このイベントをシェア

  • メールで送る
  • mixiチェック

このイベントは終了しました。

6/29 利休の追求したクリエイティブ空間とは? 〈都市は思考する〉

2018/06/29(金) 19:00 ~ 20:30

アカデミーヒルズ (東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

[主催] アカデミーヒルズ スクール事務局

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 6/29 利休の追求したクリエイティブ空間とは? 〈都市は思考する〉

      受付期間が終了しました

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
    • ¥3,500
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

academyhills

「都市は思考する」シリーズ第4回

利休の追求したクリエイティブ空間とは?


木村宗慎(茶人/芳心会主宰)×藤村龍至(建築家)


たった二畳の茶席「
待庵」にこめた利休の思いとは?

森美術館で開催中「
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」にて、千利休の作と伝えられ、現存する茶室建築としては日本最古の国宝《待庵》(京都府・妙喜庵)が原寸再現されたことを記念して、気鋭の茶人・木村宗慎氏(芳心会主宰)をゲストに迎え、この極小空間に込めた利休の思いについて考えます。

人と人とがリアルに会する意味が希薄になりつつあるネット社会において、形式に則り、あえて限られた空間で他者と向き合うことを強いる茶道が、現代に還元できるエッセンスは何なのか?時の権力者の集いの場としても機能した茶室には、日本人独特の空間への感覚があるはずです。

モデレーターには、建築デザインを通して、社会を設計する『ソーシャル・アーキテクト』を提唱する建築家・藤村龍至氏(東京藝術大学建築科准教授/ RFA主宰)にお務め頂きます。建築・都市という目線で、茶室や茶道のエッセンスが、現代のコミュニティやクリエイティブ空間にどう応用できるのかといった視点で迫って頂きます。

【上部写真】
〈左〉伝 千利休《待庵》1581年頃(安土桃山時代)/2018年(原寸再現)、制作:ものつくり大学、展示風景:「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」森美術館(2018年)、撮影:来田 猛
〈右〉木村宗慎(茶人/芳心会主宰)撮影:三部正博

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2018/06/29(金) 19:00

終了日時:2018/06/29(金) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ スクール事務局

アカデミーヒルズスクールは、さまざまな受講形態で「創造」「交流」「発信」する知の拠点として“旬”な情報を提供し続けるビジネススクールです。

世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びのスタイルを追求しています。