイメージとは?~

2018/03/12(月) 19:00 ~ 20:30

アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ森タワー49階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, Japan)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 3/12 都市は思考する~“工場萌え”から考える“東京らしい”都市のイメージとは?~

      受付期間が終了しました

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
    • ¥3,500
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

「都市は思考する」シリーズ第3回

“工場萌え”から考える東京らしい都市のイメージとは

大山顕(フォトグラファー/ライター)×藤村龍至(建築家)

「都市は思考する」シリーズ第3回 
テーマは、「東京らしさ」

「東京」を代表する景色と言えば、東京タワー、皇居、浅草・・などがイメージされるかもしれません。今や日本を訪れる外国人旅行客は、年間約2,400万人(2016年実績)に達し、2020年には4,000万人になると言われ、多くの外国人が日本の文化に触れ、独特の雰囲気を体験し、そして出会った“日本らしい”風景がインスタグラム等のSNSで日々配信され続けていきます。

しかし、外国人観光客の期待する“日本らしさ”に過度に応えることで、和風を誇張した商業施設や街並み形成など、あらかじめ観光客目当てに用意された建築・都市空間が提供されていないでしょうか?

今回、「都市は思考する」シリーズ第3回では、フォトグラファー・大山顕氏をお招きし、建築や都市の深層にある“東京らしさ”について議論します。

 団地やマンションといった集合住宅、工場、高速道路のジャンクション等の都市インフラに対して、構造物それ自体の機能や構造等へ、独特のまなざしをもって撮影する大山氏。「工場萌え」「土木萌え」など新たな価値観を見出し、工場鑑賞などのユニークな産業観光の火付け役となった大山氏とともに、建築や都市の表層的なイメージの奥にある深層の“東京らしさ”について議論します。

モデレーターには、建築デザインを通して、社会を設計する『ソーシャル・アーキテクト』を提唱する建築家・藤村龍至氏(東京藝術大学建築科准教授/ RFA主宰)にお務め頂き、建築・都市という目線で、東京の都市のイメージに迫って頂きます。

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

開催日時

開始日時:2018/03/12(月) 19:00

終了日時:2018/03/12(月) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。