このイベントは終了しました。

FIN/SUM Fintech&Regtech Summit

2019/09/03(火) 09:00 ~ 2019/09/06(金) 19:00

丸ビル(東京・千代田)ほか (丸の内ビルディング, 2-4-1, 千代田区丸の内, 東京都, 1006390, Japan)

[主催] 日本経済新聞社、金融庁

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 4DAY 一般(Normal)

      受付期間が終了しました

      ・4日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 4 days)
    • ¥120,000
    • -
    • 4DAY PLUS(録画セッションアクセス権付)

      受付期間が終了しました

      • ・4日間全ての会場・プログラムに参加出来ます(Ticket for all sessions through 4 days)
      • ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)
    • ¥140,000
    • -
    • 4DAY PREMIUM(動画・VIPネットワーキングパーティ付)

      受付期間が終了しました

      ・4日間全ての会場・プログラムに参加出来ます(Ticket for all sessions through 4 days)
      ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)
      ・9/4のVIPネットワーキングパーティ参加チケット付(Right to attend welcome networking party in the evening on Sept. 4)

    • ¥160,000
    • -
    • 学術・公務(Acedemia、Public business)

      受付期間が終了しました

      学生、教員、公務員 限定(当日身分証明書の提示が必要です)
      Tichets for students, fuculty members and public officials only (Need to show ID at the reception)


      ・4日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 4 days)

    • ¥20,000
    • -
    • 学術・公務 PLUS (Acedemia、Public business)

      受付期間が終了しました

      学生、教員、公務員 限定(当日身分証明書の提示が必要です)
      Tichets for students, fuculty members and public officials only (Need to show ID at the reception)


      ・4日間全ての会場・プログラムに参加出来ます (Ticket for all sessions through 4 days)
      ・録画したセッション動画に後日アクセス可能 (Access right for recorded sessions via streaming distribution with password after the event)

    • ¥40,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2019/10/03(木) 14:29 更新
FIN/SUM通信  10月3日
北尾吉孝SBIホールディングス社長が日経CNBCに出演

FIN/SUMから約1カ月。イベントで「地域金融機関と第4のメガバンクを実現していく」という構想を打ち出した北尾吉孝SBIホールディングス社長が明日10月4日(金)の「投資の日」に日経CNBCの番組に出演します。FIN/SUM参加者の皆さまに、特別の無料視聴サービスのご案内をいたします。また新たな構想が飛び出すかもしれません。
ご案内
日経CNBCでは、 「投資の日」の10月4日(金)に「きょうは丸ごと 磨け!マネー力」と題して特別編成での放送を行い、そのなかでSBIホールディングスの北尾吉孝社長が登場します。当日はケーブルテレビ以外のご視聴手段として、有料動画配信サービス「日経チャンネルマーケッツ」のライブ番組が8:15から21:55まで無料配信されます。

◆無料視聴方法(10月4日): 日経CNBCの動画ページとTwitterの日経CNBCアカウントでご覧いただけます。 
日経CNBC動画ページ  ⇒ https://channel.nikkei.co.jp/m/
Twitter公式アカウント ⇒ https://twitter.com/nikkei_cnbc

◆番組について
金融トーク 「金融大変革のチャンス到来」
ゲスト:SBIホールディングス 社長 北尾 吉孝
2019年10月4日(金) 13:30~(「昼エクスプレス」内)
内容:創業から20年が経過し、証券、銀行、保険を中核にした金融サービスなどの事業展開を進めるSBIグループ。株式売買代金シェア、ネット専業銀行での預金残高など、トップランナーの地位を固めつつあります。「金融イノベーター」たることをうたって、インターネット技術を活かした価格破壊や売買利便性の向上、シナジーを効かせた金融機能の展開を進めたことが、個人からの支持の背景にあります。個人が自分自身の老後を守る時代に、金融はどんな役目を果たせるのか。北尾吉孝社長に、地域金融機関との連携を柱とする「第4のメガバンク構想」など、次の一手を聞きます。
詳しくははこちら⇒ https://www.nikkei-cnbc.co.jp/program/1908_kinyutalk

※日経CNBCは24時間マーケット・経済専門チャンネルです。日本をはじめ米国、ヨーロッパ、アジアのマーケット情報を発信。資産形成に役立つ情報や世界経済のホットな情報をお届けする有料専門チャンネルです。全国のケーブルテレビやネット配信で視聴できます。詳しくはこちら⇒https://www.nikkei-cnbc.co.jp/guide

    • 2019/09/09(月) 17:17 更新
FIN/SUM事務局より
テックビューロ ホールディング社提供「ブロックチェーン勉強会」「mijinブロックチェーンPoCパッケージ」のお知らせ

FIN/SUM2019に参加された皆さまに、協賛社であるテックビューロ ホールディングス社からの特典をご紹介いたします。 ご希望の方は申し込みフォームに必要事項をご記入いただき、ご応募ください。

【応募締切:9月13日(金)】
1)ブロックチェーンプライベート勉強会(無料:応募社にもれなく提供)   ※主な内容:ブロックチェーン概要、mijin機能&事例紹介、デモアプリ体験など(所要時間:90分程度)
2)mijinブロックチェーンPoCパック(無料:抽選で3社限定提供)   ※主な内容:約3ヶ月間でmijinブロックチェーンを簡潔に体験できるパッケージプラン (パッケージ詳細は下記ウェブサイト内、「POCパック」をご参照ください)         https://mijin.io/price/

応募条件はブロックチェーンの導入を検討している法人企業(個人、学生は除く)とさせていただきます。
<申し込みフォーム> https://forms.gle/Lkcv6X9HiRDNTAtB8
    • 2019/09/06(金) 17:58 更新
FIN/SUM通信 9月6日
4日間ありがとうございました。また来年会いましょう!

◆9月3日に始まったFIN/SUM2019、ついにフィナーレです。超速報値では延べで1万人を超える方が参加いたしました。セッションによっては立ち見になるなど至らない面もあったことをお詫びもうしあげます。また日経以外の多くのメディアが取材に訪れ、報道という形でこのイベントの成果を広めていただけるものと思います。そして我々は来年に向けての準備に取りかかります。FIN/SUM通信はまだ続きます。メディア報道やイベント分析などをできる限り皆さまにお知らせいたします。そして来年のFIN/SUM2020にもご期待ください。

◆昨日もお伝えした、イベント後のアフターパーティは18:30から。入場パスを持っている方ならどなたでも大歓迎です。丸ビルから皇居外苑に向かって徒歩5分の和田倉噴水公園にてお待ちしております。皇居の緑と丸の内の高層ビルに囲まれるなか、噴水のライトアップや生バンドの演奏もございます。天候にも恵まれたイベント後のひとときを是非この贅沢な場所でごゆっくり、またさらなるネットワーキングの場としてご活用ください。

アフターパーティのご案内や地図 はこちら 

FIN/SUM2019 AFTER PARTY
Starting from 18:30 at Wadakura Fountain Park closing to the Imperial Palace
See https://finsum.jp/public/after-party-en.pdf
    • 2019/09/05(木) 18:26 更新
FIN/SUM通信 9月5日
最終日はどう過ごす。そしてその後は,,,

◆いよいよFIN/SUMも明日6日で最終日を迎えます。正式名称のFintech&Regtech Summitの名の通り、本イベントは規制やその対応コストを下げるレグテックも大きなテーマとなっています。レグテックに興味のある方の明日の過ごし方は
① 13:15-14:15 「社会実装のためのレグテック 〜イノベーションフレンドリーな規制対応を〜」(シンポジウム会場)
② 14:30-16:30 「レグテック&ペインポイントワークショップ」(イノベーションステージ)
③ 17:00-18:00 「国民のペインポイントを吸い上げろ! 〜日本がレグテック先進国になるための方策」(シンポジウム会場)
で決まりです。日本のレグテックの未来がみえてくることでしょう。

◆13:00からは根本匠厚生労働大臣の基調講演もあります。そして最終日の目玉は、なんといってもスタートアップピッチの本選と表彰式です。栄冠は誰の手に。ご期待ください。

イベントが終わったら皇居に向かってGO!!アフターパーティのお誘い
18:30から、会場から歩いて5分の皇居外苑「和田倉噴水公園」でアフターパーティが行われます。FIN/SUMのパスを持っている方はどなたでも歓迎です。 ご案内はこちら 

Invitation to FIN/SUM2019 AFTER PARTY on Sept. 6
Starting from 18:30 at Wadakura Fountain Park closing to the Imperial Palace
See https://finsum.jp/public/after-party-en.pdf
    • 2019/09/04(水) 17:27 更新
FIN/SUM通信 9月4日

明日のFIN/SUMシンポジウム会場は金融庁が主役。午前には遠藤俊英金融庁長官、午後には麻生太郎副総理・財務大臣・金融担当大臣が登壇するほか、巨大テック企業と金融、ブロックチェーン・エコノミー、AIとデータ倫理、APIアーキテクチャー、サイバーセキュリティなど、最先端の話題が満載です。 その他の会場にも魅力あるセッションが揃っています。

イノベーションステージ
◆10:00 SMBCグループ主催「金融サイバー犯罪対策に最新の生体認証サービスを」
◆13:00 大学ビジコン いよいよ大学生の若いアイデアが審査員の前で披露されます。
◆16:00  Money20/20東京ロードショー
     ①Money 20/20 Asia:The New, the Now, the Next
     ②モバイル決済、フィンテック、regtech(レグテック)の普及率が、マーケットによって異なるのはなぜか?
     ③お金はどれだけあれば十分か?
     ④フィンテックの次の戦場としての東南アジアとは?

ワークショップ
◆10:00 日本におけるオンラインレンディングの可能性
◆11:00 Symphonyによる金融業務効率化最前線 ~メガバンク、証券会社の先行例
◆13:00 魅力のある金融機関になるためのエッセンス 〜フィンテック人材に安住の地はあるのか〜
◆14:00 オープンソースファイナンス〜MMT理論から部分準備制度、暗号資産まで
◆16:00 Society 5.0時代の新たなガバナンスモデルの実現に向けて ~法とコードによるイノベーション
    • 2019/09/03(火) 17:41 更新
FIN/SUM通信 9月3日

FIN/SUM初日は盛況な幕開けとなりました。4日は黒田日銀総裁や高島全銀協会長、米国やアイルランドからの大物講演が相次ぎます。並行して行われるセッションも見逃せません。

◆英国ピッチ、大学ビジコンプレピッチ 10時からイノベーションステージでは英国フィンテックピッチが行われます。FINSUMに合わせて英国政府によるトレードミッションとして来日する英国企業によるピッチイベントです。14時からは本会場からちょっと離れた大手町ビル9階のAgVentureLabにて大学ビジコンのプレピッチと学生交流会があります。

◆ワークショップ会場
10:00 暗号資産のセキュリティ再考
13:30 潜在顧客の見える化 ~ Salesforceのフィンテックエコシステム
15:00 プライバシー保護とデータの利活用を実現するData Centric Banking
16:00 最先端のFintechスタートアップ経営者が語る近未来の金融のカタチ

◆イノベーションステージ
10:00 英国フィンテックピッチ
13:00 レギュレーション x テクノロジーが世界を変える
15:00 センシングファイナンス 〜データの世紀の新金融サービス~

◆速報◆ 決定! スタートアップピッチのファイナリスト10社  
4日14:10 スタートアップピッチ・ファイナル #1(5社)
6日11:00 スタートアップピッチ・ファイナル #2(5社)
    • 2019/09/02(月) 20:26 更新
FIN/SUM通信 9月2日
初日のみどころ。シンポジウム会場だけじゃない。

いよいよFIN/SUM開幕です。初日の3日は講演やパネルが目白押し。セッションは7階丸ビルホールのシンポジウム会場だけではありません。 8階のイノベーションステージとワークショップのみどころセッションを紹介します。

◆ イノベーションステージ
①13時からの「スタートアップピッチ #0」は、33社が連続でピッチを展開。投資家や企業関係者、メディアを前にしたわずか3分間のピッチは迫力満点。
②16時からは日銀が主催する「プロジェクト・ステラ : DLTと決済インフラの未来の探究」。金融市場インフラへのブロックチェーンなどのDLT(分散型台帳)技術の応用可能性を探ることを目的とした日銀と欧州中央銀行の共同調査プロジェクトを紹介します。

◆ワークショップ
①14時からの「北欧デンマーク・フィンテックセミナー ~デジタル融合とフィンテックの未来~」はフィンテック先進国であるデンマークのデジタル化動向に加えて、フィンテックの新たな可能性についてデンマークの専門家が解説します。
②15時からは「どう使う? 溜まったキャッシュレスデータ」。キャッシュレス推進とともに溜まる購買者データ。データは誰のものなのかという観点から、データビジネスの将来を議論する。登壇企業はファミリーマート、三菱UFJ信託銀行、マネーフォワード。モデレーターはキャッシュレス推進協議会の福田好郎事務局長。
③16時の「SMBCグループがロボット投信と取り組むオープンイノベーションの現場」ではスタートアップへの出向プロジェクトによりイノベーションを推し進めるSMBCグループの取り組みについて、ロボット投信と共に実例を紹介します。
④17時からは「海外オープンAPIの潮流と日本の進む道」。先行する欧州など、海外でのオープンAPI、オープンバンキングの取り組みの現状とその背景にある理念、そこから見える日本の金融イノベーションの進むべき道とにr越えるべき課題について討論します。モデレーターは瀧俊雄マネーフォワード取締役、Fintech研究所長。
    • 2019/09/01(日) 07:51 更新
FIN/SUM通信 9月1日

◆社会実装されたフィンテックには社会の課題解決にも期待がかかります。金融包摂や人生100年時代に向けたフィンテックの役割をテーマにしたセッションもあります。
9月3日
16:00 フィンテックは高齢化社会を救うか?
17:00 Dynamic Money Management ~フィンテックが切り拓く未来の資産管理
9月4日
17:00 人生100年時代の救世主!? 〜ポイント投資の侮れない実力
9月5日
10:00 日本におけるオンラインレンディングの可能性
9月6日
09:15 20憶人の金融包摂とフィンテック

 ◆スタートアップピッチ参加企業も事前チェック
 スタートアップピッチ参加33企業
スケジュール
9月3日13:00 スタートアップピッチ#0(予選)
9月4日14:10 スタートアップピッチ・ファイナル #1(予選通過5社)
9月6日11:00 スタートアップピッチ・ファイナル #2(予選通過5社)
9月6日 16:30 表彰式
    • 2019/08/31(土) 15:47 更新

FIN/SUM通信 8月31日
 プログラムができました

9月3日の開催まであと4日。これまで公式HPにて更新していたプログラムを簡単にみることができるようにパンフレット化しました。ダウンロードも可能です。

ダウンロードはこちらから
FIN/SUUMプログラム  日本語版  英語版

FIN/SUM公式HP(https://finsum.jp/ja/)からもダウンロード可能です。

なお、パンフレットはスケジュールに変更があった場合はさらに更新いたします。最新の情報のチェックをよろしくお願いいたします。

    • 2019/08/31(土) 09:19 更新
FIN/SUM通信 8月31日
FIN/SUMの魅力的なコンテンツづくりには協賛企業も関わっています。今回のFIN/SUMの主な協賛企業を紹介します。

◆SMBCグループは、銀行、リース、証券、クレジットカード、コンシューマーファイナンス等、幅広い事業を展開する「複合金融グループ」です。「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」というビジョンの実現を目指してまいります。
FIN/SUMでは9月4日10時から全国銀行協会会長を務める髙島誠頭取CEOが講演。9月5日10時からの「金融サイバー犯罪対策に最新の生体認証サービスを」を主催します。

◆MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)は、360年以上の歴史を持つ金融グループです。東京に本社を置き、国内600拠点、世界50以上の国に約3,000拠点のグローバルネットワークを展開しています。
FIN/SUMでは9月4日16時からの「最先端のFintechスタートアップ経営者が語る近未来の金融のカタチ」を主催します

◆NTTデータは、情報技術で世界中の新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献します。お客様と長期にわたるゆるぎない関係を築き上げ、その夢を実現することが、私たちの使命です。
FIN/SUMでは9月4日15時からの「プライバシー保護とデータの利活用を実現するData Centric Banking」を主催します。

◆EY Japanは、EY(アーンスト・アンド・ヤング)の日本におけるメンバーファームの総称です。各法人は、独立した法人として相互に連携しながら、サービスを提供しています。
FIN/SUMでは9月4日13時からの「レギュレーションx テクノロジーが世界を変える」を主催します。

◆農林中央金庫は、農林水産業者の協同組織を基盤とする全国金融機関です。「農林水産業と食と地域のくらしを支えるリーディングバンク」を目指し、変化を追い風に、新たな価値創造へ挑戦していきます。
FIN/SUMでは9月5日13時から開催する「大学ビジコン」を協賛します。

各イベントや登壇者の詳細など最新情報は公式HP(https://finsum.jp/ja/)でご確認ください。
    • 2019/08/30(金) 16:45 更新
FIN/SUM通信 8月30日

国内外からの要人がそろうFIN/SUMには協賛企業の協力が欠かせません。今回のFIN/SUMの主な協賛企業を紹介します。

◆SBIグループ:日本におけるインターネット金融サービスのパイオニアとして1999年に設立されました。証券・銀行・保険などの金融サービス事業に加え、ベンチャー企業への投資・育成や海外での金融サービス事業を主とするアセットマネジメント事業及び医薬品・健康食品・化粧品の研究開発・製造から販売までをグローバルに展開するバイオ関連事業を当社グループの3大事業と位置付けています。近年は、フィンテック領域への投資の強化を通じた新技術の導入と業界への拡散に注力しています。
  設立から20周年を迎えたSBIは9月3日10時から北尾吉孝SBIホールディングス代表取締役社長が講演します。また7階の丸ビルホール入り口のホワイエ会場では最新のサービスを紹介する展示も行います。

◆NEC:1899 年の創業時から、「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーに、IT やネットワークを中心に、常により良い製品やサービスを提供することをとおして、お客さまと社会に貢献してきました。現在ではブランドステートメント「Orchestrating a brighter world」のもと、私共の ICT アセットとお客さまとの共創を通して、さまざまな社会課題の解決を目指す「社会価値創造型企業」として事業を進めています。
  NECは9月4日10時20分に始まるパネル「Future of Banking」を主催。情報を使いこなし挑む人々を支える金融機能は、データやデジタルテクノロジーでどう変わるのかを内外の起業家、金融関係者、政治家を交えて議論します。

◆Mastercard:世界最速の決済ネットワークを運用するテクノロジー企業です。世界210を超える国や地域で革新的なペイメントソリューションを提供し、金融機関、加盟店、政府、企業などをつなぐ、ペイメントエコシステムの中心的役割を担っています。ショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など、幅広い決済領域において、シンプルで高い効率性と安全性を実現するプロダクトおよびソリューションを提供しております。
  Mastercardは9月3日11時10分からディビット・ケル日本地区 副社長 プロダクト部門責任者が「New Rules for a New Game – 金融サービスの新潮流を紐解く」のタイトルで講演、Mastercardのアプローチを紹介します。

イベントや登壇者の詳細が固まりました。公式HP(https://finsum.jp/ja/)で最新情報をご確認ください。
    • 2019/08/29(木) 15:07 更新
FIN/SUM通信 8月29日
見逃せないスタートアップピッチ

◆SUMシリーズで恒例となったスタートアップによるピッチコンテスト。世界14ヶ国から集まった優秀なフィンテック関連スタートアップが投資家や企業関係者、メディアを前に競います、予選にあたるスタートアップピッチは3日13時から15時半まで8階のイノベーションステージで各社が3分でビジネスモデルを披露、ここから選ばれた10社が4日14時10分からと6日11時からの2回にわたって丸ビルホールでの本選に臨みます。

◆今回注目されるのが、5日13時からイノベーションステージで実施する、大学関連スタートアップや大学生チームによるビジネスコンテストです。東京大学、大阪大学など全国の大学が国立情報学研究所(NII)らと連携し、全国に張りめぐらされた高速・広帯域かつ安全な学術情報ネットワーク(SINET)を用いて、AIやデータを活用し新たなビジネスの創出を目指すコンテストです。

◆4日午前10日からイノベーションステージでは英国フィンテックピッチが行われます。FIN/SUMに合わせて英国政府によるトレードミッションとして来日する英国企業によるピッチイベントはフィンテック先進国である英国の最先端技術を披露することになりそうです。

各イベントや登壇者の詳細など最新情報は公式HP(https://finsum.jp/ja/)でご確認ください。
    • 2019/08/26(月) 17:22 更新
FIN/SUM通信 8月26日

今話題のキャッシュレスをテーマにしたセッションは9月3日に2つと4日に1つ。これから進むキャッシュレスによって日本の社会がどう変わっていくのかを議論します。

◆キャッシュレス率80%の日本 ここまで変わる (3日 13:00 - 14:00 )
日本のキャッシュレス率が80%となったとき社会やお金の世界はどうなるのか。キャッシュレスを推進する企業の取り組みや考え方を通じ、日本の進むべき道筋を議論しまする。登壇企業は楽天、PayPay、リクルート、みずほFG、モデレーターは経済産業省の津脇キャッシュレス推進室長が務めます。

◆どう使う? 溜まったキャッシュレスデータ  (3日 15:00 - 16:00)
キャッシュレス推進とともに溜まる購買者データ。これらをどう活用するべきか。そもそもデータは誰のものなのかという観点から、データビジネスの将来を議論する。登壇企業はファミリーマート、三菱UFJ信託銀行、マネーフォワード。モデレーターはキャッシュレス推進協議会の福田好郎事務局長。

◆「アフターデジタル」で変わるキャッシュレスの世界 (4日 13:00 - 14:00))
日本のリアルの世界でのキャッシュレス展開する場合の課題は何か。キャッシュレスを外食業界で実践するロイヤルホールディングスの菊地会長と、著書「アフターデジタル」で日本の変革を提唱する藤井保文氏、経済産業省の津脇キャッシュレス推進室長が議論します。

登壇者の詳細など最新情報は公式HP(https://finsum.jp/ja/)のセッションでご確認ください。
    • 2019/08/20(火) 16:41 更新
FIN/SUM通信 8月20日
FIN/SUMの見どころや、セッションの紹介をいたします。 初日の9月3日のセッションでは、
◆お金はどうあるべきか FBリブラの衝撃 Part1(海外編)09:15 - 10:00
◆お金はどうあるべきか FBリブラの衝撃 Part2(国内編)15:00 - 16:00
が注目されます。
フェイスブックが発表したリブラ・プロジェクトに世界中の金融界は震撼しました。G7などでは規制上の問題から実現に懐疑的な意見が多いものの、移動にコストがかからず世界中に瞬時に行きわたるリブラは、人々に「お金はどうあるべきか」というシンプルで本質的な問題を突きつけています。このテーマにするどく切り込むセッションにご期待ください。 登壇者などの詳細は公式HP(https://finsum.jp/ja/)にて。
    • 2019/08/02(金) 09:59 更新
FIN/SUM最新情報
麻生太郎副総理・財務大臣・金融担当大臣のイベントへの登壇が決まりました。9月5日(木)の金融庁主催シンポジウムの閉幕の挨拶をする予定です。開幕の挨拶は遠藤金融庁長官が努めます。

本日8月2日付の日経本紙朝刊P30にて最新の登壇者を含むFIN/SUMのお知らせ全面にて掲載しております。
    • 2019/07/16(火) 16:35 更新

イベント2日目の9月4日午前に、黒田東彦日銀総裁がFIN/SUMシンポジウム会場にて講演することが決定いたしました。最新のFintechの動きを中央銀行総裁がどのようにみているのか、ご期待ください。

イベント概要

日本経済新聞社は金融庁と共催で、9月3~6日の4日間、金融とテクノロジーの融合をテーマにしたグローバルイベント「フィンサム2019」を東京・丸の内エリアで開催します。4回目となる今年は、フィンテックがキャッシュレスなど実際のビジネスや社会課題解決に活用されるフェーズに入ったことから、キーコンセプトを「新しい成長の源泉を求めて」としました。国内外の金融機関や大手企業、行政機関などが、フィンテックのもたらす新たな社会の姿について議論するとともに、政府のデジタル化や、規制やその対応コストを下げるレグテックもテーマとします。同時に内外のスタートアップによるピッチコンテストも開催します。
https://finsum.jp/ja

【注意事項】

  1. チケットは定員に達し次第、お申し込み受け付けを終了いたします。
  2. 本イベントでは「プリントアウトしたチケット」もしくは申込時のメールに添付される「PDFチケット」でチェックインを行います。当日は、いずれかを必ずご持参のうえご来場ください。
  3. ご記入いただいた個人情報は本イベントの協賛企業に提供する場合があります。
  4. 本イベントの模様を撮影し、広報活動のために使用します。
  5. お申込み頂いたチケットのキャンセルは、原則お受けいたしません。予めご了承ください。

NIKKEI, the most infuential business daily in Japan, and Japanese Financial Services Agency will hold FIN/SUM (Fintech and Regtech Summit 2019) on Sept. 3 to 6 at Marunouchi area in Tokyo, Japan. FIN/SUM is the most influential fintech summit and conference In Asia that connects the global finance and tech industries.The 4th FIN/SUM's main theme is "Discover New Sources of Growth with Multi-Stakeholder Collaboration." Fintech is no more a term of innovation. It is entering a next phase to get real fruits both economically and socially. Through the event, we aim to discover new sources of growth to solve the world’s social agenda such as environmental issues, aging society and regional economic gaps with many stakeholders through collaboration.
https://finsum.jp/

【Imprtant notes】

  1. After the chikets reached the capacith, we will not accept more applicants.
  2. Chikets will be sent by e-mail. Please bring it and show at the reception of the event.
  3. Nemas and e-mail addresses of chiket holders may be ofered to the plutinum or gold sponsors of the event for their public relations purpose.
  4. Organisers will record the event and use the recorded materials for the public relations purpose.
  5. Chikets are non-refundable.

開催日時

開始日時:2019/09/03(火) 09:00

終了日時:2019/09/06(金) 19:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

丸ビル(東京・千代田)ほか

東京都 千代田区丸の内 2-4-1 丸の内ビルディング

主催者情報

日本経済新聞社、金融庁

主催: 日本経済新聞社 / 金融庁