このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

CData Sync ハンズオン 1/29 ~ノーコードELT ツールでSalesforce データをRDB/DWH に同期~

2020/01/29(水) 14:30 ~ 17:30

ウェビナー形式での開催となります。

[主催] CData Software Japan 合同会社

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 一般参加

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

新着情報

    • 2020/01/27(月) 11:42 更新
【重要:本ハンズオンセミナーはウェビナー開催に変更いたします。】

中国でのコロナウイルスの感染と国内での感染懸念を受けまして、1月29日(水)に開催予定でありましたハンズオンセミナーをウェビナー開催に変更いたします。

ウェビナー詳細
開催日(不変):2020年1月29日(水)
時間(不変):14:30-17:30 (30分前より待機可能)
ウェビナーURL(Zoom):
https://zoom.us/j/631957854?pwd=Q3dqRDJON3lKR1krQmVlMzVRYUdWZz09

ミーティングID: 631 957 854

パスワード: sync0129

Zoom はブラウザでもソフトをダウンロードしてでも接続可能です。当日のハンズオンを実施していただくVM 環境などは引き続き弊社にて準備いたします。ログイン後にウェビナー上でご案内いたします。

事前、もしくは当日にご不明点がございましたら、marketing@cdata.co.jp までご連絡ください。急ぎの場合には050-5578-7390 までご連絡ください。

よろしくお願いいたします。














イベント概要

Salesforce、Marketo、NetSuite、kintone など100 種類を超えるSaaS・クラウドデータをRDB・DWH に同期するCData Sync。
https://www.cdata.com/jp/sync/

今回のハンズオンでは、Salesforce データをRDB やDWH にSync する方法を一から実践します。

内容はコーディングを含みません。業務アプリケーションのインストールや基本的な設定ができる方であれば、ご参加頂けます。ハンズオンですので必ずご自身のPC(Windows/Mac 問わず)をお持ちください。VM 環境も用意します。

14:00 ウェビナー待機開始
14:30-14:45 ご挨拶
14:45-15:25 CData Sync 概要説明 / 
散逸するデータのDB・DWH への格納の重要性
15:25-16:00 CData Sync でSalesforce データをRDB に同期(ハンズオン)
16:00-16:15 休憩
16:15-17:00 より高度なSync オペレーション(ハンズオン)
17:00-17:30 CData Sync でできること(デモ)
CRM、Google Analytics →Google BigQuery
17:30 会場閉(18:00 まで会場で相談など可能です)

本セミナーの申し込み情報はCData Software Japan 合同会社および/またはエクセルソフト株式会社がPrivacy Policy に則って取り扱い、マーケティングや製品のご紹介に利用させて頂くことがございます。
CData :https://www.cdata.com/jp/company/legal/privacy.aspx
XLsoft: https://www.xlsoft.com/jp/services/privacylaw.html

本セミナーは、製品の利用を検討されているユーザー・SIer 様向けであり同業他社や不適切と考えられる応募者はお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。



 Facebookコメント

開催日時

開始日時:2020/01/29(水) 14:30

終了日時:2020/01/29(水) 17:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

ウェビナー形式での開催となります。

主催者情報

CData Software Japan 合同会社

CData Software は、データ接続 および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。