言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

1/25 東大教養シリーズ 第5回:宇宙で最初の星、宇宙で最後の星

2019/01/25(金) 19:00 ~ 20:30

アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ森タワー49階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, Japan)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 1/25 東大教養シリーズ第5回 「宇宙で最初の星、宇宙で最後の星」

      受付期間が終了しました

    • ¥3,500
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

東大教養シリーズ 第5回:宇宙でいちばん 最初の星、最後の星

輝く星のない夜空を想像出来るでしょうか? 宇宙に最初の星が生まれてから、星は重たい元素を作りながら周りを温め、星の一生の最期には内部のガスを周囲に放出するサイクルを繰り返して来ました。
我々の身の回りの手に触れるものすべて-我々自身でさえも-は、水素以外はほぼすべて星が作り出したものです。
夜空に星がなければ、我々は居なかったのです。 星がどうやって生まれ、死んでいくのか? それは宇宙の歴史と共にどの様に変化して行くのか? これは天文学の中心課題のひとつです。最先端の観測により、星の生まれる現場について、
新たな描像が得られつつあります。 今回のセミナーでは、「星形成」についての最新の知見をお伝えします。 遠い将来、宇宙では新たな星が生まれることはなくなり、やがて夜空からは星が一つ一つ消えていきます。 夜空から最後の星が消えたとき、宇宙はその活動を終えることになります。

【東大教養シリーズ】
ビジネスパーソンに今求められるものは「自分で考える力」ではないでしょうか。
そして「考える」ためには教養が必要です。
東大教養シリーズは、東京大学の現役教員にお越しいただき、今起きている事、これから起きようとしている事に対して、
東京大学教養学部で培われた学術的な見地から多面的に語っていただきます。「正解が⾒えにくい社会で求められる教養
とは何か?」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

 講師  

土井靖生(どい・やすお)(東京大学大学院総合文化研究科 宇宙地球科学)

(カリキュラムの詳細はこちらから)

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

開催日時

開始日時:2019/01/25(金) 19:00

終了日時:2019/01/25(金) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。