このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP

2020/03/19(木) 10:00 ~ 18:00

赤坂インターシティコンファレンス (赤坂インターシティコンファレンス 4F, 1-8-1, 港区赤坂, 東京都, 107-0052, Japan)

[主催] ASCII(アスキー)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 映像アーカイブ配信チケット

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2020/03/31(火) 11:00 更新

★★JAPAN INNOVATION DAY 2020アーカイブ配信のお知らせ★★

この度は2020319日に開催を予定しておりました「JAPAN INNOVATION DAY 2020」へ申込いただきありがとうございました。
お知らせしておりました「無観客での講演実施・映像アーカイブ配信」につきまして、配信の準備が整いましたので、ご連絡いたします。

 申込時に入力いただきましたご連絡先に「映像アーカイブ」へアクセス用のURLを記載したメールを別途お送りさせていただきました。
そちらよりご視聴いただけますと幸いです。
また、本日以降複数回に渡って配信を進めさせていただきます。
※視聴可能コンテンツが増えたタイミングで、ご登録いただいたメールアドレスへメールをお送りいたします。

ご視聴に関するお問い合わせ・ご不明点などはこちらのメッセージにてご連絡ください。

皆様におかれましては多大なるご心配、ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません。
今後ともASCII STARTUPをよろしくお願い申し上げます。


JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』事務局


    • 2020/03/12(木) 19:04 更新
【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

2020
319日に開催を予定しております
JAPAN INNOVATION DAY 2020」につきまして、
新型コロナウイルスの感染予防に関する
39日発表の政府のイベント自粛延長方針を受けまして、
本イベントにつきましては、
「展示取りやめ」「無観客での講演実施・映像アーカイブ配信」の形に
開催形態を変更させていただきます。
ご来場を予定されていたみなさまには直前でのご連絡になってしまい恐縮ですが、
関係するすべての参加者の安全面を配慮のうえでの決定となりました。

講演の配信対象としましては、チケットの種類にかかわらずイベントの申込者全員を予定しております。
※既に有料チケットを購入されているお客様については、いったん払い戻しとさせていただきます。

なお、配信内容につきましては生配信ではなく、アーカイブ動画の配信を予定しておりますので、あらかじめご了承くださいませ。
配信の方法やスケジュールなどは、チケットへお申し込みいただきましたみなさまに別途ご連絡いたします。

皆様におかれましては多大なるご心配、ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程何卒宜しくお願い申し上げます。

2020
3月12日
ASCII STARTUP
    • 2020/02/27(木) 22:11 更新

【重要】新型コロナウイルス感染予防に関する対策とご来場のお客様へのお願い

JAPAN INOVATION DAY 2020では、新型コロナウイルスの感染予防に関して、 厚生労働省のガイドラインを参考にイベント会場(赤坂インターシティコンファレンス)と連携の上、下記対策を実施いたします。

ご来場のお客様や出展社様など、イベント開催に関わる全関係者の安全を配慮の上準備を進めてまいりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

厚生労働省ガイドラインを参考に下記対策を実施致します。

  • ビル入口や会場入口など各所に、手指用アルコール消毒液を設置
  • 会場入口付近に「咳エチケット・手洗い・うがい・消毒のお願い」を掲出
  • トイレ内に「咳エチケット・手洗い・うがい・消毒のお願い」を掲出
  • 運営スタッフ・ビルスタッフ(警備や受付、清掃員)のマスク着用・推奨

出展社・来場者へのお願い

  • 当日、発熱・咳・全身痛などの症状がある方は来場をご遠慮ください。
  • 会場内ではマスク着用をお願いします。
  • 手洗い・うがいの励行をお願いいたします。
  • 会場内に手指用アルコール消毒液を設置しているのでご利用ください。
  • 尚、感染拡大状況や政府発表によっては、本イベントを中止する可能性もございますので予めご了承ください。
[参考]
厚生労働省:イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ(2020/2/20)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00002.html

イベント概要

3/12更新
★★【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について新着投稿をご覧ください。★★



ASCIIが贈る日本の明日を変えるテックとビジネスが集う展示会イベント「JAPAN INNOVATION DAY 2020」2020年3月19日(木)開催!

ASCII.jp連載記事(最新情報はこちらで!)

JID公式サイトはこちら!


【重要】新型コロナウイルス感染予防に関する対策とご来場のお客様へのお願い


「JAPAN INNOVATION DAY 2020」は、これまでASCII STARTUPが開催してきた、ハードウェアとIoTプロダクト関連事業者の展示交流・ビジネスセミナーイベント「IoT&H/W BIZ DAY」の対象分野と規模を拡大したイベントとなります。

今回で2度目の開催となるJAPAN INNOVATION DAY 2020では、目前に迫る5Gのトレンドほか、IoT・ハードウェア、AIにとどまらず、フィンテックやヘルステック、スポーツテックなどより広い業界をカバーする形で、参加者同士のコラボを促進します。テクノロジーに対して目の肥えた来場者に対する購買や協業検討、また一方でテストマーケティングやフィードバック、メディアと連動した認知拡大のチャンスとして活用いただけます。

イベントでは、先端・先進的な技術やサービス、製品を有する多数の企業によるサービスやプロダクトについての展示、デモ、さらには物販などを予定しており、展示会場では、ほかでは味わえない、イノベーティブなテクノロジートレンドの先端を体験いただけます。

セッションについても、オープンイノベーションや知財戦略など幅広いジャンルにて2会場で展開予定です。

前回の「JAPAN INNOVATION DAY 2019」は、多数のビジネスマッチング・ネットワーキングの場として活用され、来場された多くのお客様や出展企業様よりご好評をいただきました。本イベントも、多くの来場者様、出展企業様に向けて、今まで以上に幅広い分野での先端テクノロジーにおけるビジネスマッチング・ネットワーキングの場としてご提供する想定です。

こんな方にオススメ!

ビジネスとして、イノベーション推進に関わる企業関係者、企業内の新規事業・投資部門・購買などの担当者、スタートアップ関係者、起業を考えている方など、XTechに興味のあるビジネスマン・エンジニア・ASCII読者の皆さま、イノベーティブなサービスやプロダクト、ビジネスのシーズに関心がある方のご参加をお待ちしております。

 

|展示ブース

先端的な企業による展示、実機デモなどを実施。
出展企業の詳細はイベント特集記事にて順次お知らせしてまいります。  

|カンファレンスセッション

セッションA-1:11:00~
「デジタル産業のビジョン~5G以降の潮流、産業の変化を踏まえたSociety5.0時代のデジタル戦略~」

【登壇者】菊川 人吾氏(経済産業省 商務情報政策局 情報産業課長) 

【セッション内容】
 国内でのさまざまなサービスでの適用が期待される5G。4Gでは動画配信やSaaSなどが進展したが、5Gではどのような新ビジネスがもたらされるのか。また、5Gをめぐって技術覇権争いも喧伝されるが、実際何が起こっているのか。基調講演として、5Gに関する開発支援や設備投資税制を担当する経済産業省 情報産業課の菊川人吾氏を招き、Society5.0の実現に向けた重要な社会基盤となるであろう5Gについて、必要な施策やビジネスとしての可能性をお届けする。


セッションA-2:13:00~
「日本でもオープンイノベーション推進中 3D空間を把握するシリコンバレー有力ベンチャー『3i INSITE』の実力」

【登壇者】
Ken Kim氏(3i Inc. CEO)
Jeonghoon Lee氏(3i Inc. セールスマネジャー)

【セッション内容】
 現在、さまざまな業界において、施設管理、現場調査が求められていますが、これらの作業の多くは依然としてアナログ、マニュアルで実施されております。こうした課題を解決するため、現場情報のデジタルツイン化を、市販の3Dカメラを用いて簡易に実現するソリューションについてご紹介します。本ソリューションは、市販のカメラを強力なキャプチャツールに変える「3i INSITEアプリ」と、3Dでのコラボレーションを促進し、一元化されたドキュメントシステムや自動ドキュメンテーション機能を提供する「3i INSITEWeb」から構成されます。本セッションでは、それぞれ3i独自の特徴について、デモを交えながらご紹介させて頂きます。

セッションA-3:14:00~
ソフトとハードの融合領域における、スタートアップと製造業の爆速連携事例

【登壇者】
服部 伴之氏(株式会社ファーストアセント 代表取締役社長)
橋爪 良博氏(有限会社スワニー 代表取締役社長)
山田 祐輝氏(株式会社ノエックス 代表取締役社長)
中間 康介氏(一般社団法人環境共創イニシアチブ)

【セッション内容】
 AIの進化・普及にともない、ソフトウェアのみで解決する課題はほとんど解決し始められている。この状況においてスタートアップ等が新たな事業機会を得るためには、データを取得するためのハードウェア、判定結果をフィードバックするためのハードウェアを開発し、AIの価値を高める「ソフトとハードの融合領域」に取り組む必要性がある。本セッションは、その領域に取り組むスタートアップと、スタートアップのハードウェア製造を支援する事業者(スタートアップファクトリー)の連携にて、爆速にてCES出展にいたった事例を紹介し、AIスタートアップのものづくりの課題等についてディスカッションを行う。(関連情報はこちら



セッションA-4:15:00~
IPナレッジカンファレンス for Startup 2020

【登壇者】
鮫島 正洋氏【委員長】(弁護士法人内田・鮫島法律事務所 パートナー 弁理士)
安高 史朗氏(IPTech特許業務法人 代表弁理士・公認会計士)
千葉 功太郎氏(Drone Fund 共同創業者/代表パートナー)
大前 創希氏(Drone Fund 共同創業者/代表パートナー)
南野 充則氏(株式会社 FiNC Technologies 代表取締役 CEO)

【セッション内容】
 「IPナレッジカンファレンス for Startup 2020」では、「IP BASE AWARD」各部門の授賞式を行ない、各部門受賞者の取組を共有。また後半には、スタートアップに必要な知財戦略のポイントや、スタートアップエコシステムにおける知財支援のポイントをテーマに、IP BASE AWARD選考委員と受賞者によるセッションを実施する。



セッションB-1:12:00~
5G×●●×ベンチャーで何が起こる!?
5G時代のビジネスチャンスをベンチャー企業が言いたい放題

【登壇者】
徳山 真旭氏(
株式会社AnchorZ 創業者 兼 代表取締役CEO)
清水 淳史氏(株式会社トルビズオン 取締役COO)
古川 浩氏(PicoCELA株式会社 代表取締役CEO)
ガチ鈴木【モデレーター】(株式会社角川アスキー総合研究所 ASCII STARTUP )

【セッション内容】
 いよいよ5Gの国内での商業利用が開始される。5Gの特徴は高速大容量、超低遅延、IoTや配信など多数端末接続などと言われる中、実際のところ、新しいビジネスの芽はどこにあるのだろうか――その答えはベンチャー企業が持っている。異業種コラボがキーと言われる5Gのビジネスチャンスは、●●×ベンチャーこそが事業をつくっていく時代と言えよう。本セッションではセキュリティー、ネットワークインフラ、ドローンとビジネスを展開するベンチャー企業3社に登壇いただき、それぞれ得意とする事業領域に加えて、5G時代の「ビジネスの波」はどこにあるのかを訊いていく。



セッションB-2:13:00~
大企業カーブアウトベンチャーの未来と可能性を探る

【登壇者】
佐藤 義彦氏(Chordia Therapeutics株式会社 事業開発Senior Director)
笠原 幹夫氏(ロシュファーマジャパン パートナリング本部 事業開発ディレクター)
安西 智宏氏(株式会社ファストトラックイニシアティブ 取締役COO マネージングパートナー)
武内 博文氏【ファシリテーター】(ユビエンス株式会社 代表取締役 Co-founder)

【セッション内容】
 親会社が一定の株式を保有しつつ、知財や施設を切り出し、会社化したカーブアウトベンチャー企業。盛り上がりを見せるオープンイノベーションの動きの一方で、国内製薬業界の場合、IPOやM&AのEXITで一定の成果を生み、その事例も増えてきている。本セッションではライフサイエンス領域を背景に、日本における「カーブアウト」の未来・可能性を探ってみたい。領域がクロスする時代に他業種も含めた事業開発の参考になる内容としてお届けする。


セッションB-3:14:00~
ブロックチェーンソリューションの未来とセキュリティ

【登壇者】
余語 邦彦氏(フレセッツ株式会社 共同創業者・取締役)
渡辺 創太氏(Stake Technologies株式会社 代表取締役社長)
松山 雄太氏(株式会社TECHFUND 代表取締役)
久我 吉史氏
北島 幹雄【モデレーター】(ASCII STARTUP)

【セッション内容】
 ブロックチェーンを活用した企業のITソリューションは、実証実験の域を脱していない感が否めません。一方で技術動向に目を向ければ、ブロックチェーンが持つデメリットを解消するような進歩や、技術進歩による新たなセキュリティーの事故、その事故から身を守るための新たなセキュリティーソリューションなど……。目まぐるしくブロックチェーンの技術動向は発展を遂げています。そんななか最新鋭の技術を具備して、日本のみならず世界へと挑戦するブロックチェーンスタートアップ企業がどのようなことを考えているのか。ビジネスを前に進めるソリューション開発と、脅威から身を守るセキュリティーの2つの観点から深いディスカッションを行なうパネルセッションです。


セッションB-4:15:00~
大手とのオープンイノベーション&自治体が進めるベンチャーエコシステム
スタートアップとVCが語る、知らないと失敗する落とし穴

【登壇者】
権 基哲氏(Con代表)
長野 泰和氏(株式会社KVP 代表取締役社長)
大津 愛氏(株式会社COMPASS 代表取締役CEO)

【セッション内容】
 ベンチャーエコシステム、オープンイノベーションという言葉が少しずつ浸透していく中、ここ数年で様々な事例が出てきました。果たして、今、ベンチャーエコシステムはうまくいっているのか、オープンイノベーションは結果としてどう捉えられているのか。本セッションは、大手企業や自治体とともに取り組むスタートアップと、多くのスタートアップ、大企業を見てきた業界トップクラスのベンチャーキャピタリストから、それぞれの視点で、エコシステム作り、大企業の協業についてディスカッションを行う。


|『JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』開催概要

■日時:2020年3月19日(木)
開場 10時 終了予定 18時(予定)
■場所:赤坂インターシティコンファレンス
所在地 107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
最寄駅 東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」直結 千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結
■入場料:展示ブース(無料)、全カンファレンス&展示フリーパス【EventRegist限定】(8000円)
■イベント内容:各種セッション、出展ブースなど
■参加方法:カンファレンス / 展示ブース共に事前登録制
■出展企業:近日発表
■主催:ASCII STARTUP
■協賛・協力:近日発表
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。
※個人での請求書発行は原則受け付けておりませんのでご了承ください。

【個人情報の取扱について】
お申込みいただきました個人情報は、イベント主催を行うASCII(株式会社角川アスキー総合研究所)が参加申込の管理および当セミナーに関するご案内に利用します。当社より電子メールや電話などで、運営する関連サービスおよびイベントのご案内に利用させていただきます。なお、お客様の個人情報は、当セミナーの主催である株式会社角川アスキー総合研究所並びに株式会社KADOKAWA及び同社のグループ会社に提供され、無断でその他の第三者に提供することはございません。
 
個人情報の利用目的および取り扱いについては、下記プライバシーポリシー等をご参照ください。
 
ASCII(株式会社角川アスキー総合研究所)
http://www.lab-kadokawa.com/privacy/

------------------------------------------

当イベントについてのお問い合わせは「主催者情報」よりお願いいたします。

-----------------------------------------

ASCII
ASCII STARTUP

開催日時

開始日時:2020/03/19(木) 10:00

終了日時:2020/03/19(木) 18:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

赤坂インターシティコンファレンス

東京都 港区赤坂 1-8-1 赤坂インターシティコンファレンス 4F

主催者情報

ASCII(アスキー)

ASCIIによるEventRegistアカウントです。ASCII STARTUPやTECH ASCIIなどのイベントをお届けいたします。

株式会社角川アスキー総合研究所