このイベントは終了しました。

<Web開催>2021 新SCMを考える ~不確実性の高まる時代におけるデジタル業務改革の取組~

2021/02/04(木) 14:00 ~ 16:30

Web開催

[主催] ビジネスエンジニアリング株式会社 / 株式会社HMC

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

お一人様合計 1 枚まで

合計 枚まで申込可能

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 2/4開催 Webセミナー 「2021 新SCMを考える ~不確実性の高まる時代におけるデジタル業務改革の取組~」

      受付期間が終了しました

      ◎本セミナーは、申込受付にイベントレジストのシステムを利用しています。セミナー申込前にイベントレジストの会員登録(無料)が必要となります。なお、過去にイベントレジストの会員登録を済ませている方は、新規会員登録の必要はございません。会員登録方法はこちら
    • 無料
    • -

イベント概要


新興国への市場展開、サプライヤのグローバル化に伴い複雑化し、不確実性が高まるサプライチェーンのオペレーション。
その原因は、
 ・市場国増加による交易オペレーションの多様化
 ・新興国市場化に伴う顧客ニーズ多様化
 ・複数市場対応のためのサプライチェーン複雑化
が挙げられます。

この問題に対応するために肝要なのは、アウトバウンドのサプライチェーンを共通の仕組みで強化していくアプロ―チと考えます。

ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)とHMCコンサルティングは上記の考え方をもとに、サプライチェーンの仕組み化・発展を目指すキーパーソンの方向けに4回のオンラインセミナーを開催します。



第一回は、概説編として、SCMの仕組化とロードマップについての概説をご紹介します。


<日時> 2月4日(木)14:00~15:30
<対象> 製造業のSCM部門マネージャー、 SCM担当ITマネージャー
<参加費> 無料(事前登録制)
<利用ツール>「Zoom」 

HMC
コンサルティングより、グローバルSCMに対する仕組み化が求められる背景・課題と解決アプローチについて、事例も含めてご紹介します。
また、社内外プレイヤーとの情報連携のための業務システムがスピーディに構築できるノーコードプラットフォームBusiness b-ridgeについてご紹介します。

ぜひご参加ください。



【二回目以降の開催セミナー予定】
※シリーズでお伝えするオンラインセミナーとなっていますが、各回からのご参加も可能です。

第二回 20213月下旬予定 SCM基盤構築編

サプライチェーンにおけるワンナンバー化による、可視化・同期化・短サイクル化の実現

第三回 2021年5月上旬予定 SCM発展編

サプライチェーンマネジメントとプロダクトライフサイクル(PLM/CRM)の融合

第四回 2021年6月下旬予定 SCM高度化編

サプライチェーンマネジメント基盤データの活用・高度化(AI活用・スマートファクトリー)



【講師紹介】

株式会社HMC(Harmony & Management Consulting)代表取締役 西本 広之
富士通にてSCMプロジェクトに従事、その後、外資系コンサルティング会社にてSCMのコンサルタント、i2テクノロジーズ・ジャパン執行役員、JDAソフトウェア・ジャパン代表取締役社長を歴任。2012年1月、株式会社HMCを設立。多くのお客様向けにSCMの取組を支援するコンサルティングに従事。
慶應大学大学院経営管理研究科(MBA)

ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部b-ridgeサービス部
部長 岡 正弘
製造業向けにERP、SCPのコンサルからPMを歴任、その後製造系実行システム(MES/WMS)PMを経て、Business b-ridge責任者として従事。システムの提供だけでなく、業務・運用の改善実現化をサービス提供したいと考えている。


※プログラムの内容は若干変更される場合がございます。
あらかじめご了承ください。

※弊社・共催会社の同業種の会社様、または個人のお客様等に関しましては、主催者判断により、本セミナーへのご参加をご遠慮願う場合がございます。予めご承知おきくださいますよう、お願い申し上げます。

開催日時

開始日時:2021/02/04(木) 14:00

終了日時:2021/02/04(木) 16:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

Web開催

主催者情報

ビジネスエンジニアリング株式会社 / 株式会社HMC

  • mkt@b-en-g.co.jp
  • 03-3510-1590