このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

6/25・DIGIDAY+ TALK 開催(Zoomウェビナー):「『有料たりうる』コンテンツを、いかに生み出すか?」日本経済新聞社 飯田展久氏

Zoom ウェビナー

[主催] インフォバーングループ

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数

お申込み可能なチケットはありません

イベント概要

◾️開催概要
DIGIDAY+ TALK
は、DIGIDAY[日本版]のサブスクリプションサービス「DIGIDAY+」のプレミアムプラン会員向けオンラインイベントです。第1回を2020年6月25日(木)に開催します。

テーマは「『有料たりうる』コンテンツを、いかに生み出すか?〜日経電子版・10周年を支える『オーディエンスエンゲージメント』戦略〜」

コロナ禍によって広告事業が大打撃を受けるなか、デジタルパブリッシャーのD2Cモデル、つまりサブスクリプション収益に期待がかかっている。事実、この春、創刊10周年を迎えた「日本経済新聞 電子版」では、緊急事態宣言以降、新規獲得率だけでなくリテンション率が高まっているという。いまや、読者の関心度合いである「オーディエンスエンゲージメント」データをリアルタイムで分析し、コンテンツ制作や見せ方に生かしはじめた日本経済新聞社の最新戦略に学ぶ。

<詳細>

◾️開催日時2020年6月25日木)10:50~ 入室開始/ 11:00~ 開演

◾️対象:
DIGIDAY+ 会員の方:参加費 無料
 *Facebookグループでご案内しているプロモーションコードをご利用ください。

⑵非会員の方:参加費 1,000

◾️参加者数:100~200名程度

◾️視聴方法:Zoomウェビナー(開催前日までに参加リンクをお送りさせて頂きます)

◾️タイムスケジュール
10:50 入室開始
11:00 開演/冒頭挨拶
 [プレゼンター]
    ・長田真氏(DIGIDAY[日本版]編集部 編集長)
11:05 プレゼンテーション
 [プレゼンター]
    ・飯田展久氏(日本経済新聞社 執行役員 デジタル事業 デジタル編成ユニット長)
11:20 ディスカッション
11:50 Q&A
12:10 終了

◾️登壇者(*順不同)
・飯田展久氏
日本経済新聞社 執行役員 デジタル事業 デジタル編成ユニット長

1987年日本経済新聞社入社、大阪本社編集局社会部に配属。1999年~2002年インドネシア・ジャカルタ支局長。2012年編集局消費産業部長。2014年編集局次長兼企業報道部長。2015年日経ビジネス(日経BP)編集長。2017年~2019年アジア編集総局長(タイ・バンコク駐在)。2019年4月よりデジタル事業 デジタル編成ユニット長(現職)。2020年3月執行役員に就任、現在に至る。


【注意事項】
参加申し込みにおけますプロモーションコードの転用につきましてもお断りさせて頂いておりますので予めご留意くださいませ。
※登壇者やタイムスケジュールは、予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※本イベントは、Zoomにて実施いたします。事前にZoomをダウンロードの上、ご準備ください。
チケットは、お1人様1枚までとさせていただきます。
セッション内容は、予告なく変更となる場合がございます。
キャンセルされる場合には、お早めにご連絡ください。
個々のアカウントでのSNS発信について制限はいたしません。セッション時は登壇者の意向が優先されます。

開催場所

Zoom ウェビナー

主催者情報

インフォバーングループ

インフォバーングループはオンラインパブリッシャーのパイオニア企業として、企業とユーザーをつなぐためのストーリーを紡ぎ続けてきました。メディア運営を通じて得た知見を軸に、企業のBRANDING(コンテンツマーケティングをベースにしたブランド育成支援)、CREATIVE(メディア構築・運営支援)、INNOVATION(プロダクト/サービス開発支援)の3領域をサポートいたします。

INFOBAHN group have been creating various stories to connect companies and customers as a pioneer in online publishing fields. With our wealth knowledge and know-how which we have acquired through media management experiences, we support your business from these three approaches; corporate’s BRANDING (content marketing oriented brand development), CREATIVE (media creation and operation), INNOVATION(product/service development).

<業務領域>
ユーザーエクスペリエンス(UX)戦略支援/プロダクト・サービス開発支援/デジタルマーケティング戦略支援/メディアプランニング/データアナリティクス/コンテンツマーケティングプランニング/イベントマーケティング/オウンドメディア構築/ブランドサイト構築