言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

11/27 勝ち組企業はいかにして戦略と実行のギャップを埋めているか 第2回:アマゾンの戦略

2017/11/27(月) 19:00 ~ 21:00

アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ森タワー49階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, Japan)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 11/27 勝ち組企業はいかにして戦略と実行のギャップを埋めているか 第2回:アマゾンの戦略

      受付期間が終了しました

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
    • ¥5,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

勝ち組企業はいかにして戦略と実行のギャップを埋めているか
第2回:アマゾンの戦略


現代のグローバルな競争環境で、常に優れた業績を上げ続けることは容易ではありません。
どんなに立派な戦略を立てても、それが組織に浸透せず、実行されないようでは、まさに絵に描いた餅です。

しかし、グローバルな勝ち組企業は、戦略と実行のギャップが少ないために、優れた業績をあげています。
その一方、日本の大企業は環境変化に機敏に対応することを美徳とするあまり、他社への追随を素早く行うことで同質的な競争に陥ってしまいがちです。

PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&では、本年出版した著作『なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか』(原題 Strategy that Works)の中で、勝ち組企業の強みの特徴を掘り下げて紹介しております。
このたびPwC Strategy&とのコラボレーションで、良い戦略を利益に結びつけるために私たちは何をすべきなのかを具体的に学ぶ3回シリーズの講座を実施いたします。

第2回である今回の講座では、勝ち組企業の1社としても前掲の書籍で紹介されているアマゾンの日本におけるプライムの統括事業本部長、紣川謙氏を講師としてお招きします。

アマゾンの企業理念や、成長を支える柱となっているケイパビリティについての紹介に加え、アマゾンの日本における展開の経緯、Amazonプライムが日本で目指していること、さらにはアマゾンにおけるリーダーシップのあり方などに関しても解説していただきます。

アマゾンおよびAmazonプライムは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。


 こんな方におすすめ 

●アマゾンの戦略を体系的に理解したい方
●グローバル市場を視野にビジネスをしている方

 講師 

紣川謙  (かせがわ・けん)
アマゾンジャパン合同会社 
バイスプレジデントプライム統括事業本部長

岸本義之(きしもと・よしゆき)
PwCコンサルティング
ストラテジーコンサルティング(Strategy&)
シニア・エグゼクティブ・アドバイザー


■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

開催日時

開始日時:2017/11/27(月) 19:00

終了日時:2017/11/27(月) 21:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。