言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントは終了しました。

1/13(木)テレビドラマ制作セミナー 脚本家・水橋文美江氏&プロデューサー櫨山裕子氏 日本テレビ『#リモラブ~普通の恋は邪道』『ホタルノヒカリ』~これからの日本のテレビドラマづくりに必要なこと~

2022/01/13(木) 18:00 ~ 20:00

オンライン

[主催] 特定非営利活動法人映像産業振興機構

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 一般

      受付期間が終了しました

    • ¥3,500
    • -
    • VIPO会員

      受付期間が終了しました

    • ¥2,500
    • -
    • 学生

      受付期間が終了しました

    • ¥1,500
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

VIPO(ヴィーポ)では、2022年1月13日(木)に、「テレビドラマ制作セミナー~これからの日本のテレビドラマに必要なこと~」を、(一社)日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムとの共催にてオンライン開催いたします。 今回の講師は、『#リモラブ~普通の恋は邪道~』『ホタルノヒカリ』をはじめ、多くの話題作やフューマンドラマを世に送り出している脚本家・水橋文美江氏日本テレビ放送網㈱ゼネラル・プロデューサーの櫨山裕子氏。これまでのおふたりのドラマづくりについて、またこれからのインターネット視聴時代の日本のテレビドラマ制作はどこに向かおうとしているのかについてお伺いします。モデレーターは、一般社団法人日本放送作家協会・理事長のさらだたまこ氏が進行します。本セミナーのアーカイブ配信はございませんので、この機会をお見逃しなく。
【主なプログラム内容】 ・コロナ禍でオリジナルドラマ「リモラブ」はいかに生まれたか? ・ヒット作を生む脚本家とプロデューサーの関係・テレビドラマ制作の現場から想うこと・配信時代、世界をみつめて~日本のテレビドラマはどこへゆく~」・日本のドラマ制作の課題。なにが長所でなにが短所か?・脚本を書くということ・質疑応答
※プログラム内容は変更する可能性があります

【開催日時・方法】 2022年1月13日(木)18:00~20:00 オンライン(Zoom)での開催になりますので、ご自身で受講できる環境を整えてくださいますようお願いいたします。視聴方法については、お申込み後にVIPOよりメールにてご参加のURLをお知らせいたします
★すべてのお申込者の方に送信される、「申込確認メール」にはQRコードつきPDFチケットが添付されておりますが、本セミナーはオンラインでの開催となるため、チケットお申込み時にイベントレジストから送信されるQRコードつきPDFチケットは使用しません。 
【受講対象者】 将来のテレビ・映画など映像産業を担うスタッフ・プロデューサー
【参加費(税込)】一般:3,500円 /VIPO会員:2,500円/ 学生:1,500円
ご自身がVIPO会員に該当するかはこちらをご確認ください。
https://www.vipo.or.jp/about/member-introduction/
【定員】70名(事前申込制/先着順)
【申込締切】1月7日(金)15:00
【お問い合わせ】 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)  E-mail:seminar@vipo.or.jp セミナー担当 ※お問い合わせの際は、件名に「テレビドラマ」とご明記ください。


今後開催予定のイベント

開催日時

開始日時:2022/01/13(木) 18:00

終了日時:2022/01/13(木) 20:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン

主催者情報

特定非営利活動法人映像産業振興機構

日本のコンテンツ産業を国際競争力あるものとし、さらには日本経済の活性化に寄与することを目的に、2004年に設立された組織です。
「人材育成」「市場開拓」を柱に、業界のジャンルを超えたネットワーキングや人材育成、国内外の市場開拓・整備等を行っています。