このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

【2018.6.30】 日本ラテンダンスコンペティション 夜の部チケット

2018/06/30(土) 18:00 ~ 23:00

浜松町シーバンスホール (東京都 東京都港区 芝浦一丁目2番2号 シーバンス ア・モール3F)

[主催] サルサホットラインジャパン

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 【2018.6.30】 日本ラテンダンスコンペティション (1ドリンク、クローク付き)

      受付期間が終了しました

      お得な 夜の部 早割

      ★早割について : 当日18時まで購入可能な300円オフ! 
      当日(6/30)の18:00まで 2,800円 → 2,500円!(ちょっとした電車代がお得!)
      ※昼の部&夜の部セットは当日受付にてのみ発売※本早割と当日昼の部1000円で合計¥3,500となり、当日のみ購入できる「昼の部&夜の部セット」と同料金になりますので、まだご自身のスケジュールわからなくても損はありません。

      一般入場料について

      昼の部のみ ¥1,000 ※ドリンクなし
      夜の部のみ ¥2,800 w1drink,クロークつき
      昼の部&夜の部セット ¥3,500 ※昼の部ドリンクなし、夜の部1drink、クロークつき、当日のみの発売

    • ¥2,500
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

20181月 第16回日本ラテンダンスコンペティション募集要項と規程 【Ver. 20180131001

1】開催日:2018630() タイムスケジュール(案 ※変更になる場合があります) 11:30 出演者会場入場
12:30 予選会場OPEN
13:00
予選開始
17:00 予選結果発表
18:00 本選会場OPEN
19:00
本選スタート
21:30 表彰式
23:00 終了

2】開催場所:シーバンスホール
東京都港区芝浦一丁目
22号 シーバンス ア・モール3F (JR浜松町駅 徒歩8)

3】本コンペティションの位置づけ
本コンペティションは
12月中旬フロリダ州にて開催のWorld Latin Dance Cup 2018(以下 WLDC)の準決勝出場 の為の予選(Qualify)の場です もちろん上記(JSCWLDC)の出演を希望しない方でも応募し出演することは可能です。 また、本コンペティションの規定は上記WLDCの規定に準じていますが、同一というわけではありません。 WLDC準決勝を目指す方は、別添のWLDCの規定書を参照し、その規程に基づいた選曲・振付構成をすること をお勧めします。 なお、規定に関しては今後変更することがありますのでご留意ください。変更があった場合、都度最新の規約 書をWebにアップします。識別は上記のタイトル右の番号(西暦年月日 整理番号)をご確認ください。

4】出場形態​:ソロ、ペア(男女あるいは同性)、チーム

5】出演部門
サルサペア (On1, On2 共通 -On1,On2は左記同じカテゴリーとなります-) ●バチャータ ペア

上記のペア部門については、プロ、セミプロ、アマチュアの区分により、アクロバット・トリックの有無が 選べます。
※プロアマ基準
/限定・自由振付については2Pの【8】と【9】を参照してください。

・ペア アマチュアクラス 限定振り付け部門
・ペア アマチュアクラス 自由振り付け部門
・ペア セミプロフェッショナルクラス 限定振り付け部門 ・ペア オープンクラス (プロ・セミプロ・アマ ミックスクラス)自由振り付け部門
セイムジェンダー(同性) デュオ(2)
メンズ ソロ
レディース ソロ
オールジャンルサルサ ペアチーム (1)
<On1, On2. キューバン, ルエダ, コロンビアン, Cha-Cha-Cha> ●サルサ シャインチーム (1)
バチャータ シャインチーム (1)
バチャータ ペアチーム (1)
ジュニア(中高生)ペア・ソロ
キッズ(小学生以下)ペア・ソロ
プレミア エイジ ペア (ペアで合計 110歳以上) 1 チーム部門の出演者は各人曲の80%以上踊っていること。

6】出演時間​:ソロ、ペア2分以内、チーム230秒以内の楽曲 WLDC目指す場合はWLDC各部門審査基準へ変更を推奨します。 WLDCの時間規定は基本 130-2分以内です。

日本ラテンダンスコンペティション規約 1 2018.Jan.V1

7】楽曲規定 各カテゴリーに準じた楽曲(例えばサルサ部門であれぱ サルサ)80%以上含むこと。

8】プロアマ基準 上記カテゴリーにはジュニア、キッズ部門を除き以下のプロアマ基準を設定する

プロフェッショナル​:正業、副業に関わらず、以下に一つでも該当する場合
1. 個人が踊ることにより毎回報酬を得ていること
2. 定期不定期に関わらず指導を行い毎回報酬を得ていること ペアでどちらかがプロで一方がセミプロフェッショナルに該当する場合はプロフェッショナルペアとする。

セミプロフェッショナル​:以下に一つでも該当する場合
1. 個人が踊ることにより不定期で報酬を得ていること
2. 定期不定期に関わらず指導を行い毎回報酬を得ず不定期で報酬を得ていること ペアどちらか一方がプロフェッショナルに該当し他一方がアマチュアに該当する者はセミプロフェッショナル ペアと認識する

アマチュア​:以下の両方に該当する 1.個人で踊ることにより一切の報酬を個人として得ていないこと (グループ活動によりグループの一員として得た報酬は除く) 2.有志で指導を行い会場代金以外の金銭を得ていないこと

個人の申請を重視し個人はスポーツマンシップを尊重し、申請に誤りがないよう心掛けること (※2018年度は個人の申請に誤りがあろうとも失格・減点の対象にはならない)

9】限定振付、自由振付 規定 自由振り付け部門 ​定義 リフト・トリックに関してのみ自由である

限定振り付け部門​ 定義
振り付けに関して以下の規範が存在する 一切のリフトは行えずトリックに関してもペア各個人の片足が常にフロアーに接していること ※各個人が離れた状態で踊る場合(シャインパート)は常に両足がフロアーに接する必要はない

リフト​ 定義
個人が組んでいる相手の身体に触れた状態で 個人が組んでいる相手の両足をフロアーから離れさせ 個人が組んでいる相手を肩以上に持ち上げること又それに伴うトリック

トリック​ 定義
各個人の脚の状態に関わらず
個人が組んでいる相手の身体を スピン以外のテクニックを使用して縦・横又他方向へ回転等させること

10】衣装規定
男性衣装 ズボンのサイズは自身の体型にあったものを着用する。(小さすぎてお腹周りの食い込みがないように) トップスは自身の体型にフィットするものを選ぶ。腕を上に上げてそのままお腹が見えてしまうトップスは NG. ズボンのベルト通しがあるのはOKとするが、振り付けによって、ベルトがあることによって怪我の危険性のあ るもの、演目中にボタンに女性の衣装がひかかってしまうようなものは減点となる。 ズボンの裾には靴の下を通すゴムがあることが望ましい。(靴下や素足が見えることは望ましくない) 男性が着用する靴下は、短く足首が出るものでなく、ズボンと同色になることが望ましい。 帽子などを小道具として使用する事は出来無い。 ジャケット着用の場合は、途中で脱ぎ捨てるなどの行為は小道具にあたり、演目の初めから最後まで着用す る。

日本ラテンダンスコンペティション規約 2 2018.Jan.V1

女性衣装 羽根や装飾品をつけるのはOKだが、演目中に落ちすぎる事の無いようにきちんと接着させる。落ちすぎた場 合、減点の対象となる。 網タイツは必ず着用する事。ジュニア、キッズはタイツや靴下を着用する。素足、スキンシューズはNGとす る。 ダンスシューズは、足の甲が美しく見えるようにヒールを着用する(太いヒールはNG)ジュニア、キッズに関 してはローヒール、ジャズシューズが望ましい(スキンシューズはNG) ボトムスに関しては、T-backは禁止とする。また、演目中に食い込んでしまう場合も減点対象となる。 ブラジャーのサイズは自身のサイズにあったものを着用する(演目中にずれてきてしまうものは減点対象とな る)

男性・女性の髪型に関して きちんとディップやスプレーで固定する(演目中に乱れてきてしまう、ウィッグ、ヘアアクセサリーが外れる などは減点対象とする)
髪型をまとめる場合は、ヘアピンのみで固定する事は崩れやすく、望ましく無い

男性/女性とも身体から離れる小道具の使用不可 帽子等物を投げる行為・衣装を脱ぎ捨て投げる行為等 但し衣装等フロアーに落とさない帽子の着用や衣装替 えは可能

11】結果について ソロ、セイムジェンダーは2位までペア、チーム各部門、3位までを入賞としメダルとトロフィーを贈呈しま す。

12】競技形式
予選 ソロ・ペア・チーム全出場者必須
全ての出場者は各自で用意した自由曲部門をおどります。 ソロ・ペア
(サルサ/バチャータ)は規定部門(楽曲提供 SHJ)にて既定のルーティンを含んだものを踊ります。

リハーサル
自由曲のリハーサル時間は特に設けませんが会場は当日
11:30から使用可能の予定です。 会場OPEN前に場当たりなどでステージを使うことは可能です。DJからの音を出すことは不可です。

決勝
同部門の出演組数が
7組以上の場合 予選結果の上位 5組が決勝進出 同部門の出演組数が6組以下の場合 予選結果の上位 3組が決勝進出 自由曲のみ踊ります。 本選では予選の点数の持越しはありません。 楽曲、振付は予選と違ってもかまいません。

13】ソロ・ペア部門の規定ルーチン
規定ルーティン 全てのソロ部門とペア部門​では、複数組同時に、SHJの選曲する課題曲でSHJの指定する規定ルーティンをお どります。以下の「自由曲の部」と合わせペアの部門への参加者は2つの曲を踊ることとなります。 規定曲は予選の結果に反映されます。

・サルサペア・ソロ規定ルーティン
ソロ・ペアダンス参加者
/ ベーシックステップ / サイドステップ / クンビアステップ / ライトターン/ レフト

ターン
・サルサペア規定ルーティン
シングルライトターンリード
/ シングルレフトターンリード / クロスボディーリード / インサイドターンリード / アウトサイドターンリード
・バチャータ ソロ・ペア共通規定ルーティン
イン プレイス ステップ
/ サイドステップ / フォース&バックステップ / サイドターン /
クロスステップ

日本ラテンダンスコンペティション規約 3 2018.Jan.V1

自由曲の部 全ての部門において、出演者の自由選曲の楽曲にて踊る。

14】振り付けの新旧 過去SHJが主催したコンペティションに出品していない作品。新作である必要はありません。 ※以前のSHJコンペティション出場作品と同じでないこと。

15】ステージサイズ
7.2M × 奥行 4.5M (アクリルマット-サルホマット-使用)

16】審査について コンペティション開催当日会場にて複数の審査員に同一の基準で各部門を審査し、その平均点を持って順位決 定します。

17】審査基準について サルサ部門/バチャータ部門とも70パーセント以上の各部門ごとのペアワークテクニックが入ればリフト・ト リック等の禁止・回数制限をせず楽曲調和のみ判断基準とします。

18】審査項目について
●Timing 曲のリズムとステップのカウントがあっているか、ベーシックやクロスボディーリード等基本的な動きが一定 で登録部門・曲のタイミングにあっているかを評価します。

●Technique/Difficulty

技術に関する評価です。ソロ、ペアに係わらず技術的に破たんなく、演じている技術がスムーズに実行できて
いるか、演者の動きに無駄がなく演者に応じた難易度のある技術をこなしているかを評価します。

●Connection/Synchronization

ペアワークに関する評価となります。※ソロは除きます。
ペアとしてコネクション・シンクロが成立して振付ありきでバラバラに踊っていないかを評価します。

●Choreography/Musicality

曲に対して振付が適切な内容で流れができているか、音楽から外れた動きをしていないかを評価します。

●Showmanship & Organization

観客に対して自身の演目を訴えていることができているか、また周囲への配慮があり、衣装などが不愉快なも
のでないかを評価します。チーム部門としては入退場などそろっているか等オーガナイザーとしての評価もこ
の項目に入ります。

19】審査ポイント
●Timing
出演部門のカウント(On1,On2)から外れていないか? ベーシックステップのブレイクポイントが外れていないか? 意図的に外す場合以外に、全体を通して一定のリズムが保たれているか?

●Technique/Difficulty

動作の精度が保てているか?
動作に関してボディーバランスは保てているか?
腕や手の使い方に不自然なところがなくスムーズに使えているか?

●Connection/Synchronization

リード、フォローが成立しているか? 意図しないところで、手が離れないか? ペアでのシンクロができているか(シャイン等)?

●Choreography/Musicality

全体として、曲と振付があっているか?
楽曲の特徴的な音楽表現をいかしているか?
意図せずに音と踊りがずれていないか?

日本ラテンダンスコンペティション規約 4 2018.Jan.V1

●Showmanship & Organization

目線が泳いでいないか?
衣装か不快感を与えていないか?
観客やパートナーへのリスペクトがあるか?
チームとしてステージ上でオーガナイズされているか?
衣装の注意点は以下となります。
各人のデリケートゾーンが透明でない素材でおおわれている必要があります。ジーンズは不可です。女性の場
合はスカートかドレスをお勧めします。また男性は出来るだけ衿のある服の着用をおすすめします。これらは
全体的な印象として審査員に判断されます。

20】採点方法
各審査基準に対し審査員は100点を持ち点とします。 審査員裁量により各審査基準へ逸脱したと認められる競技者の演技に対し減点方式を取ります。 減点ポイント
・競技者の演技の流れで起こる各逸脱があった場合。 ・競技者が演技を競技者の不都合により明らかな演技が停止した場合。
審査員の採点結果は最も高得点を採点した審査員と最も低得点を採点した審査員の採点結果をカットした採点 合計を最終得点結果とします。 チーム部門に関しては出演人数6名を基準として1名増えるごとに総合点に加点します。

21】例外事項 主催者側の機械・技術的問題により競技者の演技を妨げた場合は速やかな再演技を可能とする又それには審査 員の過半数以上の賛成を必要とする

22】申込締切
6/4()まで。​
SALSA HOTLINE JAPANinfo@salsa.co.jp まで既定の申込用紙に記入の上送信と入金を完了してください。 お申込み、ご入金のタイミングにより早期申し込み割引が適用できます。

23】出演料金
下記の
1&2を合わせてお支払いいただきます。 1.出演登録料金 5,000/(ジュニア 2,000/
2.部門参加料金
ソロ部門
4,000/(ジュニア 1,000/
ペア部門
5,000/ペア (ジュニア 2,000/ペア チーム部門 15,000/チーム (6名まで) 6名以上1名増えるごとに2,000/

24】早期申し込み(早割料金)
2月末まで 上記の80% (20%引き)
3
月末まで 上記の90% (10%引き) 申込書の提出と入金を上記期限までに厳守して場合に適用いたします。

25】申し込み方法 所定のフォーム「 ​https://form.jotform.me/80301599806460 」に必要事項を記載しお申し込みください。

合わせて所定の出演料金を下記口座までお振込みください。
※ご入金の確認をもって申し込み完了となります。
【銀行名】三井住友銀行 
【支店】六本木支店 

【口座番号】(普)7199915 【口座名】ユ)サルサホットラインジャパン

以上ご質問のある場合は SALSA HOTLINE JAPAN(SHJ)までお気軽にお寄せ下さい。 TEL 03-5411-4818 E-mail info@salsa.co.jp

キッズ 0/) キッズ 1,000/)

キッズ 1,500/ペア)

日本ラテンダンスコンペティション規約 5 2018.Jan.V1

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2018/06/30(土) 18:00

終了日時:2018/06/30(土) 23:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

浜松町シーバンスホール

東京都 東京都港区 芝浦一丁目2番2号 シーバンス ア・モール3F

03-5730-0277

主催者情報

サルサホットラインジャパン



サルサとは!まさに!ラテン満載のダンス、音楽です。当社はサルサダンス・サルサ音楽を通じて日常に豊かで楽しい彩を加えることをテーマとして活動しています。サルサ情報の発信。サルサを中心としたダンスイベントや音楽講座、ライブ等の企画と運営を行っております。

参加者 (58)