このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

AG/SUM(アグサム) Agritech & Foodtech Summit

2019/11/18(月) 09:00 ~ 2019/11/20(水) 18:00

室町三井ホール&カンファレンスなど、Nihonbashi,Tokyo (中央区日本橋室町3-2-1, 東京都, 103-0022, Japan)

[主催] 日本経済新聞社

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 3DAY 一般 (Normal)

      受付期間が終了しました

      ・3日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 3 days)
    • ¥100,000
    • -
    • 3DAY PLUS (動画セッションアクセス権付)

      受付期間が終了しました

      ・3日間全ての会場・プログラムに参加出来ます(Ticket for all sessions through 3 days)
      ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)

    • ¥120,000
    • -
    • 3DAY PREMIUM (動画・VIPネットワーキングパーティ付)

      受付期間が終了しました

      ・3日間全ての会場・プログラムに参加出来ます(Ticket for all sessions through 3 days)
      ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)
      ・11/19のVIPネットワーキングパーティ参加チケット付(Right to attend welcome networking party in the evening on Nov. 19)

    • ¥140,000
    • -
    • 学術・公務 (Academia、Public business)

      受付期間が終了しました

      ・学生、教員、公務員 限定(当日身分証明書の提示が必要です)
      Tichets for students, fuculty members and public officials only (Need to show ID at the reception)

      ・3日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 3 days)

    • ¥15,000
    • -
    • 学術・公務 PLUS (Academia、Public business)

      受付期間が終了しました

      ・学生、教員、公務員 限定(当日身分証明書の提示が必要です)
      Tichets for students, fuculty members and public officials only (Need to show ID at the reception)

      ・3日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 3 days)
      ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)

    • ¥30,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2019/11/20(水) 18:22 更新
【AG/SUM通信】

ついにフィナーレ、後はパーティ会場でネットワーキング

3日間続いたAG/SUMもついにフィナーレを迎えました。最終日も充実したセッション、そして3つのコンテストの結果発表と表彰式が行われました。 しかし、宴はまだおわっていません。そう、18時半からのアフターパーティです。イベントの最後を飾るこのネットワーキングの場に参加し、3日間の感想などを仲間とまた、今回出会った人達と分かち合ってください。
【AG/SUM アフターパーティ】
日時:2019年11月20日(水) 18時30分より20時30分まで(18時 受付開始)
会場: XEX日本橋(東京都中央区日本橋室町2丁目4-3 YUITO/日本橋室町野村ビル4階)
形式:立食・ビュッフェスタイル
備考: 誠に恐縮ですが、先着200名様になります。 QRコード付きのAG/SUMパスをご持参の上、会場受付にお越しください。

アンケートにご協力を
AG/SUMに参加された皆さまには後日、メールにてアンケートをお願いいたします。是非、ご協力いただければ幸いです。

また来年のAG/SUMで再会しましょう。
    • 2019/11/19(火) 18:15 更新
【AG/SUM通信】

ついに最終日、あれもこれも

スタートアップ三昧
10:15からは「フードテックスタートアップパネル」。海外からやってきたAtomo Coffee, Phuture Foods, GOURMEY, Replenishが分子コーヒーやラボで栽培されたフォアグラ、自動スムージー製造器などを紹介します。
10:30からはワークショップ会場で「農大x SDGs アイデアソン」のピッチ。若い15チームの新しいアイデアは必見です。
13:00からは恒例のスタートアップピッチの後半、6社が参加します。
15:05からは各コンテストの結果発表式と表彰式です 農大x SDGs アイデアソン→大学ビジコン→スタートアップピッチの順番でそれぞれ30分です。

未来を語る
9:00からワークショップ会場で始まる「国連『家族農業の10年』の世界行動計画とは? 各国の行動計画策定への示唆」では2028年までを見据えた国際社会のアジェンダと、日本を含む各国でこれから策定される行動計画策定について討論します。
14:05からの「アグリテック:目の前のハードルと未来への挑戦」は施設農業の専門家とスマート農機具メーカー、そしてそれを実際に使う側である生産者が本音ベースで、スマート農業進展における現時点での問題点に加え、10年後を睨んだ可能性とそこに向かう道筋を議論します。モデレーターは日経の農業・農政問題のエースで社説も手がける吉田忠則編集委員兼論説委員。
16:10からは「未来の食、昆虫活用の可能性」です。食糧問題解決の大きな解決策とみられる未来の食品。昆虫からも目を背けず、この問題を直視します。
3日間の最後を飾るパネルが17:00からの「フューチャーデザイン 50年後の農村コミュニティはこうなる」です。このパネルの目玉はなんといっても弱冠16歳のアントレプレナーである小林宙・鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション代表です。高校の授業を終えてから会場に駆けつけます。ベテランの農家、専門家とともに50年後の農業・農村はこうあってほしい、といった理想像を語ります。

イベント後はアフターパーティ!
【AG/SUM アフターパーティ】
日時:2019年11月20日(水) 18時30分より20時30分まで(18時 受付開始)
会場: XEX日本橋(東京都中央区日本橋室町2丁目4-3 YUITO/日本橋室町野村ビル4階)
形式:立食・ビュッフェスタイル
備考: 誠に恐縮ですが、先着200名様になります。
QRコード付きのAG/SUMパスをご持参の上、会場受付にお越しください。
    • 2019/11/18(月) 23:38 更新
【AG/SUM通信】

19日もメニュー盛り沢山

AG/SUMついに開幕。初日から多くの方の参加をいただきありがとうございます。19日もメニュー盛り沢山です。

11:00からの「世界で広がるヴィーガンムーブメントの衝撃」では食品・外食産業や、多数の外国人客を迎える観光業界に影響を与え、大きなうねりになりつつあるヴィーガニズムを取り上げます。16:00からの「持続的発展を可能にするアグリテックの役割」は末松広行・農林水産事務次官がモデレーターとして登場、SDGsに与える農業の影響と具体的な取り組みがを、さまざまな分野で農業にかかわるメンバーが真剣に議論します。19日は海外からの登壇者のセッションも多数あり、外から見たアグリテックは聞き逃せません。

若いパワーも爆発します。SUMシリーズ恒例のスタートアップピッチの前半戦は13:00から。17:00の「ネクストファーマーズの挑戦」は独自のアイデアと先端技術で稀少かつ高品質の商品やサービスを生み出す農業の変革者たちが農業の潜在力を語ります。 ワークショップでは11:00から始まる「大学発ベンチャーが変える農業の未来」が大学発ベンチャーによって実現される農林水産業の将来像や、その設立・事業化の動きをベンチャー代表に政策当局を交え議論します。そして13:00からの「農業高校から始まる未来の農業イノベーション」はさらに若い農業高校の可能性と未来を語ります。
    • 2019/11/17(日) 20:13 更新
【AG/SUM通信】

SMBCグループからも目が離せない

SMBCグループも初日から目が離せません。10:50のパネル「世界に貢献する日本農業のグローバルバリューチェーン」には日本総合研究所の三輪泰史・創発戦略センター エクスパートが登壇。13時からのワークショップセッション「最先端アグリテックスタートアップの創業者が語る農業のカタチ」にはレグミン、FullDepth、ukka、世界市場などが登場、展示にもFullDepthやイノフィスなどが参加します。SMBCグループのSMBCVCは、こうしたスタートアップに出資などを通じた支援をしています。
    • 2019/11/17(日) 08:48 更新
【AG/SUM通信】

SDGsにも注目

今回のAG/SUMのコンセプトは「技術と経営と社会の調和による持続的発展を目指して」、英語では「Bridge over Sustainable Development Goals」です。アグリテックを推進するなかでも、環境やエネルギー問題など持続可能な産業に向けての配慮は欠かせません。初日のセッションでSDGsに関連したものをご紹介します。

09:50 国連「家族農業の10年」が目指すもの(講演:ピエールマリ・ボスク FAO世界農業ウォッチ・プロジェクトリーダー)
10:30 農家に寄り添った、持続可能な農業への挑戦(講演:山﨑周二 JA全農理事長)
13:25 持続可能な農業の構築を目指して 〜農業 x Agtech x 環境 x エネルギー x 都市~ (パネル討論)
15:35 社会と地球のこれからに向けて、起業家ができること(パネル討論)
16:35 農業循環経済の発展&食べ物、エネルギーと水の関係(パネル討論)

アグリスタートアップ創業者の本音も?

13:00からのワークショップ会場には、日本で先端を突っ走るアグリテックスタートアップの創業者が出そろいます。それぞれのビジネスを「ロボティクス」「プラットフォーム」「データ」の3つのジャンルに分け、自身の苦労や挑戦、さらに農業の未来について熱く語り合ってもらいます。
    • 2019/11/16(土) 19:09 更新
【AG/SUM通信】
大和証券グループのアグリ戦略にも注目

AG/SUM初日の目玉のひとつは、大和証券グループが金融機関として取り組む農業ビジネスの動きです。13時からは荻野明彦・グループ本社専務執行役が、2018年11月に設立した「大和フード&アグリ」を通じたハイブリッド型総合証券グループとしてのアグリ戦略について講演します。

その直後には大和フード&アグリの久枝和昇取締役がモデレーターを務めるパネル討論「持続可能な農業の構築を目指して 〜農業 x Agtech x 環境 x エネルギー x 都市~」を開催。具体的なアグリテック最前線の動きを大学・JA・金融・ゼネコン業界からのパネリストが説明・討論します。

久枝取締役は最終日20日14時からのパネル「アグリテック:目の前のハードルと未来への挑戦」にも登壇。アグリテック専門家として今の日本農業における課題と、将来への可能性を語ります。

最新パンフレットを更新、展示やマルシェの情報も加わりました。
こちらからダウンロード可能です。 https://agsum.jp/public/agsum-2019-booklet-ja.pdf
    • 2019/11/16(土) 07:38 更新
【AG/SUM通信】

JAグループ:講演に、パネルに、展示に、マルシェに

いよいよ始まるAG/SUM。そのコンテンツのなかで中核となるのがJAグループです。18日午前には全農の山﨑周二理事長が基調講演。続くパネル討論では、日本農業のグローバルバリューチェーンについてJAグループの取り組みを説明します。

同日午後にはワークショップ会場で農林中央金庫の荻野浩輝執行役員が登場。イノベーション推進に向けた新たな農中の動きについて、3つのスタートアップを紹介しながら解説します。

展示会場では、農作業ロボットや農作業者向けセンサーなど最新の製品を出展、1階の大屋根広場のマルシェでは、高知県の特産品を使った丼を提供する予定です。

 高齢化や耕作放棄地増加など課題の多い日本の農業の活性化に取り組むJAグループの役割をAG/SUMでは実感できるでしょう。


パンフレットもデジタルで
3日間のセッションを網羅したパンフレットはこちら(ダウンロード可です) https://agsum.jp/public/agsum-2019-booklet-ja.pdf



    • 2019/11/15(金) 20:52 更新
【AG/SUM通信】

先程のお知らせでメイン会場の住所が間違っておりました。

正しくは
メイン会場:室町三井ホール&カンファレンス    
      東京都中央区日本橋室町3-2-1    
      COREDO室町テラス3階
となります。お詫びして訂正いたします。

イベント時にはお間違えのないようお願いいたします。
    • 2019/11/15(金) 19:16 更新
【AG/SUM通信】

いよいよ開幕。受付は室町三井ホール&カンファレンス3階です

AG/SUMお申し込みの皆さま、いよいよ来週月曜日から3日間に渡りAG/SUMが開催されます。初日は多くの方が受付にいらっしゃいます。開場は午前8時過ぎ、開演は午前9時15分を予定しております。お時間に余裕を持ってお越しください。

地下鉄で三越前駅にお越しの方はCOREDO室町テラス地下1階の入り口より入り、ビル内郵便局近くのエレベーターで3階までお上がりください。地上からの場合は日本橋室町三井タワーのオフィス棟入り口から一度、エスカレーターでCOREDO室町テラス地下1階まで降りてから、エレベーターで3階までお願いいたします。

午前10時以降はCOREDO室町テラスの1階もオープンするので、そちらから3階にエレベーター、エスカレーターをご利用いただけます。ビルの各所にサインボード、案内ガイドがおりますので、そちらを目印にお越しください。

メイン会場:
  室町三井ホール&カンファレンス
  東京都中央区日本橋室町2-2-1

アクセスマップはこちらです。 https://shutten-watch.com/kantou/5565#toc20

*隣の日本橋三井タワーとお間違えのないようお気をつけください。

イベント概要

AG/SUM(アグサム)は農業とテクノロジーを融合させた「アグリテック」の最前線にスポットライトを当て、農業が成長産業に飛躍することを目指すグローバルイベントです。国内外から政府や農業団体、企業、スタートアップ起業家が、革新と歴史が共存する街、東京・日本橋に集結。日本をハブに、グローバルなアグリビジネスを生み出します。食の安全や流通なども含めた「フードテック」、さらに「バイオテック」も視野に入れ、国際競争力を高める方策を議論し、アイデアを競います。今回のキーコンセプトは「技術と経営と社会の調和による持続的発展を目指して」とし、先端的な農業技術と良い農業経営による食と環境の保全、さらに持続的可能な社会と経済成長につながるための方策や課題を議論します。同時に農業用ロボットなど最新技術の展示や農産物や食品を展示即売するマルシェ、内外のスタートアップによるピッチコンテストも開催します。

Advanced agricultural technology is only valuable when paired with smart management. Excellent agricultural management can preserve the food supply, protect the global environment, and help achieve sustainable economic and societal growth. AG/SUM pursues sustainable development goals in harmony with technology, management, and society under the key concept,“Bridge over Sustainable Development Goals”.

開催日時

開始日時:2019/11/18(月) 09:00

終了日時:2019/11/20(水) 18:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

室町三井ホール&カンファレンスなど、Nihonbashi,Tokyo

東京都 中央区日本橋室町3-2-1

主催者情報

日本経済新聞社

SUM(サム)シリーズとは、オープンイノベーションの推進と新しい成長産業の創出を目指して日本経済新聞社が主催するxTech(クロステック)のグローバルスタートアップイベントです。