言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

10/14 大地に住むこと。人が繋がること。~土地に学び、人を結ぶ。これからのコミュニティとは~

2021/10/14(木) 19:00 ~ 20:30

オンラインセミナー(Zoomウェビナー)

[主催] アカデミーヒルズ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 視聴チケット

      受付期間が終了しました

    • ¥1,100
    • -

イベント概要

academyhills

大地に住むこと。人が繋がること。
~土地に学び、人を結ぶ。これからのコミュニティとは~

一般/ライブラリーメンバー
 
自然を敬い、四季を取り込み、土地に住まう。

古来より、その多様な風土と気候を活かし、生活を育んできた日本。
資本主義経済が進み、その土地ならではの独自性が失われてきたとされる近代社会とパンデミックを経て、今、私たちは、暮らしに対する「原点回帰」の意識を急速に取り戻しつつあります。

本セミナーでは、日本人の生活と切り離せない土地の記憶(歴史)と人の体験に焦点を当て、それらの融合で創り出す、これからの暮らし、社会との新しい関係について考えます。

登壇するのは、衣食住を融合し、建築の枠に捕らわれない新たな空間をシェアハウスとして設計・運営する建築家のクマタイチさん、都市のメカニズムや歴史を、時間的深さと空間的広がりから検証し、広域なエリアスタディである領域史として提起する松田法子さん、個人の幸せ、その実感に重きを置き、人の豊かさにフォーカスしたまちづくり支援で多数の実績を有する齋藤精一さんの3名。

土地における共創コミュニティの醸成、地域の強みと繋がりを活かし創造する豊かな暮らしの在り方について、多様な視点を織り交ぜながら考察する90分です。

※本イベントはお申込者限定で一定期間、見逃し配信を行う予定です。
詳細はお申込者に直接ご連絡いたします。


・視聴URLは、お申込完了時にイベントレジストから送付される「申込確認メール」内に記載がございます。
 
※申込期日:2021年10月14日(木)19:00まで

ライブラリーメンバー、森ビルのオフィスで働くワーカー:無料
【ライブラリーメンバー】
「マイページ」または「ヒルズアプリ」にて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込ください。セミナー開催時にライブラリーメンバーの方が対象です。

【森ビルのオフィスで働くオフィスワーカー】
WORKERS BOARDにて、「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込ください。
 
スピーカー

クマ タイチ(建築家)
建築家。TAILAND代表。1985年東京生まれ。
2014年シュツットガルト大学マスターコース修了。2016年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。2017年-2020年SHoP Architects(NY, USA)勤務。2021年TAILAND始動。SHAREtenjinchoをはじめ、神楽坂でいくつかのシェアハウスをの設計から管理運営までを行う。他にも、実験的な素材をつかった建築や移動式住居の提案など、建築家の既成概念にとらわれない実践を行う。

スピーカー
松田法子 (京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授)
京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授。博士(学術)。
建築史・都市史。東京大学工学系研究科建築学専攻などを経て現職(http://www.matsuda-lab.net)。
単著に『絵はがきの別府』(左右社)、共編著に『危機と都市──Along the Water』、『熱海温泉誌』、共著に『変容する都市のゆくえ──複眼の都市論』、『渋谷の秘密』、『世界建築史15講』など。
最近は「領域史」や「都市と大地」というテーマの探究、ヒトによる生存環境構築の長期的歴史とそのモードを探る共同研究「生環境構築史」(http://hbh-center.ne.jp/)にも取り組む。
最近の寄稿に「湧出東京−−−生きのびる土地」(『モノノメ』)、「結ばれる様式」(『現代思想』)など(2021年9月)。

スピーカー
齋藤 精一 (パノラマティクス 主宰)
1975年 神奈川県生まれ、東京理科大学理工学部建築学科卒。
建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。Omnicom Group傘下のArnell Groupにてクリエイティブ職に携わり、2003年の越後妻有アートトリエンナーレでのアーティスト選出を機に帰国。フリーランスのクリエイターとして活躍後、2006年株式会社ライゾマティクス(現:株式会社アブストラクトエンジン)設立、2016年よりRhizomatiks Architectureを主宰。2020年組織変更によりRhizomatiks Architectureは、Panoramatiksと改め、俯瞰的な視点でこれまで繋がらなかった領域を横断し組織や人を繋ぎ、仕組みづくりから考えつくるチームを立ち上げる。現在では行政や企業などの企画や実装アドバイザーも数多く行う。2018-2021年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2020年ドバイ万博 日本館クリエイティブ・アドバイザー。2025年大阪・関西万博People’s Living Labクリエイター。

【注意事項】
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・本イベントはZoomウェビナーを使用いたします。
・ご視聴時、他の参加者から顔と名前は見えません。
・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をオススメしております。
これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。zoom.us/test

【お申込】
円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

主催 アカデミーヒルズ

開催日時

開始日時:2021/10/14(木) 19:00

終了日時:2021/10/14(木) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンラインセミナー(Zoomウェビナー)

主催者情報

アカデミーヒルズ

アカデミーヒルズライブラリーは、「過去の知識を次世代に伝え、隣人の知識を共有する機関としての図書館」という、全く新しい思想に基づき創られた、他に類を見ない会員制ライブラリーです。

志を同じくする人々のコミュニティとして、互いに敬意や礼節をもって主体的に情報交換し、イノベーションを生む場を提供し続けています。