このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

2020年のPBL導入に学校現場はどう取り組むべきか 〜世界中で実践されている探究的活動の手法をインターナショナルバカロレア校から学ぶ〜

2019/09/05(木) 18:00 ~ 20:00

株式会社リバネス東京本社 (飯田橋御幸ビル4階 セミナールーム, 1-4, 新宿区下宮比町, 東京都, 1620822, Japan)

[主催] 株式会社リバネス

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • セミナー参加:2020年のPBL導入に学校現場はどう取り組むべきか 〜世界中で実践されている探究的活動の手法をインターナショナルバカロレア校から学ぶ〜

      受付期間が終了しました

      教員向けセミナー参加費 ¥2,000
    • ¥2,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

2020年の学習指導要領改訂にあたって、日本の学校教育ではProject Based Learning(探究的活動)の実施が必須となります。国内ではまだ実施の例が少ないPBLですが、インターナショナルバカロレア(IB)校ではPYP、MYP、DP(日本の小学校、中学校、高校にあたる部分)という形式で、科目を横断した探究活動が以前から行われています。本セミナーでは、IB校での取り組みを参考に、学校で行うPBLへのヒントを学びます。IBを取得している東京学芸大学附属国際中等教育学校の後藤先生、開智学園 開智望小学校の北村先生、そして日本のインターナショナルスクールでIB課程を卒業し、現在イギリスの名門校、オックスフォード大学で在学中の安田さんにスピーカーとしてお越しいいただき、生徒の考える力、自発性、コミュニケーション力を育む探究的活動の実践例について伺います。

【セミナー概要 】
日時:2019年9月5日(木)18時〜20時 
場所:株式会社リバネス 東京本社・知識創業研究センター セミナー室 
(〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル4階) 
費用:2,000円 
定員:20名(先着順) 
対象:PBL教育に興味がある先生方、IB教育に興味がある学校経営者、先生方 
主催:リバネス教育総合研究センター

【セミナーの流れ】
・主催者の挨拶と研修の趣旨について 
リバネス教育総合研究センター センター長 前田里美 
・「開智望小学校におけるProject-based-learning の取り組みについて」 
学校法人開智学園 開智望小学校 
IBPYP コーディネーター 北村 克郎先生 
・IBで目指す学びの資質・能力と探究的な学び(Project-Based-Learning)の繋がりと実践報告」 
東京学芸大学附属国際中等教育学校 副校長 後藤貴裕先生 
・「PYP、DPでの学びと経験と大学での学びとの接点」 
オックスフォード大学 3年生  安田光里さん 
・Q&A

お申し込み&セミナー詳細はこちらのウェブサイト参照 
https://lne.st/ibseminar0905/

開催日時

開始日時:2019/09/05(木) 18:00

終了日時:2019/09/05(木) 20:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

株式会社リバネス東京本社

東京都 新宿区下宮比町 1-4 飯田橋御幸ビル4階 セミナールーム

0352274198

主催者情報

株式会社リバネス

企画・運営 株式会社リバネス