このイベントは終了しました。

【東京】国内企業の海外進出動向とグローバルリスク管理の実践

2018/12/07(金) 15:00 ~ 17:00

東京商工リサーチ セミナールーム (JAビル, 1-3-1, 千代田区大手町, 東京都, 1006810, 日本)

[主催] 株式会社東京商工リサーチ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 2018/12/7(金)海外リスクマネジメントセミナー 受講票

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

海外リスクマネジメントセミナー

国内企業の海外進出動向と
グローバルリスク管理の実践


アジアをはじめとした新興国の経済発展は著しく、国内企業の海外進出はますます加速しています。一方で、日本とは異なる商習慣やインフラなど様々な要因が障壁となり、多くの企業にとって海外でのビジネス展開は容易ではありません。そのため、特に情報の入手が困難な海外企業との取引に関しては、信頼できるデータに基づく意思決定やリスク管理を徹底する必要があります。そこで今回、海外進出支援に関して豊富な実績とノウハウを有する日本貿易振興機構(JETRO)の担当者をお招きし、調査に基づく、日本企業の海外事業拡大国や、投資先国のビジネス環境、FTA利用やデジタル技術の影響などについてお話しいただきます。また、TSRからは、全世界3億件超の企業情報データベースを活用した効率的な海外リスク管理手法について、独自の観点からご説明いたします。


【開催概要】

[日時] 2018年12月7日(金) 15:00~17:00 (14:30受付開始)

[対象] 海外ビジネス、海外与信、営業・マーケティングご担当者様

[人数] 40名様  ※個人、同業の方はご遠慮願います

[費用] 無料


【アジェンダ】

15:00~15:50 日本企業の海外事業展開への取り組み状況について
  独立行政法人日本貿易振興機構 海外調査部 国際経済課長 米山 洋 様

米トランプ政権の打ち出す政策が世界を揺さぶっています。加えて、デジタル技術の急速な発展が既存のビジネスに変革を迫っています。このように世界経済が激変するなか、日本企業の海外ビジネスは今後どのような展開が見込まれるのか。講演では、ジェトロが実施したアンケート調査結果をもとに、日本企業の海外事業拡大先の国別ランキングや、主な投資先国のビジネス環境比較(魅力・長所および課題)、FTAや外国人材の活用状況、注目が高まるデジタル技術のビジネスへの影響などについて、各種統計・データを交えながら、分かりやすく解説します。

16:00~16:50 拡大するグローバルビジネスを支えるリスクベースドアプローチ
  株式会社東京商工リサーチ ソリューション開発部 課長 加藤 晃

グローバル化の進展に伴い、日本の各企業は中国やASEANをはじめとした様々な地域に進出し、安価な労働力と豊富な資源を活用した生産性の向上や、成長市場への積極的な営業を展開しています。しかし一方で、貿易摩擦や英国のEU離脱など、昨今のグローバルビジネスをとりまく環境は極めて不透明な状況にあり、今まで以上に正確な情報に基づいた顧客管理が求められています。そこで今回、D&Bのパートナーである東京商工リサーチが、財務的リスクやコンプライアンスリスクなど、様々なリスクの最小化を実践するための基本的な考え方についてご説明いたします。特に、今後の動向が懸念されている欧州等を中心に、海外におけるリスク管理を取り巻く環境と取るべきアクションについて、D&Bのグローバルネットワークを背景としたTSR独自の視点から解説いたします。

16:50~17:00 質疑応答

開催日時

開始日時:2018/12/07(金) 15:00

終了日時:2018/12/07(金) 17:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

東京商工リサーチ セミナールーム

東京都 千代田区大手町 1-3-1 JAビル

03-6910-3195

主催者情報

株式会社東京商工リサーチ