言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

6/4 CATALYST TALK 荒谷大輔「経済のリデザイン:新しい人とものとの関係をつなぐ」 第1回:山形浩生さんと資本主義経済を超える

2021/06/04(金) 19:00 ~ 21:00

オンラインイベント

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • ゲストトーク視聴+アフタートーク参加

      受付期間が終了しました

      ※定員30名
    • ¥3,000
    • -
    • ゲストトーク視聴のみ

      受付期間が終了しました

      ※「ゲストトーク視聴のみ」19:00~20:00
    • ¥1,000
    • -

イベント概要

academyhills

CATALYST TALK
荒谷大輔「経済のリデザイン:新しい人とものとの関係をつなぐ」
第1回:山形浩生さんと資本主義経済を超える

一般/ライブラリーメンバー
 
新シリーズ「つながりを超えて~常識を再構築するカタリスト・トーク~」スタート!
アカデミーヒルズのカタリストのお一人、荒谷大輔さんのテーマは「経済のリデザイン:新しい人とものとの関係をつなぐ」。
人やモノがどのようなかたちでつながるのか、その構造こそ「経済」の本質です。さまざまな意味で転換期を迎える今、
既存の価値観の枠組みから離れて、ゲストを迎えてフラットに考える場をつくります。


第1回となる今回のテーマは、評論家・翻訳家の山形浩生さんと『資本主義経済を超える』です。

市場経済は人々に「自由」を与えました。近代以降の社会の発展において様々な問題が指摘され、それを乗り越える試みも繰り返しなされましたが、市場経済はその形態を柔軟に変化させながら、今日、世界全体を覆い尽くすまでに至っています。

そうした中、市場経済の原理に根ざすような「限界」が見えはじめて来ているようにも思われます。2008年の金融危機後の各国の財政緩和政策の異例性を指して「ニューノーマル」という言葉が使われましたが、2020年以降のコロナ禍で、その言葉に新しい意味が重ねられました。

この後、経済はどのように動いていくのか。評論家・翻訳家として活躍されている山形浩生さんをお招きして、考えてみたいと思います。

※本イベントはお申込者限定で一定期間、見逃し配信を行う予定です。
詳細はお申込者に直接ご連絡いたします。




◆ライブラリーメンバーの方
「六本木ヒルズライブラリー」「アークヒルズライブラリー」メンバーの方は無料でご参加頂けます。
※「マイページ」または「ヒルズアプリ」にて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込画面で該当コードをご入力ください。セミナー開催時にライブラリーメンバーの方が対象です。


スピーカー

山形浩生(評論家 / 翻訳家)
東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。開発援助関連調査のかたわら、小説、経済、建築、ネット文化など広範な分野での翻訳および雑文書きに手を染める。著書・編書に『プロトタイプ・シティ: 深圳と世界的イノベーション』(KADOKAWA)、『なぜ景気の回復を感じられないのか』(サマーズ他著、春秋社)、『クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門』(春秋社)、『断言/断言2:新教養主義書評集成』(Pヴァイン)、『新教養主義宣言』(河出文庫)、『たかがバロウズ本。』(大村書店) など。主な訳書に、ケインズ『雇用、利子、お金の一般理論』『お金の改革論』(講談社現代文庫)、クルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』(ちくま文庫)、『国際経済学:理論と政策』(丸善)、ピケティ『21世紀の資本』、アカロフ/シラー『アニマルスピリット』『不道徳な見えざる手』(東洋経済新報社)、ジェイコブズ『アメリカ大都市の死と生』、ウィリアム・バロウズ『ソフトマシーン』『ノヴァ急報』、ディック『ヴァリス』『死の迷路』ほか多数。またネット上でケインズなどの著作の多くを翻訳公開。https://cruel.org/ および https://cruel.hatenablog.com/

モデレーター

荒谷大輔 (江戸川大学 基礎・教養教育センター教授、センター長)
1974年生。東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。日本文藝家協会会員。専門研究の枠組みに捕われず哲学本来の批判的分析を現代社会に適用し、これまでなかった新しい視座を提示することを得意とする。著書に『資本主義に出口はあるか』(講談社現代新書)、『ラカンの哲学:哲学の実践としての精神分析』(講談社メチエ)、『「経済」の哲学:ナルシスの危機を越えて』(せりか書房)、『西田幾多郎:歴史の論理学』(講談社)、『ドゥルーズ/ガタリの現在』(共著、平凡社)など。

<注意事項>
【視聴方法】
■「ゲストトーク視聴+アフタートーク参加」の方
2種類のURLを前日夕方にご案内いたします。
前半のゲストトーク視聴は、Zoomウェビナーを使用いたします。
後半のアフタートークは、Zoomミーティングを使用いたします。
※Zoomミーティングは、お顔が見える形でのご参加となります。

■「ゲストトーク視聴のみ」の方
視聴用URLを前日夕方にご案内いたします。
ZOOMウェビナーを使用いたします。
※ご視聴時、他の参加者から顔と名前は見えません。

共通のご案内
・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をお勧めしております。
zoom.us/test

※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。

【お支払い方法】
クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

【お申込】
円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

主催 アカデミーヒルズ

開催日時

開始日時:2021/06/04(金) 19:00

終了日時:2021/06/04(金) 21:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンラインイベント

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。