言語

EventRegist Co., Ltd.

Copyright © EventRegist Co., Ltd. All rights reserved.

 

 

 

このイベントは終了しました。

オフライン開催

3/14(月)15(火)第5回「映画脚本読込講座」(2日間) 脚本家・加藤正人氏による直接指導 テーマに「映画においてもっとも重要な脚本とは何か。」ほか

2022/03/14(月) 10:00 ~ 2022/03/15(火) 17:00

東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2F 映像産業振興機構内ルームR (東劇ビル2F, 4-1-1, 中央区築地, 東京都, 1040045, Japan)

[主催] 特定非営利活動法人映像産業振興機構

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 受講料

      受付期間が終了しました

    • ¥20,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

VIPO(ヴィーポ)は、3/14(月)・15(火)の2日間にわたり「映画脚本読み込み講座」を開催いたします。本講座は好評につき第5回目を迎えました。感染症予防対策を徹底した上で、対面(リアル)で実施する講座です。
映画における脚本というものがいかに大事なものか。 俳優として脚本をいかに読み込むか。 映像制作者として脚本というものを理解しているか。 本講座では、脚本家志望以外の方々にとっても有益な映画の土台、根幹を学べます。
リアル開催のため、少人数で実施いたします(先着順)。ご興味のある方はお早めにお申込みください。

テーマ
・映画においてもっとも重要な脚本とは何か。
・土台であり設計図である脚本をいかに読み込むか。
・俳優として脚本を読むときの台詞以外の行間、ト書きをいかに読み、登場人物に反映させるか。
・脚本家志望の方はもとより、映画スタッフ(企画・プロデューサー、助監督、技術者)としても脚本を読めることが、映像作品を具現化する上でいかに重要か。

主なカリキュラム
・脚本の発想と構成  
・人物の設定と描写
・台詞とト書き 
・映画『雪に願うこと』の解説 
開催概要
日 時 2022年3月14日(月)・15日(火) 10:00~17:00 (両日とも受付は9:30、適宜休憩あり)
会 場 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)ホール 中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
受講料 20,000円(税込)
対象者 脚本家、俳優、映画スタッフ、映画業界志望の方
定 員 16名(事前申込制・先着順)
申込締切 3月10日(木)17:00
講師:脚本家・加藤正人氏(日本シナリオ作家協会理事)
主な作品:『雪に願うこと』(2006、第18回[2005年]東京国際映画祭 東京サクラグランプリ)、『クライマーズ・ハイ』(2008、第32回日本アカデミー賞優秀脚本賞)、『孤高のメス』(2010、第34回日本アカデミー賞優秀脚本賞)、『天地明察』(2012)、 『だいじょうぶ3組』(2013)、『ふしぎな岬の物語』(2014、第38回日本アカデミー賞優秀脚本賞)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016)、「火花」(2016 Netflix、第54回ギャラクシー賞テレビ部門フロンティア賞)、『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)、『凪待ち』(2019)

今後開催予定のイベント

開催日時

開始日時:2022/03/14(月) 10:00

終了日時:2022/03/15(火) 17:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2F 映像産業振興機構内ルームR

東京都 中央区築地 4-1-1 東劇ビル2F

0335437531

主催者情報

特定非営利活動法人映像産業振興機構

日本のコンテンツ産業を国際競争力あるものとし、さらには日本経済の活性化に寄与することを目的に、2004年に設立された組織です。
「人材育成」「市場開拓」を柱に、業界のジャンルを超えたネットワーキングや人材育成、国内外の市場開拓・整備等を行っています。