このイベントをシェア

  • メールで送る

Japan Container Days v18.04 Training II

2018/05/07(月) 10:00 ~ 17:30

インプレス (東京都 千代田区神田神保町 1-105 神保町三井ビルディング 23F)

[主催] JapanContainerDays Team(株式会社インプレス)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • Training Pass
    • ¥54,000

請求書発行によるお申込みが可能です

チケットの購入時、お支払い方法で「請求書発行希望」を選択して、必要事項を入力してください。

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2018/03/28(水) 17:25 更新
ご請求書を確実にお届けするため、請求書郵送先には部署名、ご担当者名まで含めてご入力ください。また、トレーニング前日までにお振り込みをお願いします。お手数ですがご協力よろしくお願い致します。

イベント概要

好評にお答えしてトレーニング第二弾の実施が決まりました!
カンファレンスの翌日には、1日でDocker/Kubernetesを基礎から学べる少数限定トレーニングを実施します。

日程:

2018/5/7(月) 10:00〜17:30(受付9:30〜、終了後に懇親会あり)

09:30〜10:00:【受付】

10:00〜10:20(20min):【概要編】コンテナーを取り巻く市場動向
10:20〜12:00(60min):【環境構築】
12:00〜13:00(60min):【昼休憩】セットアップ補助(お弁当をご用意します)
13:00〜15:00(110min+10min):【基礎編】Docker基礎
15:00〜16:30(80min+10min):【基礎編】Kubernetes(オーケストレーション)
16:30〜17:30(60min):【実践編】Microsoft Azure AKS

18:00〜19:30:【懇親会】会場でビアバッシュ(費用は受講料に含まれています)

カリキュラム:

Docker基礎

1.Docker

<座学編>
・サーバ仮想化について
・Dockerの基礎技術~Linuxコンテナー~
・Dockerとは?
・Dockerの基礎技術~Dockerイメージ~

<ハンズオン編>
・Dockerハンズオン~WordPressの環境作成~
・参考図書・資料
・仮想マシンの作成
・Dockerのインストール
・Docker Hubからコンテナーイメージのpull
・コンテナーの起動
・起動したコンテナーの確認
・コンテナーとホストLinuxとの切替
・コンテナーの起動と停止
・DockerfileからWordPress環境作成
・コンテナーのcommit
・コンテナーイメージをDocker Hubにpush
・コンテナーのライフサイクル

2.Docker Compose

<座学編>
・複数コンテナー

<ハンズオン編>
・Docker Compose
・docker-compose.ymlの内容
・.envファイルの内容
・主なコマンド
・コンテナーオーケストレーション

Kubernetes(オーケストレーション)

1.kubernetes

・kubernetesについて
 Worklad~Podについて~
 Network~Serviceについて~
 Storage~Volumeについて~
 Storage~PersistentVolume(PV)とPersistentVolumeClaim(PVC)について~
 Storage~StorageClass~
 Storage~ConfigMapについて~
 Storage~Secretについて~
 オブジェクト識別~LabelとLabel Selectorについて~
 オブジェクト識別~Namespaceについて~
・ハンズオン環境について
・RKE(Rancher Kubernetes Engine)について
・仮想マシン作成とRKEインストール準備
・RKEのインストール
・RKEでkubernetesクラスターの構築
・kubectlについて
・kubectlのインストール
・Helmについて
・Helmのインストール
・Prometheusについて
・Prometheusのインストール
・PrometheusとGrafana連携
・weavescopeについて
・weavescopeのデプロイ
・Guestbookアプリケーションについて
・Guestbookアプリケーションのデプロイ
・Ingressについて
・Ingressの設定追加
・kubernetes dashboardについて
・kubernetes dashboardのデプロイ

2.Microsft Azure AKS

<座学編>
・AKSについて

<ハンズオン編>
・AKSでkubernetesクラスターの構築

※上記カリキュラムを基本としていますが、状況によって一部変更等生じる可能性がございます。 予めご了承ください。
※最少催行人数に満たない場合は開催を見送らせていただく可能性がございます(クレジット決済の場合は全額を払い戻します)

事前準備:

・ハンズオンで使用する端末はご用意ください。(Win, Mac可)
・TeraTermやTerminalの使用が必須ですので準備をお願いします。
・Microsoft Azureを利用しますので、以下よりアカウント登録(クレジットカード登録含む)を完了して、Azure Portalにログインできる状態まで準備をお願いします。
 https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/
 https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/students/(学生向けクレジットカード不要)

対象者:

・Linuxの基本的なコマンド操作ができる方
・Public CloudにおけるIaaS作成ができる方
・上記事前準備ができる方

講師紹介:


フォーシーズンズ株式会社 取締役
CTO, Educational Solution Architect
市川 豊 氏

終了したイベント

開催日時

開始日時:2018/05/07(月) 10:00

終了日時:2018/05/07(月) 17:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

インプレス

東京都 千代田区神田神保町 1-105 神保町三井ビルディング 23F

主催者情報

JapanContainerDays Team(株式会社インプレス)