このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

【無料】2/26 『歴史作家の城めぐり』刊行記念 気鋭の歴史作家が語る、城めぐりの魅力と 関東の武将たちの夢のあと

2019/02/26(火) 19:00 ~ 20:30

プレジデント社 セミナールーム (プレジデント社, 2-16-1, 千代田区平河町, 東京都, 1028641, Japan)

[主催] プレジデント社

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加費

      受付期間が終了しました

      書籍購入者は無料。当日、書籍あるいは電子書籍のリーダーをご持参ください。書籍をお持ちでない方は受付でご購入可能です(本体価格1400円)。
    • 無料
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

気鋭の歴史作家が城めぐりの面白さと関東戦国史に残る城郭攻防戦を解説!

現在は空前の城ブームと言われ、老若男女さまざまな方々が城めぐりを楽しんでいます。一体何が多くの人々を引きつけるのでしょうか。これまで城を舞台にした多くの歴史小説を執筆し、全国600を超える城を訪ねた歴史作家の伊東潤氏に、城めぐりの面白さと、関東で繰り広げられた主な城郭攻防戦について解説していただきます。初心者の方でも楽しめる内容です。ぜひふるってご参加ください。



▼日時
2019年2月26日(火)19:00〜20:30

▼定員
最大80名
*場合によっては、席の間隔が狭くなる可能性がございます。ご了承ください。

▼会場
プレジデント社、ロビー会議室 東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー13F

▼タイムテーブル
18:30〜】開場・受付
19:00〜】講演開始
20:30〜】質疑応答及びサイン会
21:00】閉会

▼講師
伊東 潤(いとう・じゅん)

歴史作家。1960年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じ、歴史小説や歴史に題材を取った作品を発表している。『黒南風の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で「第1回本屋が選ぶ時代小説大賞」を、『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」を、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」と「第1回高校生直木賞」を、『峠越え』(講談社)で「第20回中山義秀文学賞」を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で「第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)」を受賞。近刊に『男たちの船出』(光文社)がある



-------------------------------------------------------------------------

【本イベントのキャンセルについて】
本イベントのチケットは、キャンセルはできません。ご不明の点は、本ページ下部にある「主催者へのお問い合わせはこちら」より、お問い合わせください。

【本イベントにおける個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報はセミナーへの出席/欠席にかかわらず、本イベントの事務連絡のほか、プレジデント社のサービスに関するお知らせに利用させていただきます。
個人情報のご記入は任意ですが、ご登録情報の提供をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。個人情報の委託を行う場合は、当社の厳正な管理の下で行います。プレジデント社のプライバシーポリシーはWEBサイトをご覧ください。https://www.president.co.jp/information/privacy/ 

※個人情報の開示等についてはお客様相談窓口までお問い合わせください。
お客様相談窓口:株式会社プレジデント社 経営企画本部 TEL 03-3237-3711
個人情報保護管理者:経営企画本部長

※イベント当日は、音声データ販売用の記録や広報などのための写真撮影を行う可能性があります。また、それらを当社メディアに掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/02/26(火) 19:00

終了日時:2019/02/26(火) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

プレジデント社 セミナールーム

東京都 千代田区平河町 2-16-1 プレジデント社

0332375457

主催者情報

プレジデント社