このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

日本におけるeモビリティ活用の現状と将来展望 [Last 10-mile Mobility Seminar #1]

2020/12/11(金) 16:00 ~ 18:00

オンライン(zoom webinar)

[主催] パナソニック株式会社 モビリティソリューションズ モビリティ事業戦略室

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • オンライン参加チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

日本におけるeモビリティ活用の現状と将来展望

中国や欧州で、ガソリン車の製造販売を止めて電気自動車(EV)へのシフトを進める動きが広がっています。日本においても、この秋以降、EV市場に新しい顔ぶれが登場するそうです。また、電動自転車やキックボードなどの多様な小型eモビリティも台頭し、活用促進のための法整備も進んでいます。

EVをはじめとするeモビリティは、排ガスの出ないクリーンな乗り物として注目されてきた一方で、いまだ大きなムーブメントとはなっていないことも事実。国内市場にEVが投入されてから約10年、EVの普及がなかなか進まない理由はどこにあるのでしょうか?航続距離や充電運用への不安、コストなどがハードルとなっているのでしょうか?

本セミナーでは、eモビリティの活用の現状と将来展望について、自動車・環境ジャーナリストの川端由美さんにご講演いただくとともに、eモビリティのメーカー側、運用側、ソリューション事業者などの視点を交えて普及に向けた道のりを探求していきます。

<日程>

2020年12月11日(金) 16:00~18:00


セミナー概要

<プログラム>
第一部 講演「日本におけるeモビリティ活用の現状と将来展望」
    自動車・環境ジャーナリスト 川端 由美 氏

第二部 パネルディスカッション「eモビリティの普及に向けて」
    eモビリティの普及促進に向けた取り組みや課題を、メーカー視点、
    運用事業者視点、サービス提供者視点で深掘りし、目指すべき社会と
    eモビリティ活用のあり方について議論していきます。
 登壇者:自動車・環境ジャーナリスト 川端 由美 氏
     glafit株式会社/代表取締役CEO 鳴海 禎造 氏
     パナソニック株式会社 モビリティソリューションズ担当参与 村瀬 恭通
     ほか (順次掲載させていただきます)

<会場>
  • 本セミナーはオンライン(webinar)開催となります。
  • お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。
  • 接続方法などにつきましては申込み頂いた方に別途お伝えいたします。
<参加費>
 無料

<ご注意>
  • ビジネス向けセミナーにつき、法人のお客様の参加に限らせていただきます。
  • 競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。
  • セミナー内容と登壇者は予告なく変更になる場合がございます
<主催>
 パナソニック株式会社 モビリティソリューションズ モビリティ事業戦略室

登壇者プロフィール


自動車・環境ジャーナリスト/戦略イノベーション・アドバイザー

川端 由美 氏

大学院で工学を修め、エンジニア、自動車雑誌編集部員を経て、自動車ジャーナリストに。自動車のエコロジーとテクノロジーを中心に追う。環境分野では、エネルギー問題などに加えて、女性視点でのオーガニックなど、幅広い取材活動を行なう。内閣官房・構成員、(道路交通ワーキンググループ・自動運転に係る制度整備大綱サブワーキンググループ構成員)、国交省・有識者委員(都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会(MaaS懇談会)ほか)、警察庁・有識者委員(第二種免許制度等の在り方に関する有識者会議ほか)、内閣府・構成員、環境省有識者委員、国土交通省独法評価委員会委員などを歴任。政府機関後援によるシンポジウムへの登壇や機関投資家向けなど、専門性の高い技術や環境問題についてわかりやすい講演に定評がある。

ジャーナリストとして国内外のメディアに寄稿すると同時に、戦略コンサルティング会社、国内上場企業にてアドバイザー、国内・海外のスタートアップ企業にて、ストラテジック・イノベーション・アドバイザーなどを兼務する。 グローバルにおける最新テクノロジーの知見を礎にモビリティ以外の分野も含め、幅広い分野でイノベーション推進に取り組む。


glafit株式会社/代表取締役CEO

鳴海 禎造 氏

和歌山市出身、和歌山市在住。15歳でビジネススタート。2003年に自動車店を起業以後、国内4社海外2社を連続起業。現在も経営中。2017年に日本を代表する乗り物メーカーを目指して設立したglafit株式会社の最初のプロダクト「glafitバイクGFR-01」をクラウドファンディングMakuakeにて発表し、当時最高額となる1億2800万円以上を集め多数のメディアで紹介され話題となる。日経最優秀製品賞やグッドデザイン賞はじめ数多くの賞を受賞。2019年1月にヤマハ発動機と資本業務提携を発表。2月にはパナソニックと電池分野における共同実証を発表。2020年5月には新型の「glafitスクーターLOM」をMakuakeにて発表すると、史上初となる連続1億超えになった。


パナソニック株式会社 参与 モビリティソリューションズ担当
村瀬 恭通

1987年4月松下電器産業(現・パナソニック)入社、松下電子部品、パナソニック エレクトロニックデバイス天津 総経理を経て、以後、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 回路基板事業部長、二次電池事業部長、パナソニック本社経営企画部長などを歴任。19年4月よりモビリティソリューションズを担当。人の生活圏にフォーカスし、くらしを起点に「移動」のあり方を見つめ直すことで、人とコミュニティの新たな可能性を切り拓くことを目指す。

開催日時

開始日時:2020/12/11(金) 16:00

終了日時:2020/12/11(金) 18:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン(zoom webinar)

主催者情報

パナソニック株式会社 モビリティソリューションズ モビリティ事業戦略室