言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

8/10 オリエント~東西の戦略史からの現代への学び

2021/08/10(火) 19:00 ~ 20:30

オンラインセミナー(zoomミーティング)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 視聴チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

オリエント~東西の戦略史からの現代への学び

『経営戦略全史』の三谷宏冶さんと『最高の戦略教科書 孫子』の守屋淳さんが、古今東西の「戦略論」をベースに現代の経営課題を議論する、『オリエント 東西の戦略史と現代経営論』の刊行記念セミナーを、両名をお迎えして開催します。
 
始皇帝からグーグルまで、過去から現代、東洋と西洋の戦略・組織について語られる本著は、その一部が「日経ビジネス」本誌と「同オンライン」でも連載され好評を博しました。成長やイノベーション、組織、経営などのビジネステーマに対して、三谷さんと守屋さんが、その豊富な知識や見識をもとに意見を戦わせた格闘の記録でもあります。時代や地域を大きく超えた事象を対比することで、何が変わり、何が変わらないかを見つめ、この世の普遍的な真理や必然的変化を議論していきます。
 
本セミナーは、Zoomミーティングを利用した、参加費無料のオンライン講演です。
当日は、『オリエント 東西の戦略史と現代経営論戦略論』を持参の上ご参加ください。また、参加型でグループディスカッションも予定しております。
視聴のみも可能ですが、ぜひ積極的にご参加ください。
 

スピーカー
三谷宏治 (みたに・こうじ)
K.I.T.虎ノ門大学院 教授 / 早稲田大学ビジネススクール / 女子栄養大学 客員教授

東京大学 理学部物理学科卒業後、BCG、アクセンチュアで経営戦略コンサルタントとして活躍。
2003年から06年までアクセンチュア戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。06年から教育の世界に転じ、子ども・保護者・教員向けの授業・講演に注力。年間1万人以上と接している。
現在、KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール/女子栄養大学 客員教授、放課後NPOアフタースクール/NPO法人3keys 理事、永平寺ふるさと大使を務める。
著書多数。2013年に出版された『経営戦略全史』はビジネス書2冠を獲得した。3人娘の父で、小学校PTA会長も務めた。

スピーカー
守屋淳(もりや・あつし)
作家

1965年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。現在は作家として『孫子』『論語』『韓非子』『老子』『荘子』などの中国古典や、渋沢栄一などの近代の実業家についての著作を刊行するかたわら、グロービス経営大学院アルムナイスクールにおいて教鞭をとる。
編訳書に60万部の『現代語訳 論語と算盤』や『現代語訳 渋沢栄一自伝』、著書にシリーズで20万部の『最高の戦略教科書 孫子』『マンガ 最高の戦略教科書 孫子』『組織サバイバルの教科書 韓非子』、などがある。
2018年4~9月トロント大学倫理研究センター客員研究員。


【注意事項】

※本イベントは、ZOOMミーティング(ビデオオンで顔が見える形)でのご参加となります。
視聴URLは当日の午前中にご案内いたします。
視聴URLが届かない場合は事務局までお問合せ願います。

・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をお勧めしております。

これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。
zoom.us/test

※当日は『オリエント 東西の戦略史と現代経営論戦略論』を持参の上ご参加ください。

主催:アカデミーヒルズ
会場:オンラインセミナー(ZOOMミーティング)

※お申込期日:2021年8月9日(月)10時まで

開催日時

開始日時:2021/08/10(火) 19:00

終了日時:2021/08/10(火) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンラインセミナー(zoomミーティング)

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。