このイベントをシェア

  • メールで送る
  • mixiチェック

1/23 六本木アートカレッジセミナー 「アートが責任あるプロジェクトになるために必要なこととは?」

2019/01/23(水) 19:00 ~ 20:30

アカデミーヒルズ (東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

[主催] アカデミーヒルズ スクール事務局

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 1/23 六本木アートカレッジセミナー 「アートが責任あるプロジェクトになるために必要なこととは?」

      お一人様5枚まで

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
    • ¥3,500

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

六本木アートカレッジ
「自分と、アートと、ビジネスと。」

♯3 アートが責任あるプロジェクトになるために必要なこととは?

近年、社会的にもビジネスにおいても、人々のアートに対する期待が高まっています。一部のアーティストやアート業界側も、それに対し少しずつ動きはじめているのではないでしょうか。

「あいちトリエンナーレ2019」は、芸術監督を「世界が大きく変動する時代に、社会情勢を踏まえたコンセプトを打ち出せる新しい芸術監督像を期待できる。」として、異例のジャーナリストである津田大介氏に任命しました。この出来事もその変化の表れの一つではないでしょうか。


今回のゲストは、その「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督の津田大介氏と、もう一組、現代芸術活動チーム「目」のディレクター南川憲二氏とアーティスト荒神明香氏をお迎えします。

「目」は、日常生活の中の概念をがらりと変えるような作品を展開しています。アーティストが作品を作るには、着想だけでなく、長期プロジェクトを成功させる多岐にわたる力が必要になります。「目」は作品のみならず、ビジネスにも共通するその完成までの過程(着想、巻き込み力、実現力)にも注目すべき点が多くあります。

今、そしてこれからの時代にアートが果たす役割とはいったいどのようなものなのでしょうか?またアートが責任あるプロジェクトになるために必要なことは何なのでしょうか?

モデレーターは、シリーズディレクターであり、Soup Stock Tokyoをはじめとするご自身の感性を大切にしたビジネスを展開する㈱スマイルズの遠山正道氏です。

作品を生み出すアーティスト、ジャーナリストでありアートフェスディレクター、そして経営者、それぞれの視点を交え本テーマの議論を深めます。

ゲストスピーカー 
津田大介 (ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
荒神明香 (現代芸術活動チーム「目」アーティスト)
南川憲二 (現代芸術活動チーム「目」ディレクター)
モデレーター
遠山正道(株式会社スマイルズ 代表取締役社長)

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/01/23(水) 19:00

終了日時:2019/01/23(水) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ スクール事務局

アカデミーヒルズスクールは、さまざまな受講形態で「創造」「交流」「発信」する知の拠点として“旬”な情報を提供し続けるビジネススクールです。

世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びのスタイルを追求しています。