このイベントをシェア

フォーラム 「多文化共生社会をデザインする:アジアの視点から」

2019/10/20(日) 13:00 ~ 17:00

東京ミッドタウン・デザインハブ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター (ミッドタウン・タワー5F, 7−1, 港区赤坂9丁目, 東京都, 107-6205, Japan)

[主催] 国際交流基金アジアセンター

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 第1部:13時~14時15分 公開ディスカッション「多文化社会をデザインする」
    • 無料
    • 第2部:14時30分~16時30分 公開セミナー「多文化共生:アジアの視点から」
    • 無料
    • 第1部、第2部 通し参加
    • 無料

イベント概要

国際交流基金アジアセンターは、「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト」の一環として、日本を含むアジアで多文化共生に取り組む実践者によるフォーラムを開催いたします。第1部は、日本の事例や取り組みについて、また、2019年度プログラム「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト:多文化共生とアート」について報告を行います。第2部は、アジアの多文化共生事例について、アジア各国から招へいしたEYESプロジェクトフェローより現場の声を聞く機会とします。
現在アジアを取り巻く人の移動(mobilization)の最新動向と、アジア各国における多文化共生への取り組みについて多角的な視点で知り、相互に考えあう機会です。第1部のみ、第2部のみのご参加も可能ですので、ぜひお越しください。 


【イベント詳細】
20191020日(日曜日)
1部:13時~1415分 公開ディスカッション「多文化社会をデザインする」
2部:1430分~1630分 公開セミナー「多文化共生:アジアの視点から」
※終了後、登壇者との交流の機会があります。(30分程度) 

【プログラム】
※プログラム内容は、変更の可能性もございます。

1部 公開ディスカッション 「多文化共生をデザインする」
13001305         ご挨拶・趣旨説明(国際交流基金)
13051325       「日本における外国人受け入れの現状」(徳永智子氏)
13251340        「アートを通じた多文化共生取り組み事例紹介」 (海老原周子氏)
13401350       「労働人材送り出し国フィリピンの現場」 (EYESプロジェクト報告)
13501400       「外国人受け入れ国日本の取り組み」 (EYESプロジェクト報告)
14001415         Q&A、ディスカッション

2部 公開セミナー「多文化共生:アジアの視点から」 
14301445       フィリピンの事例
14451500       インドの事例
15001515       マレーシアの事例
15151530       タイの事例
15301545       インドネシアの事例
15451600       ミャンマーの事例
16001630       Q&A+トークセッション 

【パネリスト】
徳永智子氏 (筑波大学助教)
筑波大学人間系教育学域助教。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学、米国メリーランド大学カレッジパーク校より博士号(教育学)取得。専門は教育社会学・教育人類学。日本とアメリカで移民の若者の居場所づくりやエンパワメントの研究・実践を行っている。複数の文化や言語のはざまを生きる子ども・若者の力や強さが発揮できる教育支援・社会のあり方を模索している。 

海老原周子氏 (一般社団法人kuriya 代表理事)
ペルー、イギリス、日本で多様な文化に囲まれて育つ。慶應義塾大学卒業後、(独)国際交流基金・国連(IOM国際移住機関)で勤務。2009年に移民の子ども・若者を対象としたアートプロジェクトを立ち上げ、写真や映像など、これまで100回のワークショップを実施し、多文化なコミュニティづくりを行う。2016年、一般社団法人kuriyaを設立し、移民の若者を対象に、定時制高校での居場所づくりを通じた中退予防やキャリア支援に取り組んできた。2016年「Global Cultural Leadership Programme」日本代表に選抜。2019年より文部科学省 日本語指導アドバイザーを務める。

【モデレーター】
国際交流基金アジアセンター文化事業第2チーム長 鈴木勉

【募集人数】 
80人 

【申し込み受付方法】 
事前申し込み制。以下のいずれかの方法でお申し込みください。

  1. イベントレジストからのお申し込み
  2. メールでのお申し込み

メールの件名を「フォーラム参加申し込み」としてお名前(ふりがな)、ご所属をご明記の上、asiacenter_lecture@jpf.go.jpまでメールにてお申込みください。
(団体の場合は、全員のお名前をご明記ください。)

【入場料】
入場無料

EYES(アイズ)プロジェクトとは】
 アジアにおける多文化共生社会のあり方を考える、全13日の研修プログラム。参加者は各国でダイバーシティを推進する次世代リーダー。フィリピンと日本を研修地とし、文化的差異を包摂し豊かな社会の形成を目指す「多文化共生」を考えます。13日間の研修を通して、アジア域内における実務者間のネットワークを形成し、研修地両国における「人の移動」の実態(フィリピンにおける送り出し国の側面、日本における受入国の側面など)や「多文化共生」推進活動を理解するとともに、アートの手法を取り入れたワークショップを行うことで「多文化共生」社会を学び、推進します。
※EYESプロジェクト2019フェローについては、こちらをご覧ください。
https://jfac.jp/culture/events/e-eyes-for-embracing-diversity-2019-forum/

 

*****************************************************************************************

[イベントの内容、空席状況の確認などについて]
国際交流基金アジアセンター 文化事業第2チーム
03-5369-6025(平日10:00-18:00) 

[EventRegist の動作や使い方・操作でご不明な点について]
下記メールアドレス宛にご連絡をお願いいたします。
contact@eventregist.com
※原則1営業日以内に回答されます。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/10/20(日) 13:00

終了日時:2019/10/20(日) 17:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

東京ミッドタウン・デザインハブ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

東京都 港区赤坂9丁目 7−1 ミッドタウン・タワー5F

03-6743-3776

主催者情報

国際交流基金アジアセンター

国際交流基金アジアセンター、アジアの人々の間に共感や共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。