このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

2/10(水)VIPOアカデミー 業界研究ベーシックコース Vol.7「『映画業界』攻略セミナー」

2021/02/10(水) 18:00 ~ 21:30

オンライン(Zoom)開催

[主催] 映像産業振興機構 人材育成事業部(VIPOアカデミー)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • VIPO会員

      受付期間が終了しました

    • ¥5,500
    • -
    • 団体会員

      受付期間が終了しました

    • ¥6,600
    • -
    • 一般

      受付期間が終了しました

    • ¥7,700
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要


「ジャンルを超えたビジネス展開ができる人材へ」


コンテンツ業界各ジャンルとその展開エリアを学び、ジャンルを超えたコンテンツビジネスを創造できる人材へと進化していくためのきっかけを提供します。

1.コンテンツ業界の各ジャンルのビジネスが理解できる
2.コンテンツ業界の成功パターンが学べる
3.社外の同世代とのネットワークが構築できる


【受講対象者】
コンテンツ業界各ジャンルの基礎的な知識を習得したい方
<定員:50名>


【日時】
「『映画業界』攻略セミナー」
2月10日(水)18:00~21:30(17:45開場)


【プログラム】
18:00-19:00 第1部 講演 「業界分析」
業界の市場や展望および課題、収益構造などを解説
19:00-20:30 第2部 講演 「事例研究(2社)」
ビジネスモデルおよび成功事例や失敗談などを解説
20:40-21:30 第3部 「グループディスカッション」
講師からのテーマ設定に基づいてグループで意見交換


【講師と講演テーマ】
第1部 講演 「業界分析」



三宅 洋⼀郎 氏(株式会社 野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部⻑ 上席コンサルタント

「映画産業に関連する市場の現状と今後について」

1.映画産業の全体像
2.興⾏市場の動向
3.ビデオ・配信市場の動向
4.放送市場の動向
5.まとめと今後の⽅向性

(講師プロフィール)
情報通信業界における事業戦略⽴案、オペレーション改⾰、マーケティング戦略⽴案などの調査・コンサルティング 業務に従事。
特に、放送、コンテンツ配信・映画・パッケージソフト、新聞を中⼼としたコンテンツ・メディア領域を専⾨として いる。
主な共著書に、『これから情報・通信市場で何が起こるのか(2005年版〜2020年版)』、『業界再編Now & Future』
など。



第2部 講演 「事例研究(1社目)」



村⽥ 祐⼀ 氏(東宝株式会社 映像本部 デジタル・コンテンツ営業部⻑ 

「映画の二次利用」

1.⾃⼰紹介
2.国内での映画配信の初期(TVOD)
3.海外勢の上陸とSVOD
4.コロナ期前後からの内外の動き(PVOD含め)
5.今後の展望

(講師プロフィール)
1992年 東宝⼊社、映像事業部管理課に配属
1994年 映像事業部 映像ソフト制作室でソフト制作、作品調達に従事。
 パッケージ化業務の他、アニメ、テレビ番組〜邦画制作・出資、洋画購⼊を担当。
2012年 映画営業部 映画事業室 に異動、映画のテレビ局、配信事業者向セールスを担当。
2018年 デジタル・コンテンツ営業室誕⽣。映画だけでなく、テレビ映画、アニメなど、
 新旧の東宝作品の番販・配信をワンストップで扱うことに。
2020年 上記の部署が、デジタル・コンテンツ営業部となる。


第2部 講演 「事例研究(2社目)」



⾕島 正之 氏(アスミック・エース株式会社 映画事業本部 映像事業部 副部⻑ 

「映画及び映像コンテンツの企画・プロデュースにおける実像」

1.アスミック・エースと映像バリューチェーン
2.企画における発想、そのあり⽅
3.企画・プロデュースの実像

(講師プロフィール)
1967年東京出⾝。91年にヘラルド・エース、現アスミック・エースに⼊社。
宣伝部に所属し、『海の上のピアニスト』『カルネ』『ザ・リング』『のぼうの城』など、洋邦問わず30本以上の 作品を宣伝プロデュース。
07年から製作部に所属し、プロデューサーとして『⻄の魔⼥が死んだ』(⻑崎俊⼀/08)、⽇本及びアジア圏初のデ ジタル3D映画『戦慄迷宮3D』(清⽔崇/09)、ヴェネチア国際映画祭コンペティション部⾨正式出品作『鉄男 THE BULLET MAN』(塚本晋也/09)、増⽥セバスチャン監督による極彩⾊ミュージカル・ファンタジー『くるみ割 り⼈形』(14)、園⼦温監督の異⾊作『リアル⻤ごっこ』(15)と『愛のむきだし【最⻑版 ザ・テレビショー】』 (17)を製作。共同製作として『さくらん』(蜷川実花/07)『ヘルタースケルター』(蜷川実花/12)。
最近は、⼤友啓史監督との7年越しの作品『3⽉のライオン【前編】【後編】』(17)や、⽩⽯和彌監督・問題作『⿇ 雀放浪記2020』(19)があり、また、⼤野⼤輔監督作『アストラル・アブノーマル鈴⽊さん』(18)や枝優花監督作 『放課後ソーダ⽇和』(18)などで若⼿監督によるYoutube版と映画版の同時制作を⾏った。

最新作は、⽵中直⼈、⼭⽥孝之、齋藤⼯、3⼈の監督による『ゾッキ』(21年公開予定)の企画を担当。 著書に「3D世紀/驚異︕⽴体映画の100年と映像新世紀」(ボーン・デジタル刊/共著)。

<参考URL> ・ウィキペディア https://goo.gl/mlbSPR
・otokotoインタビュー記事 https://otocoto.jp/interview/ikenobe100/
・マイナビニュース記事 http://news.mynavi.jp/series/3lion/009/
・禁⽌会議(YouTube動画) https://www.youtube.com/watch?v=fTdko5vRq8w
・映画「ゾッキ」公式サイト https://zokki.jp/
・映画「⿇雀放浪記2020」公式サイト http://www.mahjongg2020.jp/
・映画「3⽉のライオン」公式サイト http://www.3lion-movie.com/


【開催】
Zoomにて開催。
お申し込み後にご参加のURLを発行し
開催2日前までにご登録のメールアドレス宛にお知らせします。
あらかじめ、@vipo.or.jp を受信許可に設定してください。

【受講料】
VIPO会員 5,500円、団体会員 (※) 6,600円、一般 7,700円 
(金額はすべて税込)
※団体会員・・・VIPO会員団体に所属する会員企業
(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、一般社団法人日本動画協会、一般社団法人日本レコード協会など)
※受講料の区分を十分ご確認の上お申し込みください。
料金区分のお間違いに関して、当方は一切の責任を負いません。

<参考>VIPO会員一覧はこちら

http://www.vipo.or.jp/about/member-introduction/


【注意事項とお願い】
・キャンセル欠席された場合、返金致しません。ご了承の上、お申込ください。
・当日の講座は録画を行います。
 VIPOのWebサイト、その他の媒体に掲載することがございます。あらかじめご了承ください。

開催日時

開始日時:2021/02/10(水) 18:00

終了日時:2021/02/10(水) 21:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン(Zoom)開催

主催者情報

映像産業振興機構 人材育成事業部(VIPOアカデミー)

VIPOが2015年度から新たに実施しているコンテンツ業界に特化した人材育成事業、それが「VIPOアカデミー」です。
VIPOの持つ幅広い業界ネットワークを最大限に活かした独自のプログラムにより、コンテンツ業界のリーダー育成を目指しています!

【VIPOアカデミー 6コース】

*コーポレートリーダーコース
*プロジェクトリーダーコース
*グローバルビジネスコース
*リーガル・エッセンシャルコース
*ファイナンス・エッセンシャルコース 
*業界研究ベーシックコース