このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

kintone devCamp Step1 ​@名古屋 - JavaScript と kintone

2019/03/28(木) 15:00 ~ 17:00

​ベースキャンプ名古屋 (モンマートビル5階, 3-18-5, 名古屋市中村区名駅, 日本)

[主催] kintone devCamp

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要


ステップで学ぶkintoneカスタマイズ!
JavaScript と kintone の関係
書き方を知るの巻

※ この『ステップで学ぶkinttoneカスタマイズ!』勉強会の専用サイトはコチラです。
全部で4ステップありますので、是非、専用サイトの内容をご確認の上、お申込みください。

概要

kintone devCampに参加してみたいけど、参加できなかった方いませんか?
たとえば・・・

「kintone devCampのハンズオンに参加したいけど、私ではついていけないのでは...」
「"dev"というと難しそうだし、私デベロッパーじゃないし、無理かな...」
「JavaScriptなんてやったことないけど、kintoneカスタマイズには興味あるからドキュメント読んでみたけど挫折した...」

そんな方に是非参加していただきたい勉強会がこちらです!!

この Step1 では、JavaScriptの概要と書き方からスタートするので、わからないという方でも受講可能です。
また、講師以外に、すぐに質問できるメンターもいるので、挫折してしまった方も安心してご参加ください。

プログラミング知識がない方は、kintone devCamp Step1 と kintone devCamp Step2 のセット受講がおすすめです!

こんな方におすすめ!

  • kintone カスタマイズで必要になる JavaScript の基礎を学びたい

推奨スキルレベル

  • ​​kintone のアプリ作成経験がある方
  • ​kintone newbieCamp を受講した方

日時
2019年 03月 28日(木) 15:00~17:00
会場
ベースキャンプ名古屋
参加費
無料
定員
15名
主催
サイボウズ株式会社 devCamp運営事務局
スケジュール
・受付開始:14:30~
イベント開始:15:00~17:00
コンテンツ内容
・​​JavaScript の概要と書き方
JavaScript と kintone の関係性
kintone における JavaScript の書き方
実践
 - アラート表示する
 - フィールドの編集不可設定する
 
事前準備物
[受付で必要なもの]
・参加チケット
※申し込みサイトよりお申し込みいただくと、申し込み者宛に申し込みチケット(PDFファイル)がメールにて送付されます。
メール添付のPDFをご用意ください。 (プリントアウト、スマートフォン画面どちらも可)

[ハンズオン時に必要なもの]
・Wifi接続可能なノートPC(タブレットは不可)
・kintone環境(スタンダードコース、かつkintoneシステム管理権限をお持ちのもの)
 - 上記の環境をお持ちでない場合は、事前に開発者ライセンスの取得をお願いします。
 - 開発者ライセンスの発行には、30分ほどお時間いただいております。​​
 - 開発者ライセンス取得方法
  - 1.​ 開発者向けサイト(cybozu developer network)のメンバー登録 
  - 2. 開発者ライセンスの取得(上記のメンバー登録が必要です)
・Chromeブラウザ(勉強会で利用するブラウザです。)
・テキストエディタ(おすすめ:Visual Studio Code や Sublime Text

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

終了したイベント

開催日時

開始日時:2019/03/28(木) 15:00

終了日時:2019/03/28(木) 17:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

​ベースキャンプ名古屋

名古屋市中村区名駅 3-18-5 モンマートビル5階

主催者情報

kintone devCamp

◆kintone devCampとは

kintone カスタマイズを勉強したい人を対象に、実際に kintone や連携サービスを触りながら、会場で一緒に学んでいくサイボウズ主催の勉強会です。

◆kintone とは

アプリを自由に作れ、あらゆる業務の問題を素早く解決できるクラウドサービスです。GUIで素早くアプリを作れるほか、JavaScriptによるカスタマイズも容易です。データ連携用のAPI(REST形式)も用意しています。

◆サイト

kintone:kintoneの製品サイトです。
cybozu developer network:APIドキュメント、サンプル記事の公開や、無償開発者ライセンスの提供などを行っているサイトです。
ステップで学ぶ kintone カスタマイズ:全4つのステップを踏んで kintone カスタマイズを学習できる勉強会のサイトです。