このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

ICF2019 都市戦略セッション プレセミナー「英国に学ぶ、大都市と地方の共存共栄」

2019/09/04(水) 14:00 ~ 16:00

六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム (六本木ヒルズ森タワー49F, 6-10-1, 港区六本木, 東京都, 106-6149, Japan)

[主催] 一般財団法人森記念財団 都市戦略研究所

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加費

      受付期間が終了しました

    • ¥3,000
    • -

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

少子高齢化問題が年々深刻化する中、東京そして日本はどのような未来を築いていくべきなのか?持続可能な社会のあり方を模索するうえで、地方創生や、東京と地方都市の共存共栄に注目が高まっている。英国においても、経済的・文化的発展を目指し、ロンドンとその周辺都市、そしてマンチェスターやリヴァプール、バーミンガムなど地方中核都市との関係が議論され、地域ごとの広域連携もすすめられている。本セミナーでは、英国と日本からそれぞれ有識者を迎え、ロンドンと地方都市の現状について学ぶほか、日本の「地域づくり」にも触れながら、大都市と地方都市が担うべき役割と築くべき関係について考える。
 
■登壇者
特別講演者
リチャード ブラウン (Richard Brown)氏
グレーター・ロンドン・オーソリティ(GLA, 大ロンドン市)にてリヴィングストン元市長のもと、渉外担当責任者や建築・都市部 部長を歴任後、ロンドンオリンピック・レガシー開発公社(LLDC)でオリンピックパーク建設と近隣エリアの再生に携わる。2014年よりロンドンを拠点とするシンクタンクCentre for Londonのリサーチディレクターとして、同市が抱える課題の調査研究を牽引。オクスフォード大学、ロンドン大学出身。近著は、建築家リチャード ロジャースとの共著『A Place for All People(2017年、Canongate)
 
インタビュアー
工藤 尚悟 (くどう しょうご)氏
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 助教
国際教養大学アジア地域研究機構連携研究員、一般社団法人アキタエイジラボ・研究ユニット・リーダー、アフリカの持続可能な開発のための教育プログラム共同コーディネーター・国連大学客員研究員。専門は農山村地域における地域づくり。博士(サステイナビリティ学)。2016年より現職。持続可能な社会の発展に貢献することを目的とする学際研究であるサステイナビリティ学分野で博士号を有する数少ない研究者。研究・教育・実践を同時展開しながら社会デザインを喚起していく手法に取り組んでいる。

■タイムテーブル
※英語での講演、日英交えた対談・質疑応答(同時通訳あり)
13:30開場・受付開始
 
時間       内容
13:30     開場・受付開始
14:00     主催者挨拶
14:10     Richard Brown氏講演
15:00     ライブインタビュー(工藤氏講演&登壇者による対談)
15:30     質疑応答
16:00     閉会
 
ICF 2019 Urban Strategy Session Preliminary Seminars
“London & UK: Strengthening ties between capital and regional cities”
Date & Time: September 4th (Wed.), 2019 14.00-16.00
Venue: Roppongi Academyhills, Auditorium
Admission: JPY 3,000 (including tax)
 
Facing the problems of a declining birthrate and an aging population, what kind of future should Tokyo as well as Japan shape? In pursuit of a bright future, there has been greater attention to regional revitalization and ties between the capital and regional cities. Likewise in the U.K., increasing attention has been drawn to the relationship between London and peripheral cities, as well as regional core cities such as Manchester, Liverpool and Birmingham. Hosting Mr Richard Brown, the research director of Centre for London and the former manager of the Architecture and Urbanism Unit at the Greater London Authority (GLA), and Mr Shogo Kudo, Assistant Professor at the Graduate Program in Sustainability Science-Global Leadership Initiative, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, this seminar will explore the current status of London and regional cities in the U.K. and consider the roles and the relationship to be built by the capital and regional cities in Japan.
 
Speakers
Special Speaker
Richard Brown  
Richard Brown is Research Director at Centre for London, the independent think tank for London, working for a fair and prosperous global city. Previously, Richard worked for London’s mayoral government, most recently as Strategy Director at London Legacy Development Corporation, the agency established to manage legacy conversion of London’s Olympic and Paralympic venues. He also led the Mayor’s bid team, and helped set up the Olympic Delivery Authority, which built the Olympic Park and venues. Before that, Richard worked in the Mayor’s private office, and for Lord Rogers, the Mayor’s advisor on architecture and urbanism. More recently he collaborated with Rogers in writing A Place for All People (London, Canongate, 2017). He has degrees from the universities of London and Oxford.
 
Interviewer
Shogo Kudo
Shogo Kudo is Assistant Professor at the Graduate Program in Sustainability Science-Global Leadership Initiative, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo. He holds a Ph.D. in Sustainability Science from The University of Tokyo and specializes in chiiki-zukuri (rural community development). He has been studying economic, environmental, and social impacts of aging and declining population through fieldwork in Akita since 2008. He has recently established AkitaAgeLab (AAL), a general incorporated organization that aims to create social designs for aging and shrinking society especially by developing new educational contents for high school and university students in Akita. AAL also serves as a research platform on chiiki-zukuri and rural community development in general. He is also active in promoting Sustainability Science in higher education through teaching several sustainability-focused courses in both post-graduate and undergraduate levels.
 
Time table
*Language: English and Japanese (simultaneous translation)
**The venue and reception desk will open from 13:30

Time      Content
13:30     Venue opens
14:00     Opening address
14:10     Special talk by Mr Richard Brown
15:00     Live interview (Mr Kudo’s talk & interview session)
15:30     Q&A
16:00     Closing

開催日時

開始日時:2019/09/04(水) 14:00

終了日時:2019/09/04(水) 16:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム

東京都 港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49F

主催者情報

一般財団法人森記念財団 都市戦略研究所