このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

お一人様合計 3 枚まで

合計 枚まで申込可能

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 事前登録

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

新着情報

    • 2016/08/01(月) 13:53 更新

この度はOpenStack Days Tokyo 2016ご参加いただき、誠にありがとうございました。

随時講演資料を掲載しておりますので、ご確認頂ければと存じます。

http://openstackdays.com/program-detail/

プログラムによっては資料を公開しない箇所もありますことご了承ください。引き続きよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OpenStack Days Tokyo 2016 運営事務局
株式会社イーサイド内
osdt2016-office@e-side.co.jp
http://openstackdays.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    • 2016/07/04(月) 09:10 更新
OpenStack 誕生6周年 記念パーティ
7月7(木) 19:00-20:30 | ロイヤルガーデン新橋
プロジェクト開始から6周年となりましたOpenStackの記念パーティを行います。ご参加をお待ちしております。
登録はこちらへ
 
主催: 日本 OpenStack ユーザ会
特別協力: 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA)
参加費: 有料(1名3,000円)
定員: 130名
    • 2016/06/30(木) 14:13 更新


この度はOpenStack Days Tokyo 2016ご登録いただき、誠にありがとうございます。
当日のご案内をお送りいたします。

1. 受付につきまして
------------------------------------------------------------------
OpenStack Days Tokyo 2016
http://www.openstackdays.com/

日時:2016年7月6日(水) -  7日 (木) 9:15開場  10:00開演
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム 5F
      105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー5階
    (http://openstackdays.com/access/)

 【お持ち頂くもの】
       チケット
          参加登録システム eventregist より、登録確認メールで送付されています。
          eventregistアカウント上の「マイチケット」から発行も可能です。

          ※ A4サイズ 100% で必ず印刷してください

          印刷されたチケットが無い場合は、再発行に時間がかかります。
          スマートフォンアプリを使用したチケットの確認はいたしかねます
          ので、必ず印刷してご持参ください。

■受付にてチケットのQRコードを読み取り、コングレスバッグとネームカード
 ケースをお渡しします。チケットは A4サイズ 100% で印刷してください。
  ※ 開演直前の受付は大変混み合います。早目の受付をおすすめ致します。

■1日目に受付を済まされた方は、2日目の再度の受付は不要ですが、
 必ずネームカードケースを着用して、ご参加ください。

2. 会場諸注意
--------------------------------------------------------------------
会場へお越しになるみなさまへ、以下の点にご協力をお願いいたします。

1) 会場は自由席となっております。座席は譲り合わせてお座りください。
2) 長時間退室される場合は、お荷物を席に置かないようお願いいたします。
3) 今回、沢山のご登録をいただいております。当日は立ち見または入場制限の
 セッションが出る場合もございます。何卒ご容赦ください。
4) 午後からの各セッションは入れ替え制です。恐れ入りますがセッション終了後
 速やかに出口からご退出いただき、再度入口からご入場ください。
5) セッション会場でのインターネット接続、および電源は用意しておりません。
 会場内のコンセント利用はお控えください。
6) 講演資料の配布は行っておりません。後日、ウェブサイトにて公開予定です。

ご不便をおかけし、誠に恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OpenStack Days Tokyo 2016 運営事務局
株式会社イーサイド内
osdt2016-office@e-side.co.jp
http://openstackdays.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    • 2016/06/28(火) 10:14 更新

Booth Crawl 開催決定!

7月6日(水)18:30-20:00 | 展示会場内 (5F Hall A)

初日 7月6日(火) の全てのセッション終了後、展示会場にてBooth Crawlを開催いたします。主催側でお飲み物や軽食をご用意して、参加者の皆さまに展示会場を回って各出展者様と交流を図っていただきたいと考えており ます。是非ご参加ください(事前登録不要)。

イベント概要

          OpenStack Days Tokyo 2016
世界標準となりつつある新たなクラウド基盤の最先端をぜひ会場でご確認ください!
  --------------------------------------------------------------------
              7月6日(水)、7日(木)| 虎ノ門ヒルズフォーラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パブリック/プライベートクラウド基盤を構築するためのクラウドOSとして注目を集めるOpenStack。その技術的進歩はこの数年で目覚ましく発展し、今、世界中から注目を浴びているオープンソースのクラウド基盤ソフトウェアのひとつです。また、運用・コスト面におけるメリットの高さから、日本国内の一般企業も関心を寄せ始めています。

2日間のプログラムタイムテーブル

注目セッション:
- 国内企業の最新導入事例が続々登場!中電CTI、凸版印刷、JFEスチールが登壇!   

- 主要プロジェクトのNewtonリリースに向けたロードマップを解説します!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1】OpenStack導入にまつわる期待、現実、そして希望
──────────────────────────────────────
誰しもOpenStackの導入前には様々な想定を行いますが、現実に導入した後には想定外の出来事が多々発生します。もちろん、良い意味でも悪い意味でも。本セッションでは、導入前の想定や期待と、現実にどのようなズレがあったのか?そして、その中から生じた想定外の効果について、「OpenStackの導入を検討している企業」x「OpenStackの導入を実際に行った企業」の対談としてご紹介します。

村田 誠 氏
株式会社中電シーティーアイ 電力システム事業部 基盤システム部

井口 幸一 氏
フリービット株式会社 YourNet事業部 副事業部長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2】トップエンジニアが語るOpenStack開発者(Dev)側のホットトピック
──────────────────────────────────────
OpenStackの各プロジェクトで次期リリースに向けどのような課題があるのか、どのような機能が優先的に取り組まれるのか、については開発に携わっているメンバーでないと把握するのは難しい状況です。本セッションでは、主要プロジェクトのNewtonリリースに向けたロードマップや課題、新しく加わったプロジェクトなどについて、コミュニティで活躍する日本のトップエンジニアが最新のBPやAustin Design Summitでの議論などにも触れながらディープに解説します。

市原 裕史氏 日本電信電話株式会社

本上 力丸氏  NTTソフトウェア株式会社
クラウド&セキュリティ事業部第一事業ユニット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3】インターネットサービスをOpenStackで開始!
──────────────────────────────────────
何を考えOpenStackを選択し実装したか。期待と苦悩を交えながら、当事者があの時を振り返ります。

新しいサービスへ常に挑戦する凸版印刷が事業プラットフォームにOpenStackを採用し、拡張性・可用性の高い安定した基盤を構築、その上でサービスを開始した。国内最大チラシサービス”Shufoo!”、国内最大級地図検索サービス”Mapion”といったサービスにおける当事者たちの採用への想いやサービス実装・提供までの苦悩、そして最終的に何を実現したのか。今回はプロジェクトに携わった利用ユーザ、統合基盤サービス部門、インテグレータ、運用部門、ディストリビュータといった人間が一堂に会し、様々な角度から当時を振り返り今後の展望を語ります。

登壇企業: 凸版印刷株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4】エンタープライズに聞くOpenStack活用の心得。なぜOpenStackの導入を決めたか
──────────────────────────────────────
クラウド技術の普及により、企業でも大量のデータをより効率的に扱うことが容易な時代になってきた。しかしながら、現行のシステムで求められる信頼性や性能、セキュリティを維持しながらクラウドの利用を進めるには様々な懸念を抱いている人も少なくない。本セッションでは、OpenStackのエンタープライズ利用で先行するユーザー企業からOpenStackをなぜ導入したか、どのように活用しているか実用例を含めそのノウハウを公開します。

登壇企業: JFEスチール株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 開催概要
----------------------------------------------------------------------------

 【主    催】OpenStack Days Tokyo 2016 実行委員会
 【開    催】2016年7月6日(水) - 7日(木)
 【会    場】虎ノ門ヒルズフォーラム 5F(銀座線虎ノ門駅から徒歩5分)
 【参 加 費】無料(事前登録制)
 【定    員】3,000名

開催日時

開始日時:2016/07/06(水) 10:00

終了日時:2016/07/07(木) 18:20

Googleカレンダーに登録

開催場所

虎ノ門ヒルズフォーラム 5階

東京都 東京都港区虎ノ門 1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階

03-6406-6226

イベント主催者