このイベントをシェア

  • メールで送る

このイベントは終了しました。

信濃の国 原始感覚美術祭2016-地は語る、水のかたりべ

2016/08/06(土) 10:00 ~ 2016/09/04(日) 18:00

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 原始感覚美術祭2016前売りパスポート(記録集付)

      受付期間が終了しました

      「信濃の国 原始感覚美術祭2016-地は語る、水のかたりべ」の通常パスポート1000円に、記録集がセットになったお得な前売りパスポートです。「原始感覚美術祭2011記録集」500円、「原始感覚美術祭2012記録集」600円、「原始感覚美術祭2013記録集」800円、「原始感覚美術祭2014記録集」1000円、「原始感覚美術祭2015記録集」1000円のうちから一つ選ぶことができます。西丸震哉記念館にてパスポートと記録集を受け取ることができます。
    • ¥1,100
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

7年目となる原始感覚美術祭では、水の地、木崎湖自体が語りだす「水のかたりべ」をテーマに開催します。地が語る、 語り手として、その地に住み着いた作家が、地の文化を受け継ぎ、語り継ぎ地に根づいていくような制作を行い、マレビトとして訪れる滞在作家が、新鮮な驚きとともに地の声を造形空間として立ち上げることで、木崎湖は今、新たな伝統を語り始める。

参加作家:

Indra Milo、Lee, Kuei-Chih、はまぐちさくらこ、平川渚、森妙子、香川大介、蓮沼昌宏、杉原信幸、本郷毅史、淺井真至、青島左門、水川千春、槇野文平、池田武司、黒田将行、ハ・ジョンナム、仁科正史、こばやしふみ、中村綾花、中島木延、ももカフェ、茂木健一郎、あふりらんぽ、美麻源流太鼓、原始感覚獅子舞、齋藤徹×大塚惇平、斉藤”社長”良一×バッキ―×林栄一×外山明ほか

主催 原始感覚美術祭実行委員会
共催 西丸震哉記念館、大町市教育員会
実行委員長 池田武司
アートディレクター 杉原信幸
コーディネータ― 森妙子、平野ももこ
助成 大町市きらり輝く協働のまちづくり事業
福武財団ロゴ
アサヒグループロゴ
公益財団法人朝日新聞文化財団
特別協賛 あさひビールロゴ
メインビジュアル

高崎紗弥香

 

-キャンセルポリシー

お申込完了いたしましたら、いかなる場合においても払い戻しはいたしかねますので予めご了承ください。

開催日時

開始日時:2016/08/06(土) 10:00

終了日時:2016/09/04(日) 18:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

長野県大町市/木崎湖畔/西丸震哉記念館/麻倉/千年の森ほか

長野県 大町市平 10901 西丸震哉記念館

0261-22-1436

主催者情報

原始感覚美術祭実行員会

探検家・食生態学者の西丸震哉の記念館を中心に、木崎湖畔で、無農薬のお米作りを行う農家の心意気に惹かれて集まった仲間たちが、大地とともに生きる「生活における花」としての祭を作り上げてきた。原始感覚をキーワードに、ジャンルを越えた表現者を招聘し、木崎湖畔で滞在制作を行うことで、その土地に生きる人と出逢い、その地でしか生まれえない作品制作と、公演・ワークショップを行う。