このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

ルノー、富士通のキーマンが登壇!フランス流のオープンイノベーションを知る~VIVATECH2021の活かし方~フレンチテック最新動向第2回【日経イノベーション・ミートアップ】

2020/12/17(木) 19:00 ~ 20:30

オンライン(会場はありません)

[主催] 日本経済新聞社(日経渋谷センター)

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 一般

      受付期間が終了しました

    • ¥1,000
    • -
    • 日経読者向けチケット(日本経済新聞電子版有料購読者)

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 日経読者向けチケット(日本経済新聞有料購読者、日経ID決済のみ)

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -
    • 学生

      受付期間が終了しました

    • 無料
    • -

このイベントのお申し込みには日経IDが必要です。

日経IDをお持ちでない方は、「日経IDで申し込む」をクリック後日経IDの取得手続きが可能です。(無料)

このイベントでは、領収書データをご利用いただけます

チケットの購入後、「マイチケット」ページ に “領収書データ表示” という ボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください 。

新着情報

    • 2020/12/17(木) 19:14 更新
本日の視聴用URLです。
https://us02web.zoom.us/j/88486524871?pwd=dHNqdUFLN3dqS2lOUE14MmovbnBIdz09
パスコード:112321
    • 2020/12/17(木) 12:20 更新

ご参加いただくみなさまへ
本日の視聴用URLをイベントレジストに記載いたしました。イベントレジストの「マイチケット」からご確認ください。
「マイチケット」へはこちらのURLよりアクセスいただけます。
https://eventregist.com/ticket/list

ご参加をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

イベント概要

日経イノベーション・ミートアップのフレンチテック最新動向シリーズの2回目は、日本からの参加者も増え、注目が高まりつつあるオープンイノベーションイベント「VIVA Technology」(VIVATECH)がメインテーマです。VIVATECHは、今年は開催が見送られましたが、来年はオンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッド開催が予定されています。
今回の「フレンチテック最新動向第2回」では、VIVATECH開始時からの主催者、創設メンバーであるVincent Viollain氏がオンライン登壇し、来年の開催について最新の状況を説明していただきます。クロスボーダーの共創を支援するスタートアップ、シンノラの日本代表、川端康夫氏がフレンチテック観点でオープンイノベーションを解説します。また、フレンチテックでは、スタートアップばかりが注目されがちですが、相方となる大企業がどのようにオープンイノベーションに取り組んでいるかも重要です。フレンチテックのお膝元、フランス企業のオープンイノベーションの流儀について解説します。
後半では、日本貿易振興機構(ジェトロ、JETRO)パリ所長の武田家明氏、シンノラ代表の今井公子氏らがパリから登壇し、フレンチテックとのオープンイノベーションを進めていく上でのポイントについて、パネルディスカッションを行います。
フレンチテックにご関心のある方、VIVATECHへの参加をお考えの方、スタートアップとのオープンイノベーションに関わっていらっしゃる方に、ご参加をおすすめします。

■開催場所
オンライン
※Zoomウェビナーで配信します。お申込みいただいた方には、開演1時間前までに、視聴用URLをお伝えします。

■開催スケジュール(予定)
12月17日(木)19:00-20:30
19:00-19:10 フレンチテック・VIVATECHとオープンイノベーションについて
川端康夫氏 シンノラ日本代表
19:10-19:30 VIVATECH2021はどう生まれ変わるか
Vincent Viollain氏 VIVATECH創設メンバー、パートナーエコシステム担当
19:30-19:45 フランス企業が取り組むオープンイノベーション
Matthieu de Chanville氏 ルノー日産三菱アライアンスベンチャーズ、マネージング・ディレクター
19:45-20:15 パネルディスカッション~なぜフレンチテック・VIVATECHなのか、どう活かすか
安西潔氏 富士通株式会社 Strategic Growth & Investment
ベンチャー投資担当 FUJITSU ACCELERATOR Co-Founder
武田家明氏 JETROパリ所長
今井公子氏 シンノラ代表取締役(モデレーター)
20:15-20:30 質疑応答

司会、通訳:林薫子氏 ナラフランス代表
※英語部分は適宜日本語で要点を通訳します。
※スケジュールや登壇者は予告なしに変更になる場合もあります。ご了承ください。

■登壇者プロフィール
Vincent Viollain
VIVATECH創設メンバー、パートナーエコシステム担当


VIVATECHの創始者の一人であり、パートナーシップとスタートアップの責任者。VIVATECHを、開始からわずか4年で124,000人の参加者を迎えるグローバルイベントに成長させた。
HEC Paris(フランストップレベルのビジネススクール)と パリ政治学院で、MBA(経営学修士)と経済学(修士)の両方を修め、コンサルタントおよび起業家として、ビジネス戦略、デジタルトランスフォーメーション、起業、オープンイノベーションの分野で12年以上の経験を有する。また、フランス国内外のさまざまな教育機関で講師を務めている。


Matthieu de Chanville
ルノー日産三菱アライアンスベンチャーズ、マネージング・ディレクター

ルノー日産三菱アライアンスにて、革新的な自動車技術と新しいモビリティサービスを開発する野心的なスタートアップへのグローバルな投資を目的としたコーポレート・ベンチャー・ファンドを、構想から立ち上げ、運用までリードしてきた。同ファンドの出資とイノベーションパートナーコミュニティの開拓も手掛ける。
アライアンスベンチャーズに参画する前には、モビリティ業界での新規事業開発を歴任したほか、ボストンコンサルティングやカーニーといったトップクラスの戦略コンサルティング会社で約20年、企業クライアントの企業戦略や組織変革、業績改善に従事。
複雑で変化の早い現代のテクノロジーが、企業のバリューチェーンに与える影響について深い関心と洞察をもち、10年以上にわたりHEC Parisで企業戦略の助教授として修士論文の指導に当たるなど、後進の育成にあたっている。

安西潔氏
富士通株式会社 Strategic Growth & Investment
ベンチャー投資担当
FUJITSU ACCELERATOR Co-Founder

横浜市生まれ。
北陸先端科学技術大学院卒、アデレード大学大学院卒、京都大学ELP在学中。
2000年ソフトバンクグループ入社。ソフトバンク・テクノロジー(株)に配属。Yahoo!BB立ち上げ(孫社長PJ)やオンラインストアの運営統括責任者等を行う。
豪州大学院留学後、富士通(株)入社。事業部門にてビッグデータビジネス立ち上げに関与。
その後、Onlab、Learning Entrepreneur's Lab (日本)やRunway(米国)とコラボした、社内新規事業支援プログラムを立ち上げ。また、同時に社外スタートアップとコラボする、現FUJITSU ACCELERATORを立ち上げる。現在は第9期を実施中。ボトムアップで活動スタートし、第8期より社長も参画。
2019年Web Summitへの日本の大企業初出展を主導。合わせて欧州版アクセラレータを立ち上げる。2020年7月より、社長直下のM&A戦略室(現SGI)に異動し、活動を継続。10月からは、CVCとしてベンチャー投資専門で活動中。

武田家明氏
ジェトロ(独立行政法人 日本貿易振興機構)パリ事務所長

奈良市生まれ。1994年東京大学法学部卒業、通商産業省(現 経済産業省)に入省。主として通商政策畑を歩み、その間、パリ第1(パンテオン・ソルボンヌ)大学大学院にて国際経済法修士(DEA)を取得、パリ政治学院にて研究国際プログラム(PIER)に参加。在フランス日本国大使館に商務担当書記官、また参事官として二度にわたって勤務したほか、防衛省出向(日米安全保障防衛協力企画官)を経験。万博の国際機関BIE(博覧会国際事務局)の日本政府代表を歴代最長の8年間務め、2025年万博誘致選挙の日本勝利に貢献。

今井公子 シンノラ代表取締役

2000年に早稲田大学国際経営学修士卒業(MBA)。 東京にて日系、外資系企業に勤務し、2010年に渡仏。 現在、パリ在住。二児の母。 過去18年間に渡り、東京とパリにて、ノキアやダッソーシステムズといった国際企業にて、デジタルトランスフォーメーションの最前線に立ち、イノベーションによる変革をリードしてきた。ダッソーシステムズではアジア出身の女性として、初めてのワールドワイドの間接販売チャネルのトップ、及び戦略企画のVICE PRESIDENTまで務めた。 四十歳を過ぎてスタートアップの世界に身を投げ出す決意をして、今までの経験を活かし日本企業の国際競争力を上げるためのクロスボーダーなオープンイノベーションを支援するシンノラ(SINEORA)を立ち上げた。日本発だから世界に勝てる、今成功しているからこれからも成功し続けるとは限らなくなった現在、最初から世界で成功する会社を目指し、いつまでも差別化や、強みを生み出せる仕組みを持つ組織づくりを支援する。

川端 康夫氏
シンノラ 日本代表

北海道札幌市生まれ。東京大学理学部卒業後、電通に入社。広告全般の業務を経験した後、2000年頃から一貫して携帯電話業界に関わり、国内外の業界・技術動向を踏まえたマーケティング業務に従事。2011年よりKDDIにて、CVCや∞Laboなどスタートアップ関連の取組みに参画。2017年に独立し、通信とスタートアップを軸足においた、大企業・スタートアップ双方の事業開発(BizDev)を手がける。2019年にシンノラ日本代表に就任。日経COMEMOのKOL(レギュラー寄稿者)。


林薫子氏 株式会社NARAFRANCE代表

明治大学大学院で経営学修士を取得後、フランス、ニースに留学。フランスのMBAにあたるDESSマーケティング、DEA経営学を取得後、現地での企業研修を経て帰国。2003年より在日フランス大使館経済部(当時)に就職し、バイオテクノロジー、IT、スタートアップ関連企業の日本進出をサポート。2020年6月末に退職し、奈良県生駒市に日仏通訳、翻訳、ビジネスサポートの株式会社NARAFRANCEを起業。現在、関西での日仏ネットワークを絶賛構築中。

上田敬 日本経済新聞社 編集局編集企画センター担当部長


開催日時

開始日時:2020/12/17(木) 19:00

終了日時:2020/12/17(木) 20:30

Googleカレンダーに登録

開催場所

オンライン(会場はありません)

主催者情報

日本経済新聞社(日経渋谷センター)

日経渋谷センターは、日本経済新聞社がスタートアップ企業を取材する拠点です。大企業のオープンイノベーションや、大学・研究機関の技術シーズの事業化も取り上げます。取材・報道するだけでなく、ミートアップイベントなども主催して、スタートアップの事業活動やオープンイノベーションのムーブメントを支援します。