このイベントをシェア

  • メールで送る

アパレル界のイノベーターに学ぶ「旗をたてる」生き方【対談:尾原蓉子×ハヤカワ五味】(note×日経コラボセミナー)

2018/10/31(水) 19:30 ~ 21:30

SENQ霞が関 (東京都 千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F)

[主催] 日本経済新聞 電子版

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 【電子版有料会員限定】割引チケット

      日経電子版 有料会員限定

      お一人様1枚まで

    • ¥2,800
    • 【note「ジェネレーションZのアパレル経営論(β)」購読者限定】割引チケット

      一般

      受付時にnote購読の画面ご提示をお願いいたします。
    • ¥2,800
    • 一般チケット

      一般

    • ¥3,800
    • 【学生限定】noteイベントレポート枠

      一般

      イベント終了後noteにレポート投稿をお願いします。
    • 無料

このイベントのお申し込みには日経IDが必要です。

日経IDをお持ちでない方は、「日経IDで申し込む」をクリック後日経IDの取得手続きが可能です。(無料)

イベント概要

日本経済新聞社はコンテンツプラットフォーム「note」と共同で、対談イベント「アパレル界のイノベーターに学ぶ『旗をたてる』生き方」を開催します。

登壇者は、ユニクロの柳井正さんが「先生」と呼ぶ、日本のファッションビジネスの草分け的存在の尾原蓉子さんと、10代で起業し胸の小さな女性向けのランジェリーブランド等を経営するハヤカワ五味さん。
世代を超えた業界のイノベーター同士が、アパレル業界のキャリアデザインから、女性の働き方、リーダーシップ、これからのものづくり等について語り合います。

「『旗を立てる』生き方」とは、自分のキャリアを自分でつくる姿勢のことです。ハヤカワさんは、高校生から自分で作ったストッキングを販売し、大学の卒業後もどこかに就職するのではなく、自分で会社を続けるという道を選択しました。
尾原さんは、女性が働くことが珍しかった時代に、企業に自分を売り込み、アイデアや対話を駆使しながらルールや習慣を変えてきました。
自分の目の前に立ちはだかった「できない」という壁を「できる」に変えてきたのです。

尾原さんとハヤカワさんには、アパレル業界という共通点だけではなく、「自分で責任を持って、なりたい自分に近づく」ことを大切にしています。
今回のイベントでは、ファッションを切り口にしつつも、2人のこれまでの経験や学びを通して、すべてのビジネスパーソンに役立つキャリアや人生における軸の探し方を学びます。

このイベントで得られること

  • アパレル業界の未来を学べる
  • 世代を超えて、大切な「働き方の極意」を学べる
  • 自分の働き方や生き方を見直すきっかけになる
  • ワークとライフのバランスの取り方を実例に基づいて学べる
  • 変わる消費のあり方について考えを深められるようになる
  • 自分の個性を生かす方法がわかる

当日の主な質問内容

  • 旗を立てる(自分の軸を見つけること)生き方とは?
  • 女性が仕事(単なる「おつとめ」ではなく、責任ある仕事)をする意義
  • プロフェッショナルに働くとは?
  • 体調管理を仕事として社員に求めていいのでしょうか?
  • 感覚と理論との、両方のバランスを取るためにはどうすればよいのでしょうか?
  • 消費者の行動変化について

キャリアの目的(パーパス)の重要性

「人生100年時代の到来、が言われています。その人生を私たちはどう生きるか? 

特にその中でも、仕事に取り組む50年余りにわたる期間をどのように達成感あるものにするか。これまでの比較的緩やかに時間が流れた時代と違って、経済や社会環境の急速な変化、そしてテクノロジーの劇的変化が私たちの働き方を大きく変えようとしています。その中で私たちは、仕事そしてキャリアについて、あらためて真剣に考える必要があります。(中略)

人は皆、個性を持っています。環境も、夢も、希望も、なりたい自分像も違っています。したがってそれぞれの人生の生き方は、全く異なるものになりますが、そこで共通して重要なことは、主体性を持って『キャリアをプランする』つまり自分の人生を考え、自らつくる姿勢と行動です。なぜならば、人生のさまざまなステージでの選択肢が、かつて無いほど多様になっているからです。これまでの、人任せ、世の中まかせの生き方では、自分らしい、満足できる人生にはならないのです。」

――――「ブレイクダウン・ザ・ウォール 『はじめに』より」



ファッションを切り口にしつつも、2人のこれまでの経験や学びを通して、すべてのビジネスパーソンに役立つキャリアや人生における『旗のたて方』を学びます。
尾原さんの近著『ブレイクダウン・ザ・ウォール|環境、組織、年齢の壁を破る』をサブテキストに議論します。参加者には来場時に同書籍をプレゼントします。イベント後半には交流タイムも設けます。

ハヤカワさんや尾原さんに直接質問ができる貴重な機会です。ぜひ、皆様ご参加ください。


本イベントの概要

主催  :日本経済新聞社 日経電子版
協力  :note

開催日時:2018年10月31日(水)19:30~21:30 (開場 19:00)
場所  :SENQ霞が関

参加費:いずれも書籍『ブレイクダウン・ザ・ウォール|環境、組織、年齢の壁を破る』付き
 一般 3,800円
 日経電子版 有料会員 2,800円
 note「ジェネレーションZのアパレル経営論(β)」購読者 2,800円
 noteイベントレポート枠(学生限定)無料

 ※note購読者の方には受付にて購読画面の提示をお願いいたします。
 ※当日ご参加いただけない方には書籍をお送りさせていただきます。

定員  :80名(先着順)

こんな人にオススメ
・アパレル・小売業界の方
・キャリアデザインやリーダーシップに関心ある全てのビジネスパーソン

タイムテーブル :
 対談   19:30-20:30
 Q&A   20:30-21:00(チケット申し込みフォームにて、事前質問を募集中)
 交流会  21:00-21:30


登壇者プロフィール

尾原蓉子 氏
ファッション関連分野で働く女性の活躍を後押しする一般社団法人「ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション」の創設者で、現在は名誉会長。1962年に東京大学を卒業し、旭化成工業(現旭化成)に入社。その後、米国のニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に留学したほか、米ハーバード・ビジネス・スクールの経営者向けコース(AMP)も修了。財団法人ファッション産業人材育成機構が運営するIFIビジネススクールの学長などを務め、アパレル業界のリーダー達に大きな影響を与えてきた。ユニクロの柳井正さんも一目置く、ファッションビジネスの伝道師



ハヤカワ五味 氏
1995年生まれの23歳。東京出身。ランジェリーブランド「feast」やワンピースブランド「ダブルチャカ」、ラフォーレ原宿の「LAVISHOP」を運営する株式会社ウツワの代表取締役社長。高校時代から自身でデザインしたアクセサリーやタイツ等の販売を始め、大学入学後にはワンピースブランドやランジェリーブランドを立ち上げた注目の若手経営者。noteで「ジェネレーションZのアパレル経営論(β)」と題し、アパレルブランドの立ち上げ・運営、小売業経営について考えるマガジンを配信中。


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は約250万部で、約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数は約60万人、有料・無料登録を合わせた会員数は約380万人です。

note×日経電子版コラボセミナーについて
日本経済新聞社はコンテンツプラットフォーム「note」を運営するピースオブケイクス社と資本業務提携を結んでいます。両社の提携策のひとつとして、note上でコンテンツを配信している多彩なクリエーター陣とともに、これからのビジネスパーソンに求められる「学び」や「働き方」を真摯に議論するイベントを企画していきます。


■注意事項
・当日の座席は先着順でお座りいただきます。
・プログラムの時間・内容・講師は予告なく変更となる可能性がございます。
・領収書は「マイチケット」からダウンロードいただけます。
キャンセルの方は【10/31対談イベントキャンセル】とお書き添えの上、事務局までご連絡ください。
(キャンセル受付時間は開演の1時間前までとさせていただきます)
日経電子版イベントキャンペーン事務局 d-event@nex.nikkei.co.jp



開催日時

開始日時:2018/10/31(水) 19:30

終了日時:2018/10/31(水) 21:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

SENQ霞が関

東京都 千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F

主催者情報

日本経済新聞 電子版

日経電子版の「もっと知りたい」にこたえます。 各種お問い合わせは  までお願いします。