このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

IT・ウェブ業界のM&Aを徹底議論ナイト! 〜プロフェッショナルが語るM&Aのリアル〜

2018/04/26(木) 19:10 ~ 21:45

東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F (東京都 渋谷区渋谷 2-15-1 渋谷クロスタワー 12F)

[主催] ビズリーチ・サクシード

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 無料チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

【イベント概要】
事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」が主催するM&A関係者のためのイベント。
今回はIT・ウェブ業界にフォーカスしたM&Aのトレンドや事業会社、アドバイザーの観点からみる大切なポイントを語ります。

ゲストには戦略的なM&Aで飛躍的な成長を続けているオイシックスドット大地の松本様と
IT・ウェブ業界のM&Aに精通するプロフェッショナルアドバイザー森様をお招きし、M&Aのリアルを赤裸々に語っていただきます。
M&Aを検討する経営者から実行にかかわる経営企画の方までぜひご参加ください。
なおトークセッションの後には登壇者やM&A関係者との気軽な懇親会も設けています。


【当日のディスカッションテーマ】
・どうしてM&Aをするのか
・IT・ウェブ業界のM&Aの市場感やトレンド
・M&Aを成功させるために大切なこと
・Q&A
・懇親会


【その他】
・本イベントは懇親会を含め、参加費無料です。
・本イベントは多くのご応募が想定されるため、抽選制とさせていただきます。
・抽選結果は当落の有無に関わらず、4/23(月)までにご登録メールアドレスにお送りいたします。

【スケジュール】
・19:10~ 受付
・19:30~ トークセッション
・20:30~ 懇親会
・21:45 閉会


【登壇者】
松本 浩平様
オイシックスドット大地株式会社 執行役員 経営企画本部長
兼 フードテックファンド(CVC) マネージャー
兼 らでぃっしゅぼーや株式会社 監査役
兼 株式会社日本農業 社外取締役
1984年神戸市生まれ。東工大大学院技術経営専攻卒。
2008年、旧オイシックス(現オイシックスドット大地)に新卒入社。
メディアや海外事業などの新規事業開発や、リクルート社との事業資本提携などを担当後、2012年より経営企画部で新規株式公開やIR、
事業資本提携、ベンチャー投資、M&Aを担当。2014年より執行役員



森 泰一郎様
株式会社森経営コンサルティング 代表パートナー
東京大学経済学部、東京大学大学院経済学研究科卒業。経済学修士。
大学在学中に起業した後、大手コンサルティングファームを経て、ITベンチャー企業にて経営企画を担当。
M&Aや経営企画、事業企画、業務改善に従事。その後株式会社BuySell Technologiesにて取締役CSOとして経営企画と戦略人事を担当。
現在は大手上場企業から中堅・中小企業まで、成長戦略の立案、M&Aコンサルティングを得意とする。
日本企業がこれまで以上に大きく成長していくための「ビジョン・戦略実現型M&A」を提唱。



竹内 健太(モデレーター)
株式会社ビズリーチ 事業承継M&A事業部マネージャー
早稲田大学政治経済学部、ペンシルバニア大学ウォートンMBA卒業(北京大学交換留学)。
新卒で外資系投資銀行へ入行し、M&Aアドバイザリー、資金調達、アライアンス推進業務に従事。
その後、株式会社ミクシィの経営企画室長として同社のターンアラウンドを推進。事業売却、公募増資、クロスボーダーVC投資等を主導。
2015年、株式会社ビズリーチに参画。
管理本部本部長を経た後、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」の事業開発を行う。

開催日時

開始日時:2018/04/26(木) 19:10

終了日時:2018/04/26(木) 21:45

Googleカレンダーに登録

開催場所

東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F

東京都 渋谷区渋谷 2-15-1 渋谷クロスタワー 12F

03-6450-5169

主催者情報

ビズリーチ・サクシード

【ビズリーチ・サクシードとは】
株式会社ビズリーチの運営する国内で多くの承継案件が集まる日本最大級の事業承継 M&Aプラットフォームです。

譲渡企業は、「ビズリーチ・サクシード」に、会社や事業の概要を匿名で登録でき、
譲り受け企業は、その情報を検索して閲覧、メッセージを送信することができます。
これにより、譲渡企業は自社の市場価値を知ることができ、経営の選択肢の一つとして事業承継M&Aを早期から検討できるため、経営の選択肢が広がります。

参加者 (2)