このイベントをシェア

10/25 みんなで語ろうフライデーナイト vol.28 大室正志さん(大室産業医事務所代表)

2019/10/25(金) 19:00 ~ 20:30

アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ森タワー49階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, Japan)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 受講チケット ¥5,000(税別)

      お一人様1枚まで

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
      ※お申込後のキャンセルおよび返金は承っておりません。
    • ¥5,500

プロモーションコードをお持ちのお客様は、対象のコードを入力し【適用】ボタンを押してください。

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

今回のファシリテータ―は、産業医の大室正志さんです。

大室さんは、産業医として多くの企業に携わりつつ、NewsPicksをはじめ多くのメディアで意見を発していらっしゃいます。現場というミクロから社会現象としてのマクロまで「働き方」について、様々なレイヤーで何が起きているのか、何が課題なのかをよくご存じです。

その中で大室さんは「自分の幸せは自分しか分からない。幸せや満足はオーダーメイドでしかない。」と言われます。 一方で「時間は限られているのだから、自分なりのプライオリティを決めて諦める(捨てる)ことも大切。」とも言われます。

今回は、一人一人異なる自分なりの「ワーク・ライフ・バランス」ではなく「〇〇〇・〇〇〇・・・バランス」を考えてみませんか?



「みんなで語ろうフライデーナイト」と
スピーカーと参加者が少人数でフラットに一体となって知恵を深めていくミーティング「みんなで語ろうフライデーナイト」。
情報過多と言われる時代。私たちは溢れる情報に追われて眺めるだけで、「自分の頭でしっかり考え、そこから生まれた自分の意見を人に伝えていく」時間を持てずにいます。しかし、誰もが発信者になれる今の時代だからこそ、インプットを自分の中で咀嚼し、自分なりの考えをアウトプットとして出していくことが必要です。
「みんなで語ろうフライデーナイト」では、全員のアウトプットがそれぞれのインプットとなって連鎖し、議論を深めていくことを目指します。
参加者が一体となって議論を作っていくイベントで、じっくり考えを深めませんか?

【お申込みに関するご案内】
10月1日施行の消費税率引き上げに伴い、受講料は以下になります。
9月末までのお申込:5,400円(税率8%)
10月以降のお申込 :5,500円(税率10%)

■ライブラリーメンバー■

六本木ヒルズライブラリー、アークヒルズライブラリーのメンバーの方は、メンバー割引価格がございます。
メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面で該当コードをご入力ください。また、セミナー当日の受付時に会員証のご提示をお願いいたします。


 ファシリテーター 

大室正志さん(大室産業医事務所 代表)

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

 

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/10/25(金) 19:00

終了日時:2019/10/25(金) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズは、さまざまな受講形態で「創造」「交流」「発信」する知の拠点として“旬”な情報を提供し続けるビジネススクールです。

世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びのスタイルを追求しています。