Language

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

Share this Event

  • Send via Email
  • mixi check

This event has ended.

6/22 GASセミナー:ソーシャル・メディアは今後どうなるのか?

2018/06/22(Fri) 19:00 - 20:30 (JST)

アカデミーヒルズ Academyhills (Tokyo 港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49階 49th floor of Mori Tower, Roppongi Hills, Roppongi Minato-Ward, Tokyo)

[Host] アカデミーヒルズ スクール事務局

Register here How to buy tickets
Available payment methods

    • Ticket Type
    • Amount (tax incl.)
    • Quantity
    • The Role of Social Media in the Use of Personal Information

      Sales Period Finished

      ※受付開始は18:30頃を予定しております。
      ※The door will open at around 18:30.
    • ¥4,000
    • -

You can view receipt data for this event.

After ordering your ticket(s), a "Show Receipt data" button will appear on your "My Tickets" page. From here you can either display the receipt data or print it out when needed.

Event Description

academyhills

ソーシャル・メディアは今度どうなるのか? 

~The Role of Social Media in the Use of Personal Information for Advertising and Promotion~

(講座詳細はこちら: Click here for details)

【English Follows】
フェイスブックやツイッターなどのソーシャル・メディア(SNS)などに代表されるデジタル・コミュニケーション・メディアは、今や私たちの生活に計り知れない影響を及ぼしつつあります。

企業が急増するデジタル・コミュニケーション・メディアをどうビジネスに活用するかは、従来からの広告やPRの領域を超えて、企業の競争力を大きく左右しています。そして、膨大なデータを持つ民間企業が、個人情報の分析を通して、消費者の利便を図るのか、それともそれを使って消費者の行動をコントロールする方向にいくのか、は、今盛んに議論されているテーマでもあります。こうした背景の下、個人情報の保護に関する規制も各国で優先課題となっており、欧州は、日本や米国よりもプライバシー保護を厳しく規制する方針を採っています。 

デジタル・コミュニケーション・メディアはビジネスだけでなく、従来のメディアを介さず、世界を相手に、直接メッセージを発信できることから、政治家による利用も活発です。また、一般市民が国境を超えるこのメディアを用いることによって、新しい形の国家間の関係を形成する可能性、いわばこれまでとは少し違った形でのソフトパワーの台頭も期待されています。同時に、フェイスブックの個人情報の不正流用や偽ニュースの選挙への影響が露呈するなど、このメディアが悪用される可能性も否定できません。ユーザーが気づかないうちに自分の情報が第三者に提供され、政治的に利用されることもありうる、という現実を見過ごすわけにはいきません。

本セミナーでは、企業による個人情報の活用はどうあるべきか、デジタルメディアを駆使する新しいソフトパワーをどのように世界レベルでの安全保障、成長や繁栄に結びつけられるか、またデータが不正流出した場合の影響、誰が個人情報をモニターするべきか、等についてこの分野に詳しい専門家と考察します。

ゲストのお1人目は、マーケティングおよびコミュニケーションサービスを提供するウィリアムズ・リー・ジャパン代表取締役社長の久保明彦氏。

そしてお2人目は、ブリティッシュ・カウンシルの駐日代表で、市民外交、ソフトパワーの専門家であるマット・バーニー氏です。

投稿や購買など、個人がネット上で行動する中で吸い上げられるデータ。SNSをビジネスで使う企業も、SNSを個人で利用する人も、誰にでも関わる重要な問題について、政治・経済・外交、そして世界という広い視点から考えます。

Digital communication media and social media platforms such as Twitter and Facebook have made unprecedented impact on our life. 

The way companies make use of ever expanding digital communication media for business purposes gone beyond traditional advertising and public relations and their success can make or break the company. Would private sector use their abundant data to enhance consumers’ benefit by analytics or would they try to manipulate the behavior of consumers? That is the question now debated. In fact, how to regulate the data flow has attracted much attention throughout the world. Countries differ in their approach to privacy protection. For example, the EU is stricter than the US and Japan regarding privacy issues, perhaps due to language barriers.   

Digital communication media has also increasingly used by politicians, as they realize its value of communicating directly to the public throughout the world, without interference or interpretation by the traditional mass media; newspapers and TV.

Citizens can design the new form of international relationships and diplomacy, by using digital communication media beyond boundaries.  In other words, a relatively new form of “soft power” using digital media is emerging which is shaping perceptions and, in turn, the attractiveness of nations and what they stand for. 

Recently, the role of social media companies has expanded and these companies have made their customers/consumers information accessible to a much broader audience-- connecting people with similar interests.  On the other hand, many recognize the possibility of high tech social media companies like Facebook and Twitter using (or misusing?) their customers information for their advertising and/or promotional purposes. People are possibly unknowingly or unwillingly being used by social media companies and sometimes by political consultancies to influence the election.

Now, the question has been raised as to how aware the public is about personal information distribution and usage and about users right to privacy. Who owns the data we provide to these social media companies has become the critical issue.

During this seminar, a panel of experts will discuss the current use and misuse of an individual
s information, who “owns” the data, how we can ensure that “new soft power” using digital communication media leads to international security, prosperity and growth, who should monitor and safeguard the privacy of the individual, and what is the role of the company/the individual/the government/public diplomacy agencies as it relates to these issues. 

The panel will consist of Mr. Aki Kubo, Representative Director of the Williams Lea Tag in Japan who has multiple clients for their communication services in North Asia and Mr. Matt Burney, Director of British Council of Japan and expert on the role of citizen-to-citizen diplomacy and soft power.

 Guest Speaker 
Akihiko Kubo
(株式会社ウィリアムズ・リー・ジャパン代表取締役社長/Representative Director, Japan, Williams Lea Tag)
Matt Burney
(ブリティッシュ・カウンシル駐日代表/Director Japan, British Council, Japan)

 Moderator 
石倉洋子/Yoko Ishikura
(一橋大学名誉教授/Professor Emeritus of Hitotsubashi University)


■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 Please note that we do not accept cancellation and the payment is non-refundable.■■■

お支払い方法 (Payment Options)

クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。
※クレジットカードのお支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

We accept credit card, PayPal, payment at convenience stores, and ATM payment.

*We do not accept cancellation and the payment is non-refundable.

*Credit card payment can only be made throuh VISA, MASTER and JCB.

*Only single payment is allowed.

お申込み(Please note upon registration)

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

In order for the speakers to understand the audience, we will provide them with part of the registered information.

Upcoming Events

See all events

Event Starts

Start Date:2018/06/22(Fri) 19:00 (JST)

End Date:2018/06/22(Fri) 20:30 (JST)

Add to google calendar

Location

アカデミーヒルズ Academyhills

49th floor of Mori Tower, Roppongi Hills, Roppongi Minato-Ward, Tokyo, 港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49階, Tokyo, 日本

Organizer information

アカデミーヒルズ スクール事務局

アカデミーヒルズスクールは、さまざまな受講形態で「創造」「交流」「発信」する知の拠点として“旬”な情報を提供し続けるビジネススクールです。

世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びのスタイルを追求しています。