このイベントをシェア

日経xルクセンブルク イノベーションミートアップ 「欧州テックイベント参加の先にある世界」 ピッチコンテスト優勝のEAGLYS、EmpathやLINE他多数登壇

2019/07/29(月) 18:30 ~ 21:00

駐日ルクセンブルク大使館 (ルクセンブルクハウス, 四番町8−9, 千代田区, 東京都, 日本)

[主催] 日本経済新聞社(日経渋谷センター)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • スタートアップ関係者向けチケット(消費税込み、軽食・交流会付き)

      スタートアップ企業の経営者および勤務している方向けのチケットです。

    • ¥2,000
    • 一般向けチケット(消費税込み、軽食・交流会付き)
    • ¥2,000
    • 売切

このイベントのお申し込みには日経IDが必要です。

日経IDをお持ちでない方は、「日経IDで申し込む」をクリック後日経IDの取得手続きが可能です。(無料)

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

イベント概要

 ルクセンブルクを代表するグローバルテックイベント『ICT SPRING EUROPE 2019』(www.ictspring.com)は、昨年のEmpathのピッチコンテスト優勝で日本でも注目を集めました。今年5月、日本のスタートアップ6社が出展し、うち4社はピッチコンテスト(http://www.pitchyourstartup.eu/)にファイナリストとして出場しました。EAGLYSはサイバーセキュリティ部門優勝、ウミトロン、ジョージ・アンド・ショーン、Yspaceもそれぞれ特別賞を受賞。メインカンファレンスでは、LINE砂金氏、Empath山崎氏、Spectee Fok氏がキーノートやパネルディスカッションに登壇するなど、日本企業が存在感を示し、今後の欧州展開に弾みをつけました。
 本イベントは、今年参加したキーパーソンたちをゲストに迎え、それぞれの成果報告や参加意義を共有いただき、「欧州テックイベントの先」を考えるためのトークイベントです。欧州展開を志すスタートアップやICT企業関係者、アクセラレーターやVCの方々に参加していただきたいイベントです。ルクセンブルクワインと軽食をご用意したネットワーキングも予定しています。ぜひご参加ください。
<プログラム>
18:00  開場
18:30  開演・ご挨拶
18:40  ICT SPRINGについて
18:45  ゲストによる自己紹介&成果報告
19:10  パネルディスカッション
19:50  今後のイベント・プログラム紹介
20:00  ネットワーキング
21:00  終了
*プログラムは予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
*会場スペースの都合上、一部お立見いただく可能性もあることをあらかじめご了承ください。


<登壇者>
*******ICT SPRING キーノート 参加*******
砂金信一郎(いさご・しんいちろう)氏
LINE株式会社
AIカンパニー LINE BRAIN室 室長
Developer Relations Team マネージャー
プラットフォームエバンジェリスト

LINEのスマートポータル戦略実現に向けて、ライフスタイル変革をもたらすAIやchat botなどの技術を広く当たり前のものとして普及させることで、企業や社会と個々人の距離を縮めるビジネスプラットフォーム全般の啓蒙活動をしてくた後、LINEのAI技術を広く外部にライセンス提供してゆく新事業LINE BRAINの責任者を担当。
東工大卒業後日本オラクル在籍時にERP導入プロジェクト多数と新規事業開発を、ローランド・ベルガーで戦略コンサルタントを、マザーズに上場したリアルコムで製品マーケティング責任者をそれぞれ経験。その後クラウド黎明期からマイクロソフトのエバンジェリストとしてMicrosoft Azureの技術啓蒙やスタートアップ支援を積極的に推進した後、現職。2019年度より政府CIO補佐官を兼任 @shin135

山崎はずむ(やまざき・はずむ) 氏
株式会社Empath, Co-founder and CSO(海外展開担当)


音声感情解析AIを開発するEmpathの海外展開担当。ヨーロッパ最大規模のピッチ・コンテスト、Pitch Your Startup 2018でアジア企業としてはじめて優勝するなど、これまで5度国際的なピッチ・コンテストで優勝しており、Slush Tokyo 2019ではピッチ・コーチを務めた。またICT Spring 2019(ルクセンブルク)、InnoVex 2019(台北)など国際的なテック・カンファレンスのキー・ノートにも登壇している。現在はアメリカ、ヨーロッパでのビジネス展開を主に担当している。

根来諭(ねごろ・さとし)氏
Spectee 取締役COO 兼 海外事業責任者



1976年 東京都生まれ 慶應義塾大学 法学部 法律学科卒
1998年 ソニー株式会社入社。法務・知的財産部門、エンタテインメント・ロボットビジネスでの経営管理を経て、Sony France (パリ)、Sony Electronics Asia Pacific (シンガポール)、Sony Middle East and Africa(ドバイ)にてセールス&マーケティングを担当。中近東アフリカ75カ国におけるレコーディングメディア&エナジービジネスの事業責任者を最後に、2018年 Specteeに参画。

*******ICT SPRING 出展*******
今林広樹(いまばやし・ひろき)氏
EAGLYS株式会社代表取締役社長

早稲田大学理工学術院卒。米国でデータサイエンティストとして従事。データセキュリティが今後の社会的課題になると直感。帰国後、秘密計算に関する論文執筆や国際発表を行い、博士課程に飛び級進学。2016年、EAGLYS株式会社を創業。2019年、「TechSirius2019」、「未来2019」にて最優秀賞、「ICT SPRING EUROPE2019」サイバーセキュリティセクションで優勝を果たす。

川崎吾一(かわさき・ごいち)氏
合同会社Yspace Co-founder/Co-CEO 共同代表

XR技術を用いて宇宙開発を促進する合同会社Yspaceの共同代表(Co-founder/Co-CEO)として経営を行う。東京理科大学入学後、月面探査プロジェクト「HAKUTO」に出会い、月面探査ローバー開発に参加。大学時はJAXAにて火星探査飛行機の空力設計・最適化設計の研究を行う。その後、VRを用いた火星都市のデザインコンペにて最優秀賞を受賞したことをきっかけに、XRを用いた宇宙開発に強く可能性を感じ、合同会社Yspaceを起業し現在に至る。

井上憲(いのうえ・けん)氏
ジョージ・アンド・ショーン合同会社 共同創業者・代表

George & Shaun,LLC 代表 / 日本オラクル株式会社 シニアマネジャー 1980年生まれ。社会起業家。 2006年に日本オラクルに新卒入社後、現在までIoT/クラウド製品の事業開発を歴任。一方で自身の家族の迷子をきっかけに2016年3月に東京工業大学院時代の学友と、ジョージ・アンド・ショーン合同会社を創業、見守りサービス『biblle(ビブル)』の展開をはじめる。 直近ではテレビ東京系列 ワールド・ビジネス・サテライト 『イノベンチャーズ列伝』、日経産業新聞1面などで、兼業事業者としてメディア露出中。

多田洋史(ただ・ひろし)氏
ウミトロン株式会社ゼネラルマネージャー

九州大学大学院卒。伊藤忠商事株式会社にて海外の大手航空宇宙・防衛企業との代理店業務におけるプロジェクトマネジャーを務めたのち、ウミトロン株式会社に参画。ゼネラルマネジャーとして、国内および海外のビジネスディベロップメント及びセールス・マーケティング業務を担当。大分県と水産養殖におけるAI・IoT技術実証を実施した「平成30年度おおいたIoTプロジェクト推進事業」や、ペルーで米州開発銀行グループと取り組みを開始している総額2.3億円のサーモントラウト向けIoTプロジェクトなどを牽引。

石川知寛(いしかわ・ともひろ)氏
株式会社Spiral代表取締役

大学在学中の2007年に飛行ロボットベンチャー創業に参画し、VTOL(現在のDrone)や小型宇宙機の研究開発などに従事。眼科医療機器メーカーでの開発、生産技術、その後ロボットベンチャーでのセールスエンジニアを経て、2016年10月に屋内に特化した自律飛行ドローンソリューションを開発する株式会社Spiralを共同創業し代表取締役に就任。設立2年目には23カ国を訪問し、展示会出展や営業活動を行い、現在は、「屋内型」ドローンの普及に向け、シンガポール、ドバイ、欧州などで奮闘中。

(順不同)

上記プログラム、登壇者は予定です。予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

今後開催予定のイベント

全てのイベントを見る

開催日時

開始日時:2019/07/29(月) 18:30

終了日時:2019/07/29(月) 21:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

駐日ルクセンブルク大使館

東京都 千代田区 四番町8−9 ルクセンブルクハウス

主催者情報

日本経済新聞社(日経渋谷センター)

日経渋谷センターは、日本経済新聞社がスタートアップ企業を取材する拠点です。大企業のオープンイノベーションや、大学・研究機関の技術シーズの事業化も取り上げます。取材・報道するだけでなく、ミートアップイベントなども主催して、スタートアップの事業活動やオープンイノベーションのムーブメントを支援します。