このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

6/26 六本木ヒルズクラブランチョンセミナー「心が形になるとき」

2019/06/26(水) 12:00 ~ 13:30

六本木ヒルズクラブ (六本木ヒルズ森タワー51階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, 106-6151, 日本)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 受講チケット

      受付期間が終了しました

      受付開始は、11:30頃を予定しております。
      ※ご講演開始後(12:35~)のお食事のサービスはいたしかねます。あらかじめご了承ください。
      ※チケット代には、昼食代(税・サービス料込)を含みます。お飲み物は別料金となります。
    • ¥7,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

六本木ヒルズクラブランチョンセミナー

心が形になるとき


6月のランチョンセミナーでは、6月20日から森美術館で開催予定の「塩田千春展:魂がふるえる」の開催に際し、現代美術作家である塩田千春氏をお迎えします。

ベルリンを拠点にグローバルに活躍する塩田氏は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものをテーマに、パフォーマンスや、インスタレーションを中心に作品を制作してきました。

特に、2015年のヴェニス・ビエンナーレ日本館において発表した作品は、無数の鍵と赤い糸を空間全体に張り巡らせた圧倒的な大作で、世界中に共感と感動をもたらしました。

森美術館の個展では同氏の20年以上にわたる活動を網羅的に紹介する過去最大規模の展覧会となります。今回のトークではこれまでの活動の歴史についてお話いただきます。

 スピーカー 

塩田  千春  (しおだ・ちはる)
アーティスト

1972年、大阪府生まれ。ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、高知県立美術館(2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2012年)、国立国際美術館(大阪、2008年)を含む世界各地の個展のほか、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、キエフ国際現代美術ビエンナーレ(2012年)、横浜トリエンナーレ(2001年)などの国際展にも多数参加。
2015年には、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表。

*ドレスコードのご案内

六本木ヒルズクラブへお越しの際はクラブにふさわしい、スマートカジュアルの服装をお願いいたします。
・男性の方につきましては、Tシャツなどの襟のないシャツをお召しの場合はジャケットの着用をお願いします。
・女性の方につきましては、男性に準ずる服装をお願いします。
 キャミソール等をお召しの場合は上着の着用をお願いいたします。

なお、以下の服装はお断りいたします。
・浴衣、運動着、丈の短いズボン(半スボン、バミューダなど)、穴の開いたジーンズ、ビーチサンダル、下駄。



■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/06/26(水) 12:00

終了日時:2019/06/26(水) 13:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

六本木ヒルズクラブ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー51階

03-6406-6001

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズは、さまざまな受講形態で「創造」「交流」「発信」する知の拠点として“旬”な情報を提供し続けるビジネススクールです。

世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びのスタイルを追求しています。