Language

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

Share this Event

This event has ended.

MASHING UP SUMMIT 2020 —The Future of Women’s Well-being

2020/02/28(Fri) 13:00 - 19:00

TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ) (2丁目1-2, 港区麻布台, 東京都, 106-0041, Japan)

[Host] MASHING UP 運営事務局(株式会社メディアジーン)

Register here How to buy tickets
Available payment methods

    • Ticket Type
    • Amount (tax incl.)
    • Quantity
    • MASHING UP SUMMIT 2020参加チケット

      Sales Period Finished

      パネルディスカッション、全セッション、ワークショップ、アフターパーティー、お土産バッグ。
    • ¥16,500
    • -

You can view receipt data for this event.

After ordering your ticket(s), a "Show Receipt data" button will appear on your "My Tickets" page. From here you can either display the receipt data or print it out when needed.

Event Description

MASHING UP SUMMIT 2020 プログラムの縮小と変更のお知らせ

MASHING UP SUMMIT 2020は、26日の政府によるアナウンスをうけ、ネットワーキングパーティおよびワークショップ、食品の提供を中止いたします。

開催プログラムも変更し、同会場でのプログラムの動画収録に形式を変更いたします。なお、チケットをお持ちで、セッションの動画収録の観覧をご希望の方は会場でご覧いただくことができます。すでにチケットをお求めの方で、キャンセルをご希望の方に対しましては払い戻しの対応を行います。

変更後のプログラムにつきましては、セッションタイムテーブルをご参照ください。ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします。ご来場いただけない方への対応といたしまして、収録内容を後日、動画や記事のかたちでお届けしたいと考えております。

収録観覧のため会場へのご来場をご検討のみなさまへ
・ご来場の際はマスクのご着用を推奨いたします。
・会場には消毒アルコールを配備いたします。
・スタッフは厚生労働省発表による資料「新型コロナウィルスを防ぐには」の内容にもとづき行動いたします。

以下に該当される方は、ご来場をお控えください。

・37.5度以上の発熱のある方。
・咳があり、長引いている方。
・喉の痛みがある方。
・強いだるさのある方。
・持病をお持ちの方。
・妊娠中の方。

プログラムその他で変更、各種のお知らせにつきましては、随時イベントサイトでご案内いたします。

ーーーーー

働く女性にとって、心も身体も充実し社会に貢献できていると実感できる環境とはどのようなものでしょうか? Well-beingとは、身体的、精神的、社会的に良好である状態を指します。今回、MASHING UPは、働く女性が未来のWell-beingについて考える会を開催します。2019年、日本はジェンダー・ギャップ指数において121位にまでランクを下げました。この状況下で「女性が働く、働き続けるための環境」を作るにはどうしたらいいのでしょうか。現在進行形で社会をリードする皆さんの熱い議論を、ぜひこの場所で。


■予定セッション
1)The Future of Women's Well-being 働く女性を取り巻く課題、未来のかたち

Well-beingとは、個人やグループが身体的、精神的、社会的に良好である状態を指します。働く女性にとって、心身が充実し社会に貢献できていると実感できる環境とはどのようなものでしょうか? 2019年、ジェンダー・ギャップ指数において121位にまでランクを下げた日本。この状況下で「女性が働く、働き続けるための環境」を作るには?現在進行形で社会をリードするMASHING UPボードメンバーが、女性を取り巻く課題とあるべき未来についてディスカッションします。

登壇予定:岡島悦子氏(プロノバ)、篠田真貴子氏、浜田敬子氏(ビジネスインサイダージャパン)、村上由美子氏(経済協力開発機構/OECD 東京センター)


2)キーノートスピーチ:ビューティ新潮流。業界を変容させるウェルネスムーブメントとは

海外スピーカーを招き、グローバルなビジネスの現場におけるWell-beingの潮流を知るセッション。今回はファッション&ビューティの領域を扱う米マーケティング専門メディアGlossyの編集長を迎え、グローバルな市場でのラグジュアリー&ビューティビジネスにおける、Well-beingをとりまくトレンドを伺います。

登壇予定:Jill Manoff氏 (GLOSSY 編集長)、日高 久美子氏(WeWork Japan)


3)Femtechがもたらすヘルスケアの未来ーーTrends And Highlights In Women’s Health Technology

フェムテックというキーワードが話題を集めて久しい昨今。巨大マーケットとしてあるいは、女性のヘルスケアの救世主として期待が高まる注目の領域です。フェムテックとはなにか。トレンドは?解決できる課題は?海外フェムテック事情に詳しいfermataCOOのプレゼンテーションで「フェムテックのすべて」がわかるセッション。

登壇者:杉本亜美奈氏(fermata Inc.)、中村寛子氏(mash-inc.


4)ラップアップセッション:The Future of Women's Well-being 働く女性を取り巻く課題、未来のかたち

働く女性にとって、心身が充実し社会に貢献できていると実感できる環境とはどのようなものでしょうか? 「女性が働く、働き続けるための環境」を作るには?当日のセッションで浮き彫りになった課題や盛り上がった話題を受けて、未来の女性のWell-beingのあるべき姿を探ります。

登壇者:石川 善樹氏(予防医学研究者)、白河桃子氏(少子化ジャーナリスト、作家)、末松弥奈子氏(ジャパンタイムズ)、山口有希子氏(パナソニック)

そのほか、セッションやワークショップ等を予定しています。


【開催概要】

MASHING UP SUMMIT 2020
——The Future of Women’s Well-being

■日時:2020年2月28日(金)13:00-19:00予定(途中入出場可)
■会場:TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)/東京都港区麻布台2丁目1-2
■主催:MASHING UP実行委員会(株式会社メディアジーン、mash-inc.)
■当日お問い合わせ先:080-4026-1745

ご注意事項                 

チケット価格・払い戻しについて
・チケットは全て税込み価格です。
・一度お申し込みいただいたチケットの変更・払戻はできません。

特別招待コード/特別割引コードをご利用の方
・特別招待コード/割引コードをお持ちのお客様は、「プロモーションコードを入力」欄に、対象のコードを入力し【適用】ボタンを押してください。割引適用後のチケット価格が表示されます。

介助・付き添いが必要な方
・参加にあたり、介助者・付き添いが必要な方は事前に事務局にお知らせ下さい(介助者・付き添いの方は無料でご参加いただけます)。

プレスパス発行について
・プレスパスの発行をご希望の方はお問い合わせください。事務局より折返しご連絡させていただきます。
※本イベントでは、事前登録のないプレス関係者は原則入場はできません。
※いただいた情報をもとに、パス発行の可否について事務局よりご連絡させていただきます。ご意向に添えない可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

Event Starts

Start Date:2020/02/28(Fri) 13:00

End Date:2020/02/28(Fri) 19:00

Add to google calendar

Location

TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)

東京都 港区麻布台 2丁目1-2

Organizer information

MASHING UP 運営事務局(株式会社メディアジーン)

MASHING UPは女性目線で考えるダイバーシティ推進のプロジェクトです。
年に一度開催されるカンファレンスをはじめとするイベントや、オンラインメディア、コミュニティを通じて、働く女性同士をはじめ、性別、業種、世代、国籍を超えた人々を有機的につないでいきます。また、私たちはこの活動を通じて、個人や企業にアプローチし、多彩なバックグラウンドを持つ人々がそれぞれに尊重しあえる社会の実現を目指します。また、女性エンパワメント、ジェンダー平等をはじめ、持続可能な開発目標に賛同する人々をサポートし、真にインクルーシブな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

MASHING UPオンラインメディアはこちら

MASHING UPカンファレンスの情報はこちら

Attendees (131)