このイベントをシェア

  • メールで送る

FIN/SUM 2018 & REG/SUM

2018/09/25(火) 09:00 ~ 2018/09/28(金) 19:00

丸ビル(東京・千代田)ほか

[主催] 日本経済新聞社

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 一般チケット(General Ticket)
      4日間通し、全会場の公開プログラムを観覧できます。学生の方以外はすべてこの一般チケットをご購入ください。
      Through 4 days, you can view the public programs at all the venues. Please purchase this general ticket except for students.
    • ¥100,000
    • 学生チケット(Ticket for Students)
      学生向けチケットです。4日間通し、全会場の公開プログラムを観覧できます。受付で学生証を確認させていただく場合があります。
      Ticket for students. Through 4 days, you can view the public programs at all the venues. We may check your student ID card at the reception desk.
    • ¥10,000

請求書発行によるお申込みが可能です

チケットの購入時、お支払い方法で「請求書発行希望」を選択して、必要事項を入力してください。

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2018/09/19(水) 14:14 更新
<フィンサム事務局からのお知らせ>
●Money20/20がフィンサムにやってくる!
9月26日(水)最新のフィンテックを学べる特別プログラム、お席の確保はお早めに

世界最大規模のフィンテックイベント、「Money20/20」がフィンサムにやってきます。9月26日(水)の特別プログラムとして、来年3月に開くアジア大会のロードショーを開催。最先端フィンテックの最新情報をお届けします。

アジアと世界の最新の業界動向やイノベーションについて、専門家が討議します。フィンテックのキーパーソンと交流し、来年3月にシンガポールで開催するMoney20/20アジア大会のテーマについて理解を深めるチャンスでもあります。

<Money20/20 Asia 東京ロードショー>
日時:2018年9月26日(水)午後3〜5時
会場:東京金融ビレッジ
(東京都千代田区大手町一丁目9-7 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー5F)
https://www.fine-tokyo.com/access/
演題:
「プラットフォーム・エコロジーで製品を構築し、スケールする方法」
「エンタープライズ・グレード・ブロックチェーン構築のチャンスと課題 ~技術面を掘り下げる」
「ゼロから銀行をつくるには」

登壇者所属企業:
ZhongAn International
Qulian Technology
Symphony Communication Services
ほか

ロードショーに参加すると、シンガポールで開くMoney20/20 Asia 2019への無料チケットを獲得するチャンスがあります。
フィンサムのチケットをお持ちの方は無料でロードショーに参加できます。登録はこちらから。
https://asia.money2020.com/tokyo-roadshow

座席を確保するため、登録をお勧めします。席は限られていますので、早めの登録をお願いいたします。

お会いするのを心待ちにしています!
 
マーケティング・スペシャリスト
ティファニー・リュー
Tiffany@Money2020.com
    • 2018/09/19(水) 13:16 更新
<フィンサム事務局からのお知らせ>
●ワークショップの見どころ(国内省庁編)
「フィンサム2018&レグサム」ではワークショップが約95本と昨年の2倍以上。多くの魅力的ラインアップの中から、国内省庁や中央銀行が企画するプログラムをご紹介します。

▽特許庁
9月25日
15時~16時30分
会場:三菱ビル10階「グランド」
特許庁セッション「未来へ突き抜ける企業になるために ~守る!稼ぐ!明日から役に立つ特許とは~」
河野 英仁 河野特許事務所 所長・弁理士
上村 篤 メルカリ IPリーガルグループ マネージャー
元木 新 モバイルインターネットキャピタル マネージングディレクター
萩島 豪 特許庁 審査第四部審査調査室 主査
大平 貴久 デロイトトーマツベンチャーサポート プラットフォーム事業部 事業部長 Fintechチームリーダー(モデレータ)

9月26日
10時30分~12時00分
会場:「グローバルビジネスハブ東京」(大手町フィナンシャルシティ グランキューブ)
特許庁セッション「ブロックチェーンで変わる世界と知財戦略」
大石幸雄 TMI総合法律事務所・弁理士
足立昌聰 LINE 弁護士
杉井靖典 カレンシーポートCEO
松本要 特許庁企画調査課(モデレータ)

▽日本銀行
9月26日
15時30分~17時
会場:丸ビル8階「Room4」 
日本銀行セッション「CB-Techの最前線:中央銀行は電気羊の夢を見るか ?」
奥地 俊夫 日本銀行決済機構局企画役
石坂 真吾 日本銀行金融機構局企画役
菅 和聖 日本銀行国際局企画役補佐
熊野 雄介 日本銀行調査統計局企画役補佐
清藤 武暢 日本銀行金融研究所主査
副島 豊 日本銀行決済機構局FinTechセンター FinTechセンター長(モデレーター)

▽国土交通省
9月27日 13時00分~18時00分
会場:グローバルビジネスハブ東京(大手町フィナンシャルシティ グランキューブ)
国土交通省連続スペシャルセッション

13:00~13:45
①「自動運転の実現に向けた国土交通省の取り組みについて」
自動車局総務課企画官 廣田 健久
技術政策課専門官 加隈 大介

13:45~14:45    
②パネルディスカッション「どう広がる日本のMaas」
日下雄介 国交省総合政策局公共交通政策部交通計画課交通政策企画調整官
清水宏之 日本マイクロソフト株式会社エンタープライズ事業本部 運輸・サービス営業統括本部運輸サービスソリューション インダストリーマネージャー MaaS/Smart Buildingソリューション本部 専任部長
中川剛志 東日本旅客鉄道総合企画本部 技術企画部次長
モデレーター : 中山淳史 日本経済新聞社編集局 コメンテーター

14:45~15:45
③「スマートシティの実現に向けて(仮)」
都市局都市計画課 課長補佐 関 信郎

15:45~16:00 コーヒーブレーク

16:00~17:00
④パネルディスカッション 「ラストワンマイルのイノベーション」
総合政策局物流政策課企画室長 野口 透良
イーパー株式会社代表取締役 内山智晴 
株式会社ラストワンマイルソリューション代表取締役 近藤正幸
株式会社ウケトル代表取締役 横濱悠平
モデレーター :村山 恵一 日本経済新聞社編集局 コメンテーター

17:00~18:00
⑤「国土交通省ベンチャー2030最終報告(仮)」
国土交通省政策ベンチャー2030 三善 由幸、酒井 達朗 他

18:00~20:00 懇親会

その他のプログラムは公式サイトをご覧ください(未掲載のプログラムもあります)。
公式サイト(ワークショップ・プログラムページ)
http://finsum.jp/ja/workshop/
    • 2018/09/19(水) 11:55 更新
<フィンサム事務局からのお知らせ>
●シンポジウムの見どころ
「フィンサム2018&レグサム」開幕までいよいよ1週間を切りました。今年のフィンサムはプログラムが質量ともに大幅にパワーアップ。公式サイトに随時掲載していますので、チェックよろしくお願いいたします。
フィンサム公式サイト(日本語版):
http://finsum.jp/ja/

メイン会場の丸ビルホール(丸ビル7階)で4日間にわたり開催するシンポジウムでは、国内外の金融機関や大手企業、行政機関、スタートアップ企業などの関係者が、フィンテックが経済社会に及ぼす恩恵や解決すべき課題について骨太な議論を交わします。

海外ではスタートアップ企業経営者の活躍でフィンテックの進化が加速し、経済や人々の生活に大きな変化をもたらします。その一人、英ネット専用銀行レボリュートのニコライ・ストロンスキー最高経営責任者(CEO)が登壇します。仮想通貨を含め、さまざまな通貨をスマホ上のアプリで手数料なしに両替するサービスを展開。既存の銀行に挑戦する「チャレンジャーバンク」と呼ばれる新興銀行の代表選手です。

中国からは同国のインターネット専業保険最大手、衆安在線財産保険(衆安保険)の許煒・最高執行責任者(COO)が参加します。同社はアリババ集団や騰訊控股(テンセント)、中国平安保険が出資して2013年に設立しました。ネット通販で購入した商品の返品送料を補償するなど、ネット関連企業と提携してニッチな損害保険商品を提供しています。

日本企業では、スタートアップに積極的に投資するSBIホールディングスの北尾吉孝社長が登壇し、フィンテックの将来像や投資戦略について語ります。NECの新野隆社長、農林中央金庫の奥和登理事長、Origamiの康井義貴社長らもそれぞれ単独講演を行います。

詳しくは公式サイトのプログラムページをご覧ください。
フィンサム公式サイト(シンポジウムプログラム):
http://finsum.jp/ja/symposium/

イベント概要

 日本経済新聞社と金融庁は9月2528日の4日間、グローバルイベント「フィンサム 2018 & レグサム」を東京・丸の内エリアで開催します。先端技術の力で金融サービスを便利にするフィンテック。規制対応をシンプルにするレグテック。この2大テーマにかかわる内外のスタートアップ、大手企業・金融機関、行政のキーパーソンらが一堂に会し、金融にとどまらず、あらゆる産業で活用可能なソリューションを探ります。http://finsum.jp/

【キャンセルポリシー】
 ご入金後、お申し込みをキャンセルされる場合は、当イベントのキャンセルポリシーに基づき下記キャンセル料を差し引いた金額の返金となります。
 9月10日(月)23:59まで 5,000円
 9月11日(火)0:00から 9月17日(月)23:59まで 20,000円
 9月18日(火)0:00以降のキャンセルの場合、返金いたしません。
※キャンセルの場合、「FIN/SUM」登録事務局(finsum@nikkeipr.co.jp)にご連絡ください。なお学生チケットは一切返金いたしません。

開催日時

開始日時:2018/09/25(火) 09:00

終了日時:2018/09/28(金) 19:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

丸ビル(東京・千代田)ほか

主催者情報

日本経済新聞社

主催: 日本経済新聞社 / 金融庁