このイベントをシェア

  • メールで送る

No Maps 2018 - Sapporo Creative Convention -

札幌市

[主催] No Maps実行委員会

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • No Maps カンファレンスパス
      全ビジネスカンファレンスのフリーパス(9/22~の通常料金)
    • ¥8,000
    • No Mapsカンファレンスパス(団体割)
      全ビジネスカンファレンスのフリーパス(5枚以上のご購入が対象)
    • ¥4,000
    • No Mapsミートアップ 1day参加券
      ※カンファレンスパスをご購入の皆さまへは、本件を1枚、特典としてお渡しいたします
    • ¥2,500
    • No Mapsカンファレンスパス(早割)

      受付期間が終了しました

      全ビジネスカンファレンスのフリーパス(~9/21の早割料金)
      ※販売期間を延長いたしました。

    • ¥5,000
    • -

プロモーションコードをお持ちのお客様は、対象のコードを入力し【適用】ボタンを押してください。

請求書発行によるお申込みが可能です (計 ¥20,000以上)

チケットの購入時、お支払い方法で「請求書発行希望」を選択して、必要事項を入力してください。

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

No Maps 2018

「No Maps」は、札幌・北海道という象徴的な開拓の地で、クリエイティブな発想や技術によって次の社会を創ろうとする“現代的フロンティアスピリット”を持った人たちのためのコンベンションです。

先端テクノロジーや斬新なアイディアを核とした「新しい価値観/文化/社会の姿」を提案するビジネスコンテンツをテーマに、「会議(Conference)」「展示(Exhibition)」「興行(Event)」「交流(Meet-up)」「実験(Experiment)」の5つの事業によって、新たなビジネスを生み出し、加速させるための場を提供します。

このイベントページからは、10/10~12に開催されるビジネスカンファレンスの全セッションに参加できる「No Mapsカンファレンスパス」をご購入いただくことができます。

【No Mapsカンファレンスパスには4つの特典!】
No Mapsカンファレンスパスをご購入の方にはもれなく下記特典がついてきます!
・No Mapsオフィシャルミートアップ 1day参加券 1枚
・札幌国際短編映画祭1プログラムチケット 1枚
・No Maps Music Weekend 2018 1会場入場券※ 1枚
・オフィシャルラウンジの優待利用特典あり
※複数ライブハウスを会場とする一部のサーキットイベントのみ対象となります。詳細は後日、ホームページでお伝えします。
(それぞれのチケットはパスの引き換え時にお渡しいたします。)

【順次、セッション情報をアップデート予定!】
公開準備中のセッションが数多くあります。今後、情報解禁の準備が整い次第、順次アップデートしてみなさんにお知らせしていきます。

【学生の方は入場無料!】
学生(ただし25歳以下に限る、要学生証掲示)はカンファレンス会場への入場が無料となります。
※パス付属の特典はつきませんのでご了承ください。

<パスをご購入されるみなさまへ>
(1)パスのご購入者様は10/10~12にACU-Aで行われるビジネスカンファレンス全セッションへご入場いただけます。
(2)今後イベントレジスト内でセッションのタイムテーブルを公開いたしますが、参加したいセッションがございましたら、事前にご登録をお願いいたします。ご登録は任意で優先入場などが可能になるものではありませんが、参加人数の事前把握のため、ご協力をお願いいたします。)

<パスを購入せずミートアップのみ参加する場合>
パスを購入せずミートアップにのみ参加される場合は個別で販売している「No Mapsオフィシャルミートアップ 1day参加券」をご購入ください。

 Facebookコメント

開催場所

札幌市

主催者情報

No Maps実行委員会

No Mapsは実行委員会形式で運営しています。
委員や顧問等には、北海道を代表する民間企業、官公庁、そして大学などに参画いただいており、パートナーには主要メディアや教育機関、専門性を有する企業など、「ALL HOKKAIDO体制」で取り組んでいます。