言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

【ライブラリーメンバー・MAMCメンバー限定】7/13森美術館鑑賞+アフタートーク 「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」

2022/07/13(水) 19:30 ~ 21:30

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)※集合場所:森タワー3F 森美術館インフォメーション (六本木ヒルズ森タワー53階, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, Japan)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数

お申込み可能なチケットはありません

イベント概要

※ライブラリーメンバー、MAMCメンバー(フェローおよびベネファクターメンバー)の方は「プロモーションコード」を入れてお申込ください。

ライブラリーメンバー・MAMCメンバー限定 特別企画
森美術館鑑賞+アフタートーク
「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」

※ゲストとして参加を予定しておりました、高津尚志氏は都合により欠席となりました。
 お申込の方へメールにてご連絡をお送りしております。
 終了時間は21:00に変更になりました。

【7/11(月)更新】
 
【 会 場 】森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)+アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
【集合場所】美術館・展望台チケット/インフォメーション(六本木ヒルズ森タワー3階)
【集合時間】19:20 【所要時間】19:30~21:30   
 前半:キュレーターの解説付きでゲストとともに美術鑑賞(約60分)    
 後半:ゲストとキュレーターを囲んだアフタートーク(約60分)  

※集合時間に遅れた方の途中からの参加はお断りしております
※受付時に以下提示をお願いいたします。
 提示いただけない場合は、ご参加いただけませんのでご注意ください。
 ライブラリーメンバーの方:会員証
 MAMCメンバー:マイページまたはメンバーカード
 
※参加定員20名限定のイベントです。募集は定員になり次第終了とさせていただきます。



■ 現代アートから考える、現代の「ウェルビーイング」とは? ■

心身ともに健康である「ウェルビーイング」を求める時代に、現代アートの多様な視点を通して考える森美術館の展覧会
「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」


アカデミーヒルズでは本展と連動し、ライブラリーメンバーとMAMCメンバー限定の鑑賞会を計3回開催いたします。

当日は、アート以外の各分野で活躍されている方をゲストに迎え、担当キュレーターの解説付きで約1時間、展覧会を鑑賞します。
その後、ゲスト、キュレーター、参加者の全員で、見て感じたことを伝えあうアフタートークを実施します。

第1回のゲストは、スイスに拠点のある世界的ビジネススクールIMDの北東アジア代表・高津尚志さんです。案内役は森美術館アシスタント・キュレーターの熊倉晴子がつとめます。

多様な視点・価値観を共有することで、より多義的な美術鑑賞とアート体験が可能になります。ぜひご参加ください。



本鑑賞会は計3回の予定で実施いたします。
■第一弾 ゲスト・高津尚志さん × キュレーター 熊倉晴子(7/13開催)
■第二弾 (9月開催予定)
■第三弾 (10月開催予定)
*今後の予定は追ってご案内させていただきます。

プロモーションコード確認方法
【アカデミーヒルズ ライブラリーメンバー】
以下にて、「プロモーションコード」をご確認いただきお申込ください。
・会員制ライブラリー「マイページ」ログイン→「セミナー・イベント」
・ヒルズアプリ「ahマーク」→「メンバーズ・スクエア」→「セミナー・イベント」
※イベント開催時にライブラリーメンバーの方が対象です。

【MAMCメンバー(フェローおよびベネファクターメンバー)】無料
森美術館からのご案内「MAMCメンバーズ・エクスプレス 2022.06.24」内の
「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込みください。
※イベント開催時にMAMCメンバーの方が対象です。



 ゲスト 

高津尚志 (IMD北東アジア代表)
経営幹部育成で世界トップランキングを誇るスイスのビジネススクール、IMDの日本・台湾・韓国における代表。日本企業のグローバル経営幹部の育成施策の設計や提供に従事。
IMDの知見を日本の経済社会につなげ、日本の知見をIMDを通じて世界につなげることに強い関心を持ち、様々なリーダーとの対話、執筆・出版・講演、研究プロジェクトの組成などを重ねてきた。
共著に『なぜ、日本企業はグローバル化でつまずくのか』、『ふたたび世界で勝つために』(日本経済新聞出版社)、訳書に『企業内学習入門』(英治出版)など。
IMD教授陣の書籍の日本語版刊行にも携わる。『女性が管理職になったら読む本』『セキュアベースリーダーシップ』『LEAP ディスラプションを味方につける絶対王者の5原則』『DX実行戦略』などがある。
日本興業銀行、ボストンコンサルティンググループ、リクルートを経て現職。仏INSEADでMBA取得。桑沢デザイン研究所基礎造形専攻修了。

 モデレーター 
熊倉晴子 (森美術館アシスタント・キュレーター)
東京都生まれ、多摩美術大学大学院修了。2011年より森美術館勤務。主な企画に「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」共同キュレーター、「MAMリサーチ003:インドネシア・ニュー・アート・ムーブメント」「MAMプロジェクト023:アガサ・ゴス=スネイプ」「MAMリサーチ008:突然、顕わになって」「六本木クロッシング2019展:つないでみる」および「地球がまわる音をきく」展などがある。


※円滑な進行のためにいただいた情報をスピーカーの方に提供させていただきます。
※お申込期日:2022年7月13日(水)10:00まで

主催:アカデミーヒルズ
協力:森美術館

開催日時

開始日時:2022/07/13(水) 19:30

終了日時:2022/07/13(水) 21:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)※集合場所:森タワー3F 森美術館インフォメーション

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。