このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

10/4 ベンチャー企業の資金調達戦略 〜クラウドファンディングからM&Aによる出口戦略まで~

2017/10/04(水) 19:00 ~ 21:30

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 10/4 ベンチャー企業の資金調達戦略 〜クラウドファンディングからM&Aによる出口戦略まで〜

      受付期間が終了しました

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
    • ¥12,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

ベンチャー企業の資金調達戦略
~クラウドファンディングからM&Aによる出口戦略まで~

(講座詳細はこちら)

 ベンチャー企業の資金調達戦略とは一体どんなものなのでしょうか。ベンチャー企業は開発ステージ、スタートアップステージから、収益化のステージまでの間、起伏の激しい成長曲線を描きます。起業してから資金回収出来るまではタイムラグがあり、リスクに対応した資金調達戦略をたてる必要があります。また、最近ではクラウドファンディングの活用も目立ってきました。

 一方、ベンチャー企業の出口としては、かつては株式公開(IPO)を目指すことが主流でしたが、他社に事業を売却する流れもこの10年ほどの間に定着しつつあります。その意味では、ベンチャー企業への資金の出し手の時間軸もやや短くなりつつあります。

 本講座では、ベンチャー企業が収益化するまでにたどる収益曲線“Jカーブ”を理解し、成長ステージに合わせて、どんな資金調達戦略をたてる必要があるかを考えます。その上で投資する側の立場であるベンチャーキャピタル(VC)がどんな基準で投資判断を行っているのか、VCとの間で交わされる“投資契約書”では、どんなことが約されるのかについても触れながら学びます。
また、最近ではベンチャー企業による事業売却、買収件数も増加しているという背景を踏まえ、
M&A戦略や事業投資戦略、買収後の事業運営(PMI)についても解説します。
 
 まさにベンチャー企業を立ち上げたいと考えられている方はもちろんのこと、組織の中で新規事業を立ち上げようと考えられている方、社内でベンチャー企業の
M&Aを検討されている方などにとって、ベンチャー企業の成長ステージに焦点を当てたファイナンスの考え方をお教えします。

<カリキュラム>
1. ベンチャー企業の財務戦略と資金調達のアウトライン
2. エクイティファイナンスとデッドファイナンスについて
3. ベンチャーファイナンスの理解に必要なコーポレートファイナンス知識のレビュー
4. 未上場企業の株価算出(バリュエーション)
5. ベンチャーキャピタルファンドの投資行動
6. ベンチャー企業のM&Aと事業投資戦略について

講師:
保田隆明 (神戸大学経営学研究科 准教授) 
田中慎一 (株式会社インテグリティ代表取締役 / 企業財務コンサルタント)

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

お申込み

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

開催日時

開始日時:2017/10/04(水) 19:00

終了日時:2017/10/04(水) 21:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

アカデミーヒルズ

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

主催者情報

アカデミーヒルズ スクール事務局

受付時間:10:00-18:30
(土・日・祝・年末年始を除く)

※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。