このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

うごラボMEET UP #10『デジタルトランスフォーメーション、ほんとのところ』

2017/08/29(火) 19:30 ~ 22:00

株式会社IDOM (株式会社IDOM, 千代田区丸の内東京ビルディング25F, 東京都, 100-6425, 日本)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 一般参加者枠

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

イベント概要

■イベントについて

「デジタルトランスフォーメーション」って最近よく聞くけど、一体他の会社はどんな取り組みをしているの? 何を定義するの?取り組む中で、どんなことが課題になるの?

自動車産業の中で率先してデジタルトランスフォーメーションに取り組んできたIDOM。
マーケティング分野のデジタルトランスフォーメーションの支援に強みをもつ、電通デジタル。
マーケティング×ITの視点で複雑化する課題の解決支援を行う、プリズマティクス。
企業のデジタルトランスフォーメーション(新規事業開発・デジタルマーケティング)を支援するPrefer Cloudを提供しながら自らも革新的なワークスタイルを実践しているEverforth。

デジタルトランスフォーメーションに積極的に取り組みながら試行錯誤している事業会社と、その取り組みを支援するパートナー企業を今回はお呼びして、両者の視点で参加者のみなさまの意見も交えながら、デジタルトランスフォーメーションについて議論を交わしていきます。

■こんな方へオススメ

・ 変革モードの大企業で働きたいエンジニアの方
・ 新規事業開発などに関わっている方
・ 企業変革に携わっている経営者、経営企画、人事などの方
・ 登壇企業に興味がある方

■タイムテーブル

19:00- 受付開始
19:30- 開催のご挨拶 & 乾杯
19:40- 第一部パネルディスカッション「各社デジタルトランスフォーメーションについてどう考えているの?」
20:10- Q&A
20:30- 休憩
20:45- 第二部パネルディスカッション「各社組織論/パートナーシップあるある」
21:15- Q&A
21:30- 懇親会
22:00- 終了・解散

※プログラムは予告なしに変更になる場合がございます。

■登壇者紹介

株式会社電通デジタル データ/テクノロジー部門 執行役員 佐伯諭氏

1998年早稲田大学大学院理工学研究科修了。デジタルマーケティング領域のデータ解析、アドテクノロジー支援などを担当。前職の電通国際情報サービスではメディア最適化システムやCRMシステムのスクラッチ開発を専門とし、プログラマー&SE歴7年。その後、外資系金融で金融アナリストとして従事。2007年より現職。 ad:tech tokyo2012、2015スピーカー、一般社団法人データサイエンティスト協会 理事 


株式会社Everforth 代表取締役 CEO 森下 将憲氏

株式会社Eストアーでセールス、マーケティング、プロダクト企画に従事。その後、パーソナルコンシェルジュサービスの事業立ち上げに携わり、2010年にEverforthを創業。 非エンジニアでありながら、優秀なエンジニアが自律的に自由に活動してイノベーションを生み出し続けるテクノロジーカンパニーをつくりたい、という想いで事業と組織を推進。 

プリズマティクス株式会社 代表取締役 濱野 幸介氏

2000年、アクセンチュア株式会社入社。主に小売・流通業のIT戦略策定、業務改革、基幹・CRMシステム導入等のプロジェクトに従事。 2009年、株式会社リヴァンプに入社後、小売・流通業の基幹刷新・マーケティングシステム導入を推進。2013年、同社CTOに就任、「MUJI passport」の企画・開発・運営を担当。 2015年より株式会社良品計画にてアドバイザーとしてマーケティング活動全般を技術面より支援。2016年、ECとCRMのAPIプラットフォーム「prismatix」を提供するプリズマティクス株式会社をクラスメソッド株式会社と共に設立。

株式会社IDOM 新規事業・人事・広報担当執行役員 北島昇氏

2007年にIDOM(旧:ガリバーインターナショナル)に入社。経営企画、マーケティング改革、店舗フォーマット開発、事業投資などの幅広い業務に従事。その後、新規事業開発室室長として、コネクティッドカー事業、C2C事業、アクセラレータープログラムの運営、サブスクリプション事業の立ち上げを行う。現在は、執行役員として新規事業・人事・広報を担当し社内の制度改革を行う。

モデレーター
株式会社IDOM NOREL事業責任者 許直人

2015年にIDOMに入社。事業開発・戦略・IR・広報・人事を担当した後に、2016年12月より月額定額クルマ乗り換え放題サービス『NOREL』の事業責任者を担当。

■開催概要及び会場

日時:8月29日(火) 19:30〜
場所:株式会社IDOM イベントスペース
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング 25F
地図:https://goo.gl/oCt3XK 
費用:無料 飲食:ビール・軽食をご用意します

■当日の注意事項

・受付時に名刺を1枚頂戴致します。
・イベントの様子を写真撮影し、SNS等に公開を予定していますので問題ある方はカメラマンにお申し付けください。 個人的な撮影をされる方もご配慮願います。

■主催者について

株式会社Everforth
自社プロダクトであるクラウドプラットフォーム『Prefer Cloud』を提供し、企業のデジタルマーケティングやデジタルビジネス開発を支援しています。 「好きな場所で、好きな時間に、好きなことをする」というコンセプトを掲げ、時間や場所を問わない自由な働き方、リモートワークを中心とした自律的なワークスタイルで組織運営をしており、テクノロジーとビジネスだけではなく、ワークスタイルや企業カルチャーでもインパクトを与えるべく挑戦しています。

株式会社IDOM
IDOM (旧社名:ガリバーインターナショナル) は年商2,400億 (うち国内2,000億) を扱う国内の自動車セカンドカーマーケットの最大手企業です。 北海道から沖縄まで500店舗、3,000人の営業マン、500箇所の整備工場といった全国規模のネットワークと、年間予算100億円規模のインターネット関連予算 (広告費含む) を駆使して、お客様に最適なモビリティを届けます。 近年では、クルマの C to C マーケットプレイス「ガリバーフリマ」や、クルマのサブスクリプション「NOREL」、チャット営業「クルマコネクト」、など、次々と新しい取り組みにチャレンジし続けています。
経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「攻めのIT経営銘柄2017」に選定 >>  http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14591 

■うごラボについて

日本国内の自動車市場は、関連産業含めて50兆円の規模があるとも言われています。GDPの10%にも迫るこの巨大市場の変化は、インターネット革命の最後にして最大の波とも言われています。私達の生活や社会に大きな変化をもたらすこの大きなクルマのパラダイム・シフト。台風の目になるのはITであり、インターネットです。
そんな革命のキーとなる自動運転、自動車産業、CarTech、コネクティッドカーに興味ある人たち向けの株式会社IDOMが運営するミートアップです。

開催日時

開始日時:2017/08/29(火) 19:30

終了日時:2017/08/29(火) 22:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

株式会社IDOM

東京都 千代田区丸の内東京ビルディング25F 株式会社IDOM

主催者情報

  • mutsumi.kozakai@glv.co.jp

参加者 (80)